勤怠管理・給与計算をGozalで一元化して、月次作業時間が1/2以下に大幅削減

プラス・フリー株式会社はICTエンジニアのライフスタイルに合わせて、様々な仕事、就業時間、雇用形態を提案するシステムエンジニアリングサービスを事業として展開する会社です。派遣事業のため派遣先の顧客ごとに勤怠管理・給与計算の方法などが異なるという特徴があります。

そのような複雑な労務管理の状況の中で、エクセルや手作業により勤怠管理・給与計算を行っていました。毎回の手作業の中で、ミスが発生しないように慎重にチェックを行うなど、作業時間が長時間化していることを課題として認識されていました。

今回は、代表取締役山本さんにGozal導入のきっかけと、導入によってどのような変化があったのかをお聞きしました。

 

月次の勤怠・給与タスクだけで2営業日以上かかっていた

ー導入以前の課題を教えてください

Gozalを導入する以前は、すべて私一人で勤怠データの取りまとめを行って、エクセルを使って給与計算を行っていました。

 

ー山本社長がお一人で担当されてましたよね。

もちろん社員に一部手伝ってもらっておりました。営業が勤務表を作成したものを回収する場合や、派遣事業なのでお客様からわざわざ勤務データを取り寄せるなど、異なるフローがいくつかある中で、1人ずつ計算して、自分たちのエクセルの賃金台帳に記入していました。

この月次の勤怠・給与処理だけで一日二日は余裕でつぶれていきましたね。自分達で手計算するのですが、社員ごとに異なる計算の方法もあるので、すごく手間がかかってしまっていて。Gozalを導入してからは、こんなに簡単にできるのかと本当に驚きました。

 

低コストで作業時間を1/2以下に削減

ー導入した理由を教えてください

顧問アドバイザーの方からの紹介です。その方も社内の給与計算に関わっていただいていたので、弊社の業務フローに無駄な手間がかかっていたことを認識してくださっていました。色々な労務管理システムもある中で金額も大変手ごろだったので導入させていただきました。

 

ー導入後に感じたメリットなどあれば教えてください

とにかく作業時間の短縮への貢献ですね。最初は使い方を社員に浸透させたり、慣れるまでに多少時間はかかりましたが、いざ社員全員が足並みをそろえて使うようになってからは、すごく楽ですね。勤怠入力から集計までボタンを数回クリックするだけで実行することができ、今までのエクセル管理はなんだったのかというほど楽になりました。

単純計算で作業時間は50%以下に短縮されました。最後の確認など人的にフォローする部分は残っているとしても、勤怠管理から給与計算まで圧倒的にスピードが速くなりましたね。勤怠打刻・申請をボタン一つで行えるので、社員それぞれの手間もかからなくなりました。

 

即レスのチャットサポートで、問題解決もスムーズ

ー導入時や導入後のサポートで良かった点をお聞かせください

チャットツールで質問にタイムリーに答えてもらえるところがとても助かっています。

導入時には過去数か月分の勤怠データ、給与データを分析していただいて、就業規則との乖離部分や計算処理でリスクとなりやすい部分を洗い出していただき、そのポイントごとにGozalだとどのような運用になるのかまで、ご提案いただきました。導入がスムーズに行えたのも、そのようなサポートチームの皆様のおかげだと思います。

また普通ならばメール・電話で連絡を行っても、担当者にすぐ繋がらなかったりすると、質問して回答をもらうだけで半日はかかってしまったりするので、Gozalのサポートチームでは、チャットで数分で返信をもらえるので、作業コストが大きく削減することができました。

労務管理の経験が豊富で、即レスのサポートチームの安心感がとてもありがたいなと感じています。

 

ー今後のGozalに期待したいこと

今でも十分に業務を効率化してくれていますが、さらに可能性が広がる部分としては、多様な帳票の作成だけではなく、行政機関への届出までオンラインで自動化できると、Gozalはさらにすごいなと思います。これには行政機関を巻き込んで、改革を進めなければなりませんが、ぜひチャレンジしていただきたいなと思っております。

(2018/07/19)