Category Topics

» 財務・経理に役立つ情報

BUYMAの年間アクティブユーザー率は21%、TVCMへの大型投資で未認識ユーザーへのリーチを強化
①BUYMAは10,000品超/日のペースで商品が増加中 会員数は250万人を超えて、毎日1万品以上が出品されている。非常に多くの商品が出品され続けていることが分かる。資料によると、2万円以下の商品の出品数が大幅に成長しており、手軽に購入できる金額の商品シェアが増加していることがわかる。BUYMAユーザーの初期購入商品の75%が、2万円以下の商品である事から、2万円以下の商品が増加している事は、初期購買を促進する上で効果的な価格帯の商品と言える。②1年間で1回以上購入するユーザー率は21%このアクティブユーザー率というのは、年間1回以上の購入履歴がある会員数の割合である。年間でのアクティブユ

財務・経理

2015.09.21

株式会社ティー・ワイ・オー 東京オリンピックで急成長を描く
株式会社ティー・ワイ・オーは平成27年6月10日に平成27年7月期第3四半期累計期間の決算短信を発表しました。TYOのビジネスモデルTYOは広告代理店及び広告主向けに広告制作、企画及びプロモーションを行っています。コンテンツはTV-CM、Webサイト・アプリケーション、グラフィック、イベント、キャラクターなどを含めた、あらゆる広告を制作する会社です。特にTV-CMにおける市場占有率は2012年に9.0%を達成しています。第3四半期累計期間の業績第3四半期の売上高は195億7百万円(前年同期比1.7%増)、営業利益13億86百万円(同11.0%増)、経常利益13億59百万円(同27.7%増)、四

財務・経理

2015.09.20

くらコーポレーション 客単価の増加のカギはどこにあるのか
 くら寿司を運営する株式会社くらコーポレーション(以下くら寿司)は平成27年6月4日に平成27年10月期 第2四半期決算短信を発表しました。 くら寿司のビジネスモデル  くら寿司は全国展開する回転すしチェーンです。くら寿司の最大の特徴は四大添加物である、化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存 料を完全に排除した商品を開発・提供している点です。またサイドメニュー開発を積極的に行い店舗で本格コーヒーのKULA CAFÉを提供しています。 売上・段階損益ともに好調  当第2四半期連結累計期間の業績は売上高が504億79百万円(前年同期比7.0%増)、営業利益27億82百万円(同

財務・経理

2015.06.17

食材の専門商社である「正栄食品工業」国内・海外ともに好調で業績予想を上方修正
 正栄食品工業のビジネスモデルは、「お客様に安全で安心な食品を提供する」ことを優先テーマとして、乳製品類、製菓原材料類、乾燥果実・ナッツ類、缶詰類、菓子類等の製造販売および仕入販売を中心に事業を展開する企業グループです。 正栄食品工業の決算サマリー  正栄食品工業は、6月12日に平成27年10月期第2四半期決算短信を発表しました。当第2四半期累計期間の連結業績は、売上高556億10百万円(前年同期比9.3%増)、営業利益22億35百万円(同28.7%増)、経常利益23億97百万円(同32.4%増)、四半期純利益は18億56百万円(同68.0%増)となりました。なお、四半期純利益には、前

財務・経理

2015.06.17

卒業アルバムのマツモト 少子化の影響で市場縮小
マツモトのビジネスモデル  マツモトは、学校アルバムの制作を中心に印刷物の製造販売を営む会社です。主要製品である学校向け卒業記念アルバムのほか、ポスター、カタログ、パンフレット等の一般商業印刷物の製造、デジタル写真アルバムや自費出版、印刷通信販売等のインターネット関連事業も手掛けています。 マツモトの決算サマリー  マツモトは、6月5日に平成27年4月期決算短信を発表しました。当期の業績は、売上高2,736百万円(前期比2.2%減)、営業利益5百万円(同90.9%減)、経常利益16百万円(同77.6%減)、当期純利益42百万円(同40.3%減)となりました。  売上高減少の主な

