解散総選挙

衆院解散総選挙が発表されました。10/22(日)の投開票まで1ヶ月弱。ここ数日、政局を賑わす様々なニュースが発信されていますが、その中から今後の日本にとって有益だと考えられる情報を取捨選択し、投票に結びつけるリテラシーを問われている気がします。

それでは、本日配信した『週刊バックオフィスの基礎知識 2017/9/19(火)号』から情報をピックアップしてお知らせします。
 

配信したメール全文はこちらでご覧いただけます。

 

今週の人事・労務の基礎知識

宿泊・飲食が高く、エネルギーが低い。3年以内の離職率(厚労省発表)

宿泊・飲食が高く、エネルギーが低い。3年以内の離職率(厚労省発表)

2014年3月に卒業して就職した学生の、就職後3年以内の離職状況を厚生労働省が取りまとめ、公表しました。[詳細]

 

職場ハラスメントの相談窓口サービスを開拓|社労士・橋場たまきさんの横顔

職場ハラスメントの相談窓口サービスを開拓|社労士・橋場たまきさんの横顔

セクハラ、マタハラ、パワハラなど職場のハラスメント問題に取り組む社会保険労務士・橋場たまきさんのお話を伺ってきました。[詳細]

 

振休と代休の違いと注意点|契約解除0社労士・寺瀬学の「人事労務相談BEST5」 [最終回]

振休と代休の違いと注意点|契約解除0社労士・寺瀬学の「人事労務相談BEST5」 [最終回]

S&Tプロフェッショナル社会保険労務士法人の寺瀬学さんの相談シリーズ。最終回は「振休と代休の違いと注意点」に関する相談です。[詳細]

 

死亡災害が対前年で9.6%増加、特に8月は猛暑が影響か。

死亡災害が対前年で9.6%増加、特に8月は猛暑が影響か。

厚生労働省は「職場における死亡災害撲滅に向けた緊急要請」を労働災害防止団体、関係事業者団体に対して行いました。[詳細]

 

今週の一冊『働き方改革の経済学』

働き方改革の経済学

価格: 1,836円
著者: 八代 尚宏
発行: 日本評論社
発売日: 2017/9/20
 
2000年代に政府専門家会議で積極的に規制緩和を推進してきた著者が、働き方改革をどう実現するか。政府と企業の双方で動きつつある働き方改革の現状と、その将来の方向性について考える。著者は「既存の働き方の枠組みを抜本的に変えなければいけない。この覚悟がどこまであるだろうか?」と説く。
 
https://www.amazon.co.jp/dp/4535558876

各種メディア、省庁発表のニュース、お知らせ

ここから先のコンテンツは、メルマガでのみ配信しています。毎週1回、最新の人事労務情報をお届けしますので、ページ下の『』マークが目印のリンクから、ぜひご登録ください。

 

Profile

『バックオフィスの基礎知識』編集部

株式会社BEC内で、Gozal(ゴザル)の編集制作を担当する部門です。社会保険労務士/弁護士/税理士などの専門家執筆陣とともに、中小企業の労務・給与計算担当の方が実務上感じる不安を払拭できるよう、情報発信しています。「こんな記事を読みたい!」とTwitterやFacebookでメッセージいただければ、可能な限り執筆いたします。