おすすめのIP電話アプリを法人と個人向けに徹底比較!アプリの選び方やメリットも解説

執筆: cw-saas |

IP電話とは_おすすめ_サービス_アプリ_比較
おすすめのIP電話サービスやアプリを知りたい
IP電話を極力安く使いたい

と考えている方も多いのではないでしょうか。

新たなIP電話サービスやアプリが開発される一方で、 「種類が多すぎて困る」と感じてる事業主やフリーランスが増えている ことも事実です。

今回は、そんな方々に向けて、おすすめのIP電話サービスやアプリを紹介していきます。

安くお得な情報だけでなく、正しい選び方を理解することで、IP電話サービスの活用をさらに効率化できるでしょう。

IP電話の要点まとめ
  • IP電話とは050から始まる電話番号を取得し、インターネット回線を利用するサービス
  • IP電話にもクラウドPBXやアプリなどの種類がある
  • 電話料金が安いだけでなく、通話履歴の保存や共有などのサービスも利用できる

IP電話とは

IP電話_おすすめ_とは_概要

そもそもIP電話ってどんなサービス?

という方へ、まずはIP電話の概要を解説していきます。

おすすめのIP電話サービスやアプリを知る前に、基本的な仕組み、ひかり電話やクラウドPBXといったサービスの違いを把握していきましょう。

IP電話について知っておきたい情報ざっくりまとめると

IP電話の基本的な仕組みと種類

IP電話の基本的な仕組みは、050から始まる電話番号を取得し、 インターネット回線を使って音声データのやり取りをする というものです。

従来の電話サービスは電話線に音声データをのせ、会話をするという技術を用いています。

その一方でIP電話の特徴は、音声データをインターネット回線にのせるという形式をとっています。

また、 電話番号の構成も、一般的な電話サービスとIP電話とで異なるポイント です。

一般的な電話番号が「市外局番+市内局番」であるのに対して、市外局番の部分が050、市内局番の部分がIP事業者番号という構成になってます。

IP電話とひかり電話やクラウドPBXとの違い

IP電話と混同されるひかり電話やクラウドPBXですが、 いずれもIP電話サービスの一種 です。

同じ仕様ではありますが、ひかり電話とクラウドPBXは次のように定義づけされています。

ひかり電話・クラウドPBXとは
  • ひかり電話:フレッツ光が提供するIP電話サービスの一種。音声データの伝達に光回線を利用する点に大きな特徴がある。最高通信速度1Gbpsを超える高速回線が数多くサービスも多く提供されているため、安定した音声通話を期待できる。
  • クラウドPBX:仮想空間であるクラウド上に、オフィス内の電話交換に必要なシステムを配置する技術。そもそもオフィス内の電話が内線接続に外線を経由しなければならないという課題を抱えており、都度発生していた通話料金を省くために開発されたPBX。昨今では技術が進み、クラウドPBXを用いることでハードウェアの設置、イニシャルコストを省略できる。

