競業禁止・守秘義務・解雇等の裁判例、他『週刊バックオフィスの基礎知識 2017/6/27(火)号』を公開しました。

執筆: 『人事労務の基礎知識』編集部

7月2日(日)は都議会議員選挙投票日です

東京都議会議員選挙が先週金曜日に公示されました。一連の豊洲移転問題に関する小池都知事への評価が、投票の判断基準の一つとして大きく影響しそうです。投票日は次の日曜(7/2)。さて、前回投票率(43.5%)を上回る事はできるのでしょうか?

さて、本日配信した『週刊バックオフィスの基礎知識 2017/6/27(火)号』から情報をピックアップしてお知らせします。

配信したメール全文はこちらでご覧いただけます。

今週の人事・労務の基礎知識

「衛生推進者」と「安全衛生推進者」とは

「衛生推進者」と「安全衛生推進者」とは

従業員が10名になったら安全衛生推進者、もしくは衛生推進者の選定が必要となります。今回の記事ではこの「安全衛生推進者」「衛生推進者」の個別説明、及び違いについて説明します。[詳細]

 

競業禁止/守秘義務/解雇など、労働関連の裁判例を無料で確認する方法

競業禁止/守秘義務/解雇など、労働関連の裁判例を無料で確認する方法

個別労働紛争について、過去から現在までに積み重ねられてきた判例を無料で確認する方法をいくつか紹介します。初心者の方にもやさしい方法もご紹介しています[詳細]

 

「改正労働契約法とその特例への対応状況 及び 多様な正社員の活用状況に関する調査(労働政策研究・研修機構)」結果を公表

「改正労働契約法とその特例への対応状況 及び 多様な正社員の活用状況に関する調査(労働政策研究・研修機構)」結果を公表

雇止め法理の法定化、無期契約への転換、不合理な労働条件の相違禁止等について他企業の状況/グッドプラクティスを学べる内容です。対応に自信のない方は一読をお勧めします。[詳細]

 

 

今週の一冊『基礎からはじめる職場のメンタルヘルス―事例で学ぶ考え方と実践ポイント』

職場のメンタルヘルス
価格: 1,944円
著者: 川上憲人
発売日: 2017/6/27
発行: 大修館書店

【出版社より】
すべての管理監督者,人事労務担当者必読! 職場のメンタルヘルスの第一人者が伝える,実践に踏み出すための知識とヒントがつまった入門書の決定版です。 これから職場のメンタルヘルス対策を進めていく立場にあり,かつ「第一線のプレーヤー」である管理監督者、人事労務担当者に向けて、一番大事な考え方と実践していくポイントを、やさしくわかりやすく解説しました。 押さえておくべき基本的な知識を解説した上で,「できること」「取り組んでほしいこと」「具体的に何からはじめるか」に焦点を当て、事例を盛り込むことでイメージしながら読み進められるように構成しています。 ストレスチェック制度の解説と運用,「ポジティブメンタルヘルス」の考え方にも触れた最新の内容になっています。
https://www.amazon.co.jp/dp/4469268240

各種メディア、省庁発表のニュース、お知らせ

こちらのコンテンツは、メール登録(無料)メンバー限定となります。
当ページ右側(スマートフォンの場合は下側)にある『週刊メルマガ登録』から、ぜひご登録ください。

 
 

Profile

『人事労務の基礎知識』編集部
『人事労務の基礎知識』編集部
株式会社BEC内で、Gozal(ゴザル)の編集制作を担当する部門です。社会保険労務士/弁護士/税理士などの専門家執筆陣とともに、中小企業の労務・給与計算担当の方が実務上感じる不安を払拭できるよう、情報発信しています。「こんな記事を読みたい!」とTwitterやFacebookでメッセージいただければ、可能な限り執筆いたします。