<社労士の横顔シリーズ> 久嶋 卓 氏(社会保険労務士法人MRパートナーズ・むさしの労政)

執筆: 『人事労務の基礎知識』編集部

久嶋卓氏

全国の社会保険労務士の先生方に、バックグラウンドやお仕事の考え方についてお話を聞く「社労士の横顔シリーズ」。今回は、東京都武蔵野市にある「社会保険労務士法人MRパートナーズ・むさしの労政」の、久嶋 卓(くしま すぐる)氏にお話を伺います。

 

「職場」に関わる仕事を極めるために、社労士となる

ー 社労士になるまでの経歴を教えてください

大学を卒業後、派遣会社に営業職で入社しました。派遣会社を志望した理由は、様々な「職場」に興味があったためです。大学時代に「人事管理論」という講義を受けた際、「働く上でこんなに色々な法律が関わってくるのか」「知らないことばかりだ」と感銘を受け「職場」に関わる仕事がしたいと考えたんです。

働き始めたら、「職場」には、さまざまな悩みや困り事があることを知りました。立場上、派遣スタッフの悩みや困り事を聞くことが多かったので、セクハラやパワハラ、有給や育休を使用できない環境、理不尽なルールについて私に訴えてこられました。

当然、新卒の私に即答できる内容ではないので、先輩に相談したり、インターネットで調べたりして何とか相談に応えていました。

そんな中、インターネット上で「社労士」という職業を知り、興味を持ちました。派遣会社の営業では及ばない「職場」への関わり方を、社労士になって実現したいと思いました。職場の環境改善をしたい人たちの、助けになりたいと思いました。

いざ「社労士になる」と決意し、資格勉強を経て今の職場に至ります。

最近多いのは、労働時間管理に関するご相談です

ー どのようなお客様が多いですか?

特段、事務所として業界業種に偏りはありません。事務所自体が20年以上の歴史があるので、これまで関わる業界業種対して、より良い職場作りのサポートをさせていただいておりますので、偏りはないです。

常にご依頼をいただく業務内容としては、労務顧問契約をいただくことが多いですね。やはり、「人」に関してお悩みの方は多いですし、明確な答えのない部分が多いので、相談先として選んでいただきます。

最近特に多いご相談は、労働時間管理に関するものです。社会的に労働時間に対する考え方の潮目が変わってきているため、ここは専門家としての力の見せ所だと考えています。

採用・会計・人材教育・売上拡大等クライアントのあらゆるニーズに対応いたします

ー 最後に、読者の方にメッセージをください

中小企業の経営者や、管理部門で働く現場の方は、経営的な理屈と、従業員側の理屈の板挟みで悩んでいたり、誰にも相談できない情報を自分一人で処理しなければならない場合もあるかと思います。

私たちMRパートナーズは、そういった相談しにくいことの受け口となり、企業に寄り添った親しみやすい社労士として、実際にお役に立ち、喜んでいただける存在でありたいと考えています。

また私たちの事務所は従業員が14名(2017年3月現在)います。社労士事務所としては大所帯で、お客様にご対応するチームも2つあります。各種コンサルや労務相談を受ける「コンサルティングチーム」と、手続きや給与計算等に特化した「アウトソースチーム」です。私たち自身が組織として活動しているからこそ、お客様の組織についてしっかりご対応できる強みもあります。

どうぞお気軽にご相談ください。

「社会保険労務士法人MRパートナーズ」について

顧問契約をした場合に受けられるサービス

顧問契約では、月額一定料金を頂戴し、下記のサービスをご提供しています。

  • 社員の入社/退職時の雇用保険、社会保険(健康保険・厚生年金)の資格取得/喪失の手続き
  • 社員の扶養家族が増加/減少した時(結婚・出産・離婚・死亡など)に生じる健康保険証の変更手続き
  • 社員の住所や姓名に変更があった時(結婚など)の雇用保険・社会保険などの変更手続き
  • 社員の健康保険関連の給付(出産一時金・傷病手当金)手続き
  • 社員の業務上/通勤途中のケガ(いわゆる労働災害(労災))の発生時に生じる手続き
  • 社員の毎月の給与計算や勤怠管理業務(オプション契約で承ります)
  • 労働法、労働保険社会保険に関するご質問・ご相談、従業員に関する労務相談・アドバイスなど

顧問契約の料金

  • 初期費用:ご依頼内容により変動します
  • 従業員10人までの会社の顧問料:~6万円/月(※ご依頼内容により変動します)
  • それ以上の会社の顧問料の考え方:従業員の人数に応じてお見積させていただきます

顧問契約外のサービス内容・料金

ー 顧問業務以外で、依頼の多い仕事Best3を教えてください。

  1. 就業規則の作成・見直し・変更のコンサルティング:会社の実情と考え方に合わせた就業規則一式の作成を行います。作り込みの深さによりますが、3ヶ月間の規程作成・コンサルティングで30万円~となります。
  2. 変形労働時間制、フレックスタイム制等導入コンサルティング:会社に最適な労働時間制度をご提案し、それに伴う就業規則の改訂、マニュアル作成を行います。2ヶ月程度の規程改訂・マニュアル作成・コンサルティングで20万円~となります。さらに従業員説明会、導入後の運用チェックも行います。
  3. 助成金申請:会社の現状に合わせて、助成金の利用をご提案し、職場改善と助成金受給を同時並行で行っていきます。期間は、助成金により異なりますが、費用面では、顧問先様が助成金額の15%、顧問先様以外が助成金額の20%を目安に行っております。

問合せ先

社会保険労務士法人MRパートナーズ むさしの労政

事務所名:社会保険労務士法人MRパートナーズ

住所:〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-11-11 武蔵野ビル3階

業務対応可能エリア:全国

営業時間:平日 9:00~18:00

電話番号:0422-40-6064

メールmr-info@rousei.com

Webサイトhttp://rousei.com/

Profile

『人事労務の基礎知識』編集部
『人事労務の基礎知識』編集部
株式会社BEC内で、Gozal(ゴザル)の編集制作を担当する部門です。社会保険労務士/弁護士/税理士などの専門家執筆陣とともに、中小企業の労務・給与計算担当の方が実務上感じる不安を払拭できるよう、情報発信しています。「こんな記事を読みたい!」とTwitterやFacebookでメッセージいただければ、可能な限り執筆いたします。