通勤電車で吊革を握る手

GWが明けました。5月は祭日が多いため、営業日ベースで考えると2月と同じ「20日」だけしかありません。油断してると、すぐ月末になってしまうので気をつけないとですね。

さて、本日配信した『週刊バックオフィスの基礎知識 2017/5/9(火)号』から情報をピックアップしてお知らせします。

配信したメール全文はこちらでご覧いただけます。

今週の人事・労務の基礎知識

フレックスタイム制と裁量労働制の解説図

フレックスタイム制と裁量労働制の限界点(第1回/全3回)

有馬美帆さん(特定社会保険労務士)の連載企画。今回のテーマは、働き方の自由度を高めるために採用されやすい「フレックスタイム制」と「裁量労働制」です。[詳細]

 

所得税の計算方法

新人労務担当者が知っておくべき所得税の計算方法

所得税を考える上で、従業員の家族状況等の情報も大切です。その辺りの情報が給与計算にどう影響するのか、一つ一つ整理していきましょう。[詳細]

 

雇用保険料の仕組みと考え方

新人労務担当者が知っておくべき雇用保険料の仕組みと考え方

従業員が、次の仕事を見つけるまでの生活を支える制度「雇用保険」を解説します。[詳細]

 

 

今週の一冊『これだけは知っておきたい「労働基準法」の基本と常識【改訂版】』

これだけは知っておきたい「労働基準法」の基本と常識【改訂版】
発行: フォレスト出版
価格: 1,512円
発売日: 2017/4/21
著者: 吉田秀子

【出版社コメント】
残業、休日、解雇、就業規則など、人を雇うルールを実務的な切り口で解説。労働関連の諸法令も幅広くカバー。雇用管理に生かせる労務知識が満載。
https://www.amazon.co.jp/dp/4894517574/

各種メディア、省庁発表のニュース、お知らせ

こちらのコンテンツは、メール登録(無料)メンバー限定となります。
当ページ一番上の右側にある登録フォームから、ぜひご登録ください。

 

 

Profile

『バックオフィスの基礎知識』編集部

株式会社BEC内で、Gozal(ゴザル)の編集制作を担当する部門です。社会保険労務士/弁護士/税理士などの専門家執筆陣とともに、中小企業の労務・給与計算担当の方が実務上感じる不安を払拭できるよう、情報発信しています。「こんな記事を読みたい!」とTwitterやFacebookでメッセージいただければ、可能な限り執筆いたします。