財務・経理

2015.06.17

借入金ゼロ!!今後も好成績を期待できる「東建コーポレーション」
 東建コーポレーションとは、土地所有者向けのアパート・マンション経営代行サービスを行っており、「ホームメイト」のブランド名で入居仲介サービスのチェーンも展開しております。そのほか、住宅設備機器メーカーのナスラックなどをグループ会社に持つ会社です。 決算サマリー  東建コーポレーションは、6月10日に決算発表を行いました。グループの連結業績は、売上高2,653億4千万円(前期比4.8%増)となり前期を上回りました。利益面につきましては、営業利益94億4千5百万円(前期比4.1%増)、経常利益102億7千2百万円(前期比7.7%増)、当期純利益62億1千7百万円(前期比18.1%増)となり

財務・経理

2015.06.17

全品280円!!低コスト戦略の「鳥貴族」 今後は、高騰する原価にどう立ち向かうかがカギ!!
 鳥貴族とは、全品280円をブランドに掲げた居酒屋チェーン店の会社で、平成26年7月10日に東証マザーズに上場したばかりです。 ビジネスモデル  鳥貴族は、全品280円という価格で商品を展開しており、また、店舗の立地も1階の路面店ではなく、2階以上で店舗を運営しているところが多く見られます。これは、280円という価格設定を基本戦略としているため、賃料をなるべく下げ、良品の食材を顧客に提供するためです。つまり、鳥貴族のビジネスモデルは、低コストを売りとしたビジネスモデルを展開していることが伺えます。  今後、食材価格や人件費の高騰をどこまで補えるかがカギとなるでしょう。

財務・経理

2015.06.17

ゼネラルパッカー 設備投資需要増加で四半期純利益2倍
ゼネラルパッカーのビジネスモデル  ゼネラルパッカーは、「独創的な技術を活かし、顧客の要請に応える高品質な『商品』を提供する」という経営理念の下、食品・化学品・医療用品等を包装するための自動包装機械及びその周辺装置の製造・販売・修理を事業内容とする会社です。  ゼネラルパッカーの自動包装機械は袋詰用包装機で、あらかじめ製袋された袋を自動供給して対象物を袋に充填し包装する「給袋自動包装機」と、ロール状フィルムから袋を製作する製袋装置を装備した「製袋自動包装機」に大別されます。  これらの機械は、食品・化学品・医療用品等を包装するための設備であり、各業界の設備投資動向がゼネラルパッカ

財務・経理

2015.06.17

LIXIL、海外子会社の不正発覚と破産により90億円の特損計上
住宅設備業界大手のLIXIL  LIXILグループは平成23年にINAXやトステム等と合併して発足しました。その結果、パナソニックと並んで住宅業界の2トップとなりました。住宅設備業界は住宅着工戸数の動向に大きく影響を受けます。当期は消費税率の引き上げに伴う駆け込み需要の反動減や、実質賃金の低下から個人消費に弱さがみられるなど、実質GDP成長率がマイナスとなりました。その結果、新設住宅着工戸数が880千戸(前期比10.8%減)と持家を中心に減少傾向を続けたことから、住宅設備業界も非常に厳しい事業環境下となりました。 幅広い事業内容  LIXILグループは子会社208社及び関連会社85社

財務・経理

2015.06.17

住宅メーカー大手の積水ハウス、増税前の駆け込み需要の反動で大幅減収減益
住宅市場の動向  住宅市場では、景気回復により雇用と所得環境の改善が継続したことに加え、住宅取得資金贈与の非課税枠拡大やフラット35Sの金利優遇幅拡大、省エネ住宅ポイント制度の施行等、政府による住宅取得支援策が打ち出されたことから住宅取得への関心が高まりました。また、賃貸住宅市場は本年1月の相続税改正に対応する資産活用として、都市部を中心に底堅い需要が継続致しました。 大幅な減収減益  積水ハウスが6月4日に発表した平成28年1月期第1四半期決算短信(連結)によりますと、当期の業績は次の通りでした。当第1四半期連結累計期間の売上高は4,018億1千3百万円(前年同期比11.0%減)、