適切なIP電話サービス・アプリの選び方とは

安いイメージがあるけど、どのサービスを選んでいいかわからない

ここからは、そんな方々に次にIP電話サービス・アプリの選び方を解説していきます。

比較的コストを抑えられ、 取り入れやすいIP電話だからこそ、明確な指標を用いた選び方が重要 です。

初期投資コストや通話料はどれくらいか

IP電話_サービス_アプリ_選び方

IP電話サービス・アプリを選ぶ1つ目のポイントが、初期投資コストや通話料を比較することです。

IP電話を利用するメリットについては後ほど解説しますが、 ランニングコストの安さを期待する方がほとんどです。 

また、キャンペーンなどによって、初期費用をかけずに利用を開始できるケースも増加しています。

ただし、利用するサービスやアプリを決める際に、 IP電話の安さだけを基準にするというチェックの仕方に注意 が必要です。

電話アプリであれば、月々数千円ほどのコストで利用できます。

ただし、セキュリティ面や海外通話の利用頻度によっては、一般的なIP電話を選ぶ方がお得になることもあります。

十万円弱のイニシャルコストと一万円ほどのランニングコストをかけることで、セキュリティ面や海外通話のサービスのコストを削減できるわけです。

通話の品質が十分か

電話回線を利用するサービスとは違い、IP電話は音声をデータ化してインターネット回線に乗せる技術を利用しています。

そのため、音声のみのやり取りをする電話回線と比較すると、 インターネット回線の性質上、品質が回線状況に影響される こともあります。

利用しているインターネット回線の容量にもよりますが、回線の混雑によって音質が悪くなってしまうことも考えられるのです。

IP電話を利用する際には、利用する目的に合わせて 「どのくらいの音声品質を希望するか」 を明確にしておことが重要です。

求める機能が備わっているか

IP電話を選択する際には、求める機能についても冷静に比較検討することをおすすめします。

ベンダーが提供しているアプリの品質やスマートフォンのOS、ハードウェアとの相性によっても通話品質だけでなく、 従業員の業務効率化に大きな影響を通話品質に少なからず影響を与える ことは間違いありません。

通話品質以外にも、基本使用料で利用できる必要な機能、オプションで追加できる機能を整理しておきましょう。

多くのIP電話サービス・アプリでは留守番電話機能や録音機能、プッシュ通知機能を標準装備しています。

ただし、カスタマー部門の業務改善に向けた、音声分析機能やほかサービスとの連携機能を提供するサービスも提供され始めています。

「まだどんなシステムを構築するかわからない」という場合は、 オプションが豊富なサービスを選ぶというのも選択肢の1つ です。

メンテナンスや障害対応に手間がかからないか

ビジネスシーンで利用する以上は、メンテナンスや障害対応の手間についても確認しておくことも重要です。

昨今のIP電話は、基本的な機能をアプリケーションに集約する、クラウド上に設計するといった技術によって、ハードウェアを設置する必要性がありません。

ただし、目に見えるハードウェアが存在しない分、 メンテナンスや障害が生じたときの対応方法を理解しておかなければならない 点には注意が必要です。

限られた人数しか使わないというケースでも、障害によって必要なインフラが機能しないといったトラブルには備えておかなければなりません。

 メンテナンスがどのくらいのスパンで必要なのか、トラブルが発生した場合もすぐに対応してくれるのか 」という点も、適切なIP電話選びをする重要な指標といえます。

他サービスとの組み合わせでさらにお得に使えるか

他サービスとの組み合わせでさらにお得に使えるかも、IP電話サービスを比較検討する際にチェックすべきポイントの1つです。

活用している技術こそ異なるものの、大手通信会社が手掛けているIP電話サービスも少なくありません。

電話サービスのほかに格安SIMやプロバイダーを扱っていることも多く、 サービスを併用することで月額料金の割引を受けられる可能性があります。 

料金体系を見る限り安い気がしないサービスでも、割安で使えるケースが存在するのです。

金額だけを見て精査するのではなく、企業の実績や手掛けているサービス、ポイント利用の可否などについても確認しておくことをおすすめします。

おすすめのIP電話サービス・アプリ10選を徹底比較

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_比較

 IP電話の中でも、特におすすめのサービス・アプリを知りたい!

