【2023年最新】関東のおすすめ地方移住先18選!地方移住のメリットや選ぶ基準も解説

執筆: Saas辞典編集部 |

関東でおすすめの移住先は?
地方移住先を選ぶ時のポイントは?

という悩みを持つ方におすすめの記事です。

長い間都市部に住んでいると、自然溢れる田舎暮らしに憧れたり、地方でゆっくりと過ごしたいと考える方は多いです。

しかし、今まで住んだことのない地域に住むとなると、どのような基準で選べばいいのか、どの地域がおすすめなのか悩んでしまいますよね。

そこで、この記事では 「関東のおすすめの地方移住先」 を紹介します。

「関東のおすすめの地方移住先」をざっくり言うと
  • 関東は都市部へのアクセスに優れているためいきなり田舎暮らしが怖い方にもおすすめ
  • 関東圏内からの移住で最大100万円の支援金が得られる
  • 自然や子育て環境に優れた地域がたくさんある
  • 地域移住先を選ぶ時は移住者が多いところがおすすめ

地方移住するメリット

人によっても地域移住に対する考え方や感じ方が異なりますが、以下のようなメリットが得られます。

地方移住するメリット
  • 交友関係が広くなる
  • 生活費を抑えられる
  • 自然が豊か
  • 子育てがしやすい
  • ストレスから解放される
  • 住居費が安い

 地方移住では自然が多く、都市部よりも広い家に住めたりなど、子育て世代には子供を育てやすい環境です。 

また、地域住民との交流も増えるので、都会で住んでいたころとは全く異なる人脈を形成することも可能です。

最近では都市部に会社があるものの、テレワークで月に数回程度の出社で、関東圏内への地域移住を検討する人は増えています。

また、移住することにより、新鮮で鮮度の高い旬な野菜や海産物などにも恵まれ、常に充実した毎日を送ることもできます。

地方移住先を選ぶ基準

地方移住先を選ぶ時は、最低でも以下のポイントは抑えておきたいところです。

地方移住先を選ぶ基準
  • 気候
  • 生活費
  • 交通機関
  • 仕事
  • 災害のリスク
  • 行政の方針
  • 地域住民の移住者に対する接し方

 移住先を決めるということは、この先何十年と生きる場所を選ぶということです。 

移住先で仕事を探す場合や、子供の保育園に通う場合は仕事のしやすさやアクセスの良さも調べておく必要があるでしょう。

新しく起業したいのであれば自治体が後押ししてくれる制度があるのか、どんな支援が得られるのかも必須な情報です。

また、地域によっては地震や津波、豪雪、台風、土砂災害などの災害リスクがあります。

移住検討先にどういった災害リスクがあるのか、きちんと把握しておきましょう。

関東のおすすめの移住先18選

それでは、ここでは関東のおすすめ移住先を一つずつ紹介していきます。

神奈川県 清川村

出典:https://www.town.kiyokawa.kanagawa.jp/

神奈川県 清川村は人口約2.9千人の神奈川県の中でも人口の少ない村です。

都会の奥座敷として首都圏に真の自然を提供している清川村は、神奈川県唯一の村です。

 面積の約9割は山林を占めており、小鮎川、宮ヶ瀬には中津川と早戸川がそれぞれ渓谷美や清流をつくっています。 

気候は比較的温暖で、花や植物の宝庫でもあります。

宮ヶ瀬湖、宮ケ瀬湖畔、道の駅 清川、水の郷大吊り橋などの多くの観光スポットがあり、子育て世代やシニア層まで幅広い層に人気です。

都会の生活に疲れて、田舎でゆっくりと過ごしたい人には特におすすめです。

神奈川県 清川村の移住支援

神奈川県 清川村では移住者に向けて住宅取得奨励金制度を用意しています。

これは、村内に住宅を取得された方に最大100万円の支援金を渡すという制度です。

中古住宅だとしても最大80万円の支援金を受け取れます。

また、フラット35を利用して住宅を購入する場合は借入金利を一定期間引き下げてくれるので、住宅の購入を検討している人にもおすすめです。

神奈川県 山北町

出典:http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/

神奈川県 山北町は神奈川県の西部に位置し、町全体で美しい山々が魅力的で、ハイキングやキャンプにももってこいです。

山北町には自然環境を大切にした美しい湖「丹沢湖」や鉄道の町として栄えていた「鉄道公園」など見所がたくさんあります。

宿泊施設も多く、日帰りでの観光スポットとしても人気です。

 町のほぼ中央には「ダム湖百選」に選ばれた丹沢湖もあり、自然を求めて多くの観光客が訪れます。 

あしがらみかんやしいたけ、キウイフルーツなどの特産品が有名で、山北町の農産物等を活用した町のイメージにふさわしい加工品、食料品もたくさんあります。

神奈川県 山北町の移住支援

山北町では、移住・定住者に向けてさまざまな支援制度を用意しています。

町外から転入、または町内で転居(世帯分離等)する若者・中堅世帯が町内で住宅を新築した場合にお祝いとして支給される「新築祝い金・二世代同居近居奨励金」。

町内に自己の住宅を取得するために町が指定した金融機関から住宅資金の融資を受けた場合の支払利子の一部を補助する「勤労者等住宅資金利子補助金」など、移住者には嬉しい支援制度が充実しています。

また、お試し移住も可能で、実際に移住を決める前に数日住んでみて、最後の情報収集をすることも可能です。

埼玉県 さいたま市

出典:https://www.city.saitama.jp/

埼玉県 さいたま市は埼玉県の中でも都市圏にあり、交通の便に優れています。

そのため、地方に住みたいけど都市部の利便性も確保したい人や、仕事で定期的に東京まで行く必要がある人にもおすすめです。

 さいたま市には大型ショッピングモールや教育施設、医療機関も充実しており、買い物や子育てのさまざまな場面で利便性を感じられることでしょう。 

また、市外には豊かな自然と深い歴史を感じられるエリアもあり、移住先としてはぴったりな地域と言えるでしょう。

埼玉県 さいたま市の移住支援

さいたま市では、埼玉県と埼玉県の県内対象地域9市町村が連携し、人口減少が進む地域への移住を促進するため、移住就業等支援金支給事業を推進しています。

世帯での移住の場合は最大で100万円、18歳未満の世帯員を帯同して移住した場合は130万円の支援金を受け取れます。

住まいの面では、市町村空き家バンクや住み替え支援・補助なども受けられます。

また、移住先で仕事を探したい場合でも、埼玉ハローワークや埼玉県女性キャリアセンターなどの施設が充実しているので、仕事で困ることはほとんどないと言えるでしょう。

埼玉県 秩父市

出典:https://www.city.chichibu.lg.jp/

 埼玉県 秩父市は埼玉県北西部に位置し、市全体が豊かな自然と渓流に囲まれた自然溢れる市です。 

祭りが