労働条件通知書について

会社(雇用主)と従業員との間で、労働条件を明確に記録として残しておくための文書です。労働基準法第15条が根拠となっており、その中には違反すると刑事罰となる内容も含まれています。正社員だけでなく、パートやアルバイトを雇用する場合にも、労働条件通知書の交付は義務付けられています。

就業規則の無い会社が従業員と揉めたら?

就業規則は会社のルールブックです。会社には一般常識的な取り決めもあれば、独自の慣習もあります。それらを具体的に文書にして、経営者も従業員も読めるようにした… [続きを読む]

最終更新日: 2016/10/20

パート・アルバイトにも労働条件通知書が必要な3つの理由

  労働条件通知書って何? 労働条件通知書は、その名のとおり「どのような条件で労働するかについて、会社が労働者に通知する書面」です。 書面で通知… [続きを読む]

最終更新日: 2016/10/20

雇用契約書と労働条件通知書の違い、使い方、雛形

雇用を行うタイミングで、事業主は労働条件を書面により通知しなければなりません。これは労働基準法で定められていることなので、確実に行いましょう。通知は多くの… [続きを読む]

最終更新日: 2017/01/18