ここからはそんな方々に、数あるIP電話から、特におすすめのサービス・アプリを紹介していきます。

一口にIP電話といっても、仕様やプランはさまざまです。

コストはもちろん、利用する目的を明確にして、適切なIP電話サービス・アプリ選びを行っていきましょう。

下記がおすすめのIP電話アプリの比較表になります。

サービス名をクリックすると、紹介文を閲覧できます。
ぜひ参考にしてみてください。

サービス名 携帯電話の国内通話料/1分(税抜) 固定電話の国内通話料/3分 月額基本料/月 利用するメリット
050plus(NTTコミュニケーションズ) 16円 8円 300円 OCNモバイルONEとの併用で月額基本料金の半額で利用可能
LaLa Call(オプテージ) 16円 8円 100円 eo光、mineoの利用で毎月100円分の無料通話特典サービスあり
KDDI-IPフォン(KDDI) au携帯電話へは17.05円 (税込)、au以外の携帯電話へは17.6円 8円 600円 au携帯電話への通話、KDDI電話会議サービスが定額、格安料金で利用できるプランあり
Basix(ブラステル) 8円 18円 1,500円/電話機1台〜 面倒な工事をせずに、拠点間の無料通話を行う環境を作れる
MiiTel(RevComm) 8.49 円 16.9円/1分 5,980円/1ID〜 AIを活用した通話分析やが可能
pickupon(pickupon株式会社) 6,000円 電話サービスだけでなく、業務効率化の実績あり
INNOVERA(株式会社プロディライト) 1,000円/1ID〜 90秒課金制を導入し、大幅な電話料金の削減が可能
FleaLine(株式会社コヴィア) 16円 8円 400円×外線数/1,000円×内線数 楽天コミュニケーションズ(株)が提供するIP電話との通話も無料
Skype(Microsoft) 60分プランを1ヶ月のみ支払い:6.67円/120分プランを1ヶ月のみ支払い:6.58円/60分プランを1ヶ月のみ支払い:5.67円/120プランを1ヶ月のみ支払い:5.6円 60分プランを1ヶ月のみ支払い:400円/120分プランを1ヶ月のみ支払い:790円/60分プランを1ヶ月のみ支払い:340円/120プランを1ヶ月のみ支払い:671.5円 「月額払い」と「プリベイド(前払い)」から選択でき、不要な電話代を大幅に削減可能
SMARTalk(楽天モバイル) 16円 24円 0円 初期費用、月額費用はもちろん留守番電話や着信転送もすべて0円で利用可能

050plus(NTTコミュニケーションズ)

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_050PLUS

出典:050plus 公式

価格と性能のバランスの良さに定評があるIP電話サービス・アプリが050plusです。

050plusはNTTコミュニケーションズが提供しており、大手企業ならではの安心感のあるサービスです。

月額330円で利用でき、留守電を利用してもオプション料金が追加されることはありません。

また、海外との通話料金も日本と同じ、相手がOCNドットフォンやOCNドッフォンオフィスを利用していれば無料で通話可能。

OCNモバイルONEと併用すれば額基本料金を半額にすることもできるため、050plusは「安いIP電話を探しているけど、ブランドも気になる」という方に特におすすめです。

LaLa Call(オプテージ)

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_比較_LALACALL

出典:LaLa_Call 公式

050plusと同様に、月額料金と性能のバランスの良いIP電話サービス・アプリがオプテージが提供するLaLa Callです。

オプステージは大阪府に本社を置く、関西電力系列の大手電気通信事業者であり、eo光やmineoといったサービスも提供しています。

一般的なスマートフォンでの通話であれば、3分あたり132円ほどの料金が発生しますが、LaLa Callであれば3分あたり9円に電話料金を削減。

110円の月額料金で利用できますが、eo光、mineoユーザーには、毎月110円分(税込)の無料通話特典が付与されるため、ランニングコストを大きく削れるサービスといえます。

KDDI-IPフォン(KDDI)

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_比較_KDDIIPフォン

出典:KDDI-IPフォン 公式

KDDI-IPフォンは、その名の通りKDDIが提供するIP電話サービスです。

すでに電話会社としての確かな実績があり、通話品質に強みがあります。

また、KDDIが運営するau携帯電話を利用していれば、さらなるコストカットを期待できます。

コストだけでなく、通話品質に不安を抱えたくない、一時的な障害にも柔軟に対応してほしいといったニーズを持つ方におすすめのサービスといえます。

Basix(ブラステル)

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_比較_BASIX

出典:Basix 公式

クラウド型のサービスのなかで高い評価を得ているIP電話が、ブラステルが提供するBasixです。

Basixは、第三者機関である日本マーケティングリサーチ機構の調査で、「総務が選ぶIP電話」部門で第一位を獲得しています。

また、導入社数も4,000社以上と、確かな実績をもつクラウド型IP電話サービスです。

料金はスタンダードプランと上位版にあたるプラスプランの2種類のみ。

確かな実績と、わかりやすい料金設定を求めている方におすすめのIP電話サービスです。

MiiTel(RevComm)

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_比較_MIITEL

出典:MiiTel 公式

IP電話を用いて、本格的な業務改善を実現したい方におすすめのサービスが、RevCommが提供するMiiTelです。

MiiTelの魅力は手軽に利用を開始できるだけでなく、成約率アップにつながるCTIシステムであることです。

コストダウンに繋がるイメージのあるIP電話ですが、MiiTelには録音、文字起こし、音声解析の機能を搭載。

特に音声解析の機能は、成約に繋がりやすい音声データのモデルを搭載し、話し方やスピードなどの項目を点数化してくれます。

1IDあたり5,980円と決して安いサービスではありませんが、2018年10月のリリースから、2万人以上のユーザーに利用されている実績のあるサービスです。

pickupon(pickupon株式会社)