財務・経理

2015.06.17

右肩上がりに成長してきた伊藤園、2015年4月期は減収減益
 「お~いお茶」で知られる飲料メーカー(株)伊藤園が15年4月期連結決算を発表しました。売上高は430,541百万円(前期比1.6%減)、営業利益11,393百万円(同46%減)、経常利益11,229百万円(同45.3%減)、当期純利益7,292百万円(同39.7%減)でした。  09年4月期より、6期連続増収増益でしたが、15年4月期は一転、減収減益。理由としては主として、14年4月の消費税導入の反動減と、書入れ時である夏の天候不順による販売減少が挙げられます。国内飲料市場の競争激化による低価格化、円安に伴う原材料・燃料コストの上昇懸念など厳しい状況が続いています。 セグメント別

財務・経理

2015.06.17

自動車に欠かせないコントロールケーブルメーカー「ハイレックスコーポレーション」は海外進出が好調
 ハイレックスコーポレーションのビジネスモデルは、2輪・4輪用、産業機器用、住宅機器用、船舶用等の遠隔操作のコントロールケーブル及び付属品の製造、販売とコントロールケーブル生産のための専用機の開発、製造、販売を行っています。 ハイレックスコーポレーションの経営戦略  コントロールケーブル技術の有用性に着目し、自動車業界の発展とともに成長してきています。国内はすべての自動車メーカーに、海外は北米、中国、アジア、欧州13ヶ国でビッグ3を始めとする主要な自動車メーカーに製品を供給しています。製品はエレクトロニクス技術などの周辺技術を取り込みながらケーブルの可能性を開拓しています。自動車分野以

財務・経理

2015.06.17

ユニークな玩具を創造「ピープル」は順調に国内マーケットで躍進
 ピープル株式会社(以下、「ピープル」という)は、製品種類は少ない印象ですが、非常にユニークな玩具を創造している会社です。プレスク-ルの子供達延べ300万人の手に、ピ-プルのおもちゃが届けられています。女の子のお友達“ぽぽちゃん”やユニークな自転車が“People”のロゴとともに、公園のそこここで見られます。 ピープルは、自社をいわゆる「ベンチャ-型企業」だと言っています。ベンチャ-企業とは研究・開発・能力の集約的発揮を意図する新規企業をいうのだそうで、ピープルはそれを玩具でやっていると公言しています。おもちゃと人間が好きな普通の人たちが、すぐれた創造をコンスタントに生み出していく企業シ

財務・経理

2015.06.17

医療業界 電子カルテの「ソフトウェアサービス」競争激化により収益減
 ソフトウェアサービスのビジネスモデルは、電子カルテ、オーダリングシステムをはじめとした医療情報システムの開発・販売から導入指導、また、当社システム導入ユーザーに対するオンラインネットワーク利用した保守サービスや必要となるサーバー等の販売を行っています。 ソフトウェアサービスの経営戦略  業種を医療分野に絞り、専門特化してオンリーワンを目指します。また、自前主義を貫き、自社開発、販売、保守メンテナンスを一貫して手掛けたうえで、付加価値ではなく創造的価値を追求します。「I・T・S」(Intelligence:専門分野の知識、Technology:コンピュータ、Service:顧客へのサー

財務・経理

2015.06.17

内田洋行 消費税増税による需要反動等により全体として減益
 株式会社内田洋行(以下内田洋行)は平成27年5月26日に第3四半期決算短信を発表しました。内田洋行の主な商品・サービスは①公共関連事業、②オフィス関連事業及び③情報関連事業です。①は学校教育市場への情報機器・教材・コンテンツの製造・販売等を、②はオフィス関連家具の製造・販売等を行っており、③は民間企業・福祉事業者向けの基幹業務のコンピュータソフトウェアの開発等を行っています。 内田洋行の当期の業績  内田洋行の当期の業績は横ばいか前期をやや下回るものになりました。売上高は1,075億円(前年同期比△4.5%)、営業利益38億44百万円(前年同期比+0.1%)、経常利益39億66百万円

