労使双方向けに最新の労務ガイドブックが公開されました。

執筆: 『人事労務の基礎知識』編集部

労使双方に向けた、最新版のガイドブック

2017年度がスタートしました。昨年度から、首相の強力なリーダシップにより進められてきた「働き方改革」の流れで、今年度から変更される労働関係の法令や、社会保険関連の料率も多く存在します。

そのような背景の下、厚生労働省のWebサイトで、労使双方に向けた、最新版ガイドブックの公開がはじまりました。

  • 経営者(使用者)向け:「やさしい労務管理の手引き」
  • 従業員(労働者)向け:「知っておきたい働くときのルール」

そろぞれ簡単な言い回しで重要なポイントが網羅されており、且つ、ページ数も少ない(各31ページ/32ページ)資料です。新人経営者はもちろん、ベテラン経営者の方も、最新労務法制のアップデート資料として、ぜひ一読されることをおすすめします。

「やさしい労務管理の手引き」・・・経営者(使用者)向け

目次

はじめに

第1章労働法ついて

  1. 労働法と労働契約について
  2. 労働組合法について

第2章労働者を雇い入れるとき

  1. 労働契約を結ぶとき
  2. 就業規則
  3. 各種保険と年金制度

第3章労働条件に関するルール

  1. 賃金
  2. 労働時間と休憩・休日など
  3. 安全衛生及び健康管理

第4章労働関係が終了するとき

  1. 退職
  2. 解雇
  3. 契約期間の満了等による労働契約の終了

働くときのルールについて相談窓口など

 

【ポイント】

各章の中に「もう一歩進んで」というコラムがあり、実用的な観点で役立つ情報がまとめられています。主な内容として、「労働基準法が守られる仕組み」「労働基準法上の労働者とは」「労働委員会について」「労働契約の禁止事項」「最低賃金の種類」「休業手当」「減給の定めの制限」「給与明細書(所得税法第231条)」「変形労働時間制(労働基準法第 32 条の2〜第 32 条の5)」「健康診断の実施」「メンタルヘルス対策について 」「職場のハラスメント対策について」「過労死等防止対策について」「整理解雇」「退職勧奨について」などがあります。

→「やさしい労務管理の手引き(PDF)」ダウンロード

「知っておきたい働くときのルールについて」・・・従業員(労働者)向け

目次

はじめに

第1章労働法について

  1. 労働法とはなんだろう
  2. 労働法の役割とは
  3. 労働組合とは

第2章働き始める前に

  1. 1労働契約を結ぶとき
  2. 就業規則を知っていますか
  3. 安心して働くための各種保険と年金制度

第3章働くときのルール

  1. 1労働条件が違っていたら
  2. 賃金についてのきまり
  3. 労働時間と休憩・休日などについてのきまり

第4章仕事を辞めるとき、辞めさせられるとき

  1. 1仕事を辞めるには(退職)
  2. 仕事を辞めさせられるとは(解雇)
  3. 会社が倒産したら

第5章多様な働き方

  1. 1派遣労働者
  2. 契約社員(有期労働契約)
  3. パートタイム労働者
  4. 業務委託(請負)契約

働くときのルールについての相談窓口など

 

【ポイント】

管理部門向け「やさしい労務管理の手引き」と同じく「知っておきたい働くときのルールについて」にも各章の中に「もう一歩進んで」というコラムがあり、実用的な観点で役立つ情報がまとめられています。主な内容として、「労働契約の禁止事項」「採用内定」「業務命令」「就業規則のきまり」「不利益変更の注意点」「最低賃金の種類」「賃金についてのその他の決まり」「手待時間も労働時間」「時間単位年休」「職場のハラスメント対策について」「過労死等防止対策について」「整理解雇」「退職勧奨について」「有期労働契約について、3つのルールができました。」「労働基準法上の労働者とは」

→「知っておきたい働くときのルールについて(PDF)」ダウンロード

Profile

『人事労務の基礎知識』編集部
『人事労務の基礎知識』編集部
株式会社BEC内で、Gozal(ゴザル)の編集制作を担当する部門です。社会保険労務士/弁護士/税理士などの専門家執筆陣とともに、中小企業の労務・給与計算担当の方が実務上感じる不安を払拭できるよう、情報発信しています。「こんな記事を読みたい!」とTwitterやFacebookでメッセージいただければ、可能な限り執筆いたします。