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_比較_PICKUPON

出典:pickupon 公式

架電業務の効率化に定評のあるIP電話サービスが、pickupon株式会社が提供するpickuponです。

pickuponはクラウドは、クラウド技術を応用したサービスの1つであり、ハードウェアを準備することなく利用を開始できます。

また、AIが通話内容を自動記録し、チーム内での共有を実現。

1つのID取得に月額6,000円の予算が必要になりますが、通話記録の閲覧だけであれば無料で利用できます。

INNOVERA(株式会社プロディライト)

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_比較_INNOVERA

出典:INNOVERA 公式

IP電話サービスだけでなく、業務改善に役立つ数々のオプションを提供するサービスがINNOVERAです。

運営会社である株式会社プロディライトは、IP電話サービスであるINNOVERAだけでなく、TextやSpeech Positng、Outboundといった幅広いオプションサービスを提供。

基本的な受電対応設定、通話履歴確認はもちろん。テキスト化や架電システムなどのサービスを依頼することも可能です。

FleaLine(株式会社コヴィア)

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_比較_FLEALINE

出典:FleaLine

数あるIP電話サービス・アプリのなかで、SOHOユーザーや中小事業者におすすめのIP電話サービス・アプリが、株式会社コヴィアが提供するFleaLineです。

FleaLineはオフィス電話に必要なサーバーを株式会社コヴィア内に設置する、初期費用とイニシャルコストを抑えられるクラウドサービスです。

クラウド上のサーバーを用意してしまえば、国内外を問わない増設、移設にも、柔軟に対応できます。

Skype(Microsoft)

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_比較_SKYPE

出典:Skype 公式

よりシンプルで手軽なIP電話を希望する方におすすめのアプリが、Microsoftが提供するSkypeです。

名前からも分かる通り、通話アプリとして広く普及しているSkypeに、050から始まる電話番号を付与できるIP電話サービスです。

そして、Skypeの強みは、すでに世界的なシェアを獲得している点にあります。

63ヵ国と地域で利用でき、海外通話も格安で行えるサービスです。

SMARTalk(楽天モバイル)

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_比較_SMARTALK

出典:SMARTalk 公式

設定のいらないIP電話サービスを希望する方には、楽天モバイルが提供するSMARTalkがおすすめです。

SMARTalkはアカウントの取得と、パスワードの入力という2つのステップだけで利用を開始できるIP電話サービスです。

また、月額料金の設定はなく、課金型の通話料のみで使用可能。

楽天モバイル公式ホームページでは、通話料が60%も安くなるIP電話アプリと銘打っており、コストと手間をかけたくない方はチェックしておきたいサービスといえます。

IP電話サービス・アプリを利用するメリット

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_メリット

IP電話サービスを使うメリットを具体的に知りたい!

ここからはそんな方々に向けて、IP電話サービス・アプリを利用するメリットを解説していきます。

通話料金が抑えられるだけでなく、業務改善のサポートに繋がる点もIP電話サービス・アプリの大きな魅力といえます。

通話料を抑えられる(050番号同士なら通話無料)

