宿泊・飲食が高く、エネルギーが低い。3年以内の離職率(厚労省発表)

執筆: 『人事労務の基礎知識』編集部

宿泊・飲食が高く、エネルギー系が低い。3年離職率の統計を厚労省が発表

2014年3月に卒業して就職した学生の、就職後3年以内の離職状況を厚生労働省が取りまとめ、公表しました。
 

カバー写真は、大学卒業者の就職後3年以内の離職状況をまとめた表です。
 

今回の記事では、学歴別/業界別/企業規模別などの、3年以内の離職率を見ていきましょう。
 

学歴別:就職後3年以内離職率

卒業元 3年以内離職率 前年比
大学 32.2% +0.3 P
短大等 41.3% ▲0.4 P
高校 40.8% ▲0.1 P
中学 67.7% +4.0 P

最も離職率が低いのは大学で、高いのは中学となっています。

事業規模別:就職後3年以内離職率

事業規模 大学 高校
1,000名以上 24.3 %(+0.7P) 25.3 %(+0.6P)
500〜999名 29.8 %(+0.6P) 32.9 %(+1.4P)
100〜499名 31.9 %(±0.0P) 37.9 %(±0.0P)
30〜99名 38.8 %(+0.2P) 47.1 %(▲0.6P)
5〜29名 50.2 %(+0.3P) 56.4 %(▲0.8P)
5名未満 59.1 %(+0.1P) 64.0 %(▲4.0P)

( )内は前年比増減となります。
 
大卒・高卒にかかわらず、従業員規模が大きくなると、離職者が少なくなる傾向があります。

業界別:就職後3年以内離職率

大卒についての、業界別離職率を示します。高卒についても同じ傾向となっています。
 

離職率の<高い>業界

業界 3年以内離職率
宿泊業・飲食サービス業 50.2%(▲0.3P)
生活関連サービス業・娯楽業 46.3%(▲1.6P)
教育・学習支援業 45.4%(▲1.9P)
小売業 38.6%(+1.1P)
医療、福祉 37.6%(▲0.8P)

( )内は前年比増減となります。
 

離職率の<低い>業界

業界 3年以内離職率
複合サービス事業 24.5%
金融・保険業 21.8%
製造業 20.0%
鉱業、採石業、砂利採取業 11.9%
電気・ガス・熱供給・水道業 9.7%

 

出典

 

Profile

『人事労務の基礎知識』編集部
『人事労務の基礎知識』編集部
株式会社BEC内で、Gozal(ゴザル)の編集制作を担当する部門です。社会保険労務士/弁護士/税理士などの専門家執筆陣とともに、中小企業の労務・給与計算担当の方が実務上感じる不安を払拭できるよう、情報発信しています。「こんな記事を読みたい!」とTwitterやFacebookでメッセージいただければ、可能な限り執筆いたします。