財務・経理

2015.06.02

ダイドードリンコ 消費税増税後の反動減および原材料コスト上昇で減収減益
ダイドードリンコのビジネスモデル  ダイドードリンコグループは、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」という経営理念の下、飲料の製造・販売を主な業務とする企業グループです。飲料販売部門の「ダイドードリンコ」、飲料受託製造部門の「大同薬品工業」、食品製造販売部門の「たらみ」の3つの事業セグメントで構成されています。 ダイドードリンコの決算サマリー  ダイドードリンコは、5月25日に平成28年1月期第1四半期決算短信を発表しました。当期の連結業績は、売上高333億31百万円(前年同期比5.8%減)、営業損失5億96百万円(前年同四半期は5億18百万円の営業利益)、経常損失7億1百万円(

財務・経理

2015.06.02

今後も好成績を期待!!コンパクトで磐石な経営を行う「東和フードサービス」
東和フードサービスとは… 関東を中心に外食チェーン店などを店舗展開している東京都港区に本社を置く会社です。 決算サマリー 外食業界は、個人消費に回復傾向が見られるものの、消費税増税、円安進行による原材料価格の高騰やエネルギーコストの上昇、労務コストの高騰や採用難等により、引き続き厳しい経営環境で推移いたしましたが、新規出店及び店舗のリニューアルなどを行い、売上高は103億57百万円(前期比2.9%増)、営業利益は5億46百万円(同3.0%増)、経常利益は5億60百万円(同5.4%増)となり、増収増益となりました。 業績推移 平成23年4月期から平成27年4月期及び平成28年4

財務・経理

2015.06.02

旅行会社大手「H.I.S」はなぜ過去最高益を達成できるのか
メインとなる海外旅行市場の環境は厳しい  旅行市場は、海外旅行は円安基調に加え、感染症の発生や欧州・中近東の情勢不安などの影響があり厳しい状況です。その一方で、国内旅行は、北陸新幹線開通などレジャー需要の高まりを背景に堅調に推移しました。また、訪日外国人旅行は、引き続き中国や東南アジア諸国からの、円安によるショッピング需要などが大幅に増加し、好調に推移しました。 売上高、5期連続の過去最高  H.I.Sは5月29日に平成27年10月期第2四半期決算短信(連結)を発表しました。それによりますと、当第2四半期連結累計期間の連結業績は、売上高2,607億98百万円(前年同期比103.2%)

財務・経理

2015.06.02

ビッグデータを支えるEDI基幹開発の「プラネット」 の3つの強み
 株式会社プラネットは、1985 年に「システムは共同で、競争は店頭で」を合言葉に業界の流通機構の体質強化を目指し日用品メーカー8社と通信会社のインテックが共同出資して設立されました。今も、誰でも知っている大手メーカーが株主です。主たるサービスは、EDI基幹プラットフォームの構築・提供・運用です。 昨今のEDIを取り巻く環境は大きく変化しています。コンビニエンスストアに代表されるように、今は24時間営業で大量の商品が流通する時代の当り前のデータ通信を、安全に、確実に実現させるための基盤を支えている企業です。 *EDIとは、「複数の企業や団体などの間で、商取引のための各種情報(注文書

財務・経理

2015.06.02

固定負債が前期末比266%増加した「アイフラッグ」早期黒字転換を目指す
 アイフラッグは、従業員20名以下の小企業に対して、企業の活性化に繋がる「ITソリューション」を提供する事業を展開しています。「ITソリューション」は、「ホームページソリューション」と「システム・メディアソリューション」に分類されます。  「ホームページ(HP)ソリューション」は、ネットビジネスを展開する企業に対し、 ホームページの企画・構築・保守・運営サポートをパッケージングし、ワンストップで提供する事業です。「システム・メディアソリューション」は、当期より本格的に立ち上げた事業であり、各種ポータルサイトの運営・ポータルへの広告掲載、予約システム等を提供しています。 26%増収な

財務・経理

2015.06.02

日経新聞
TechCrunch
The bridge
日経産業
IT PRO
会計ナビ
NIKKEI
日刊
cnet
yahoo