言わずもがなではありますが、通話料を抑えられることがIP電話サービス・アプリを利用する1つ目のメリットです。

利用するサービスやアプリによって、多少の違いがうまれることもありますが、 概ね3分8円で国内通話を利用できます。 

また、同じVoIP技術を活用している050番号同士であれば、無料通話が可能。

IP電話を利用する人数シチュエーションを想定し、月額の基本使用料を支払うべきかを判断することで、支出を大きく削減できるでしょう。

初期費用と設置の手間がかからない

IP電話サービス・アプリは、初期費用と設置の手間をかける必要がありません。

一昔前までは電話サービスの利用開始に伴い、電話機やサーバーといったハードウェアを設置しなければなりませんでした。

しかし、インターネット回線を使用するIP電話は、 スマートフォンやタブレットへの設定をするだけ ですぐに使い始められます。

工事費や設備代といったコストもかからないため、非常に取り入れやすいサービスといえるでしょう

ほかのシステムとの連携も行える

IP電話はサービスは、インターネット回線を利用しているためほかのシステムとの連携を行うことも可能です。

音声を自動記録し、すぐに連携できる形に変換してくれるサービスも用意されています。

オプションサービスとして用意されていることが多いため、IP電話を利用することで解消したい問題に合わせて上手に使い分けることをおすすめします。

リモートや拠点の増減に対応しやすい

IP電話を利用すれば、リモートや拠点の増減にも対応しやすい体制を用意できます。

スマートフォンを利用する場合には、電話機やハードウェアを用意する必要がないため、 簡単な設定1つですぐにIP電話サービスやアプリを使い始められます。 

身軽な状態を作り出すだけでなく、設定も簡単であるため、組織をより柔軟にできることもIP電話のメリットです。

テキストや画像も同時に扱える

音声だけでなく、テキストや画像を同時扱えることも、IP電話を利用するメリットです。

テキストや画像以外のデータも、インターネット回線にのせられる情報であれば、すべて扱えます。

従来の電話サービスでは、電話とメールといった形で分断していた業務も、 IP電話を使えば1つのツールやアプリに集約可能 です。

IP電話のデメリット

おすすめ_IP電話_サービス_アプリ_デメリット

メリットは理解できたけど、デメリットはないの?

ここからはそんな方々に向けて、IP電話サービス・アプリを利用するデメリットを解説していきます。

音質が不安定になることがある

利便性の高いIP電話サービス・アプリですが、音質が不安定になるケースがあるというデメリットも存在します。

プライベートで利用しているスマートフォンやタブレットでも稀に起こる一時的な通信の不具合ですが、 業務に利用する場合には大きな損失に繋がる可能性 が潜んでいます。

使用しているインターネット回線の混線によって、スムーズな会話ができなくなるリスクがあることがIP電話を利用する1つ目のデメリットです。

システム障害への対策が煩雑になりがち

システム障害への対応が煩雑になりがちという点も、IP電話サービスならではのデメリットといえます。

仮にインターネット回線とIP電話を個々に契約している場合は、障害が発生した場合に2つのサポートセンターに対応依頼をしなければなりません。

また、障害の原因がすぐにわからず、対応が遅れてしまうことも考えられます。

IP電話を利用する目的にもよりますが、コールセンターなどの業務に利用する場合には、 インターネット回線とIP電話の窓口を一本化 しておくことをおすすめします。

そうすることで、万が一のトラブルにもスムーズに対応できるようになるでしょう。

セキュリティ面への配慮が必要

IP電話サービス・アプリを利用する場合には、セキュリティ面への配慮が必要です。

IP電話に限ったことではありませんが、昨今のビジネスサポートツールはクラウド化やアプリの利用が急速に進んでいます。

そして、クラウド化やアプリの普及により、 情報漏洩への対策が難しくなっている ことも事実です。

IP電話サービスのなかでも、クラウドPBXはセキュリティ対策を行いやすいとされていますが、手軽に使えるアプリは従業員が情報の取り扱いへの危機感をもっている必要があります。

IP電話の比較のまとめ

IP電話を比較する際には、ひとまず 今回紹介したサービスの中から検討することをおすすめ します。

「コストカットに繋がる」、「手軽に利用を開始できる」といった理由から、多くの事業者やフリーランスがIP電話サービス・アプリの利用を開始しています。

しかし、多くの需要があり、次々に提供されるサービスに、「種類が多すぎる」、「選び方がわからない」と感じてる方が多いことも事実です。

そして、適切なIP電話サービス・アプリを選ぶためには、 IP電話の基本的な仕組み、初期投資コストや通話料、自社の求める機能、メンテナンスの手間を網羅 しておく必要があります。

安さだけに注目したサービス選びは、利用開始後に「本来の目的を見失っていた」、「サポート体制がイマイチ」といった不満に繋がることも珍しくありません。

安さが売りのIP電話サービス・アプリですが、利用する目的を明確にし、適切な費用をかけるという意識を持つことが重要です。

IP電話の要点まとめ
  • IP電話とは050から始まる電話番号を取得し、インターネット回線を利用するサービス
  • コストを削減できるというメリットがある一方で、メンテナンスやトラブルへの対策が必要であるというデメリットも
  • IP電話の比較にはコストのほかに、目的に合わせたサービス内容であるかを確認する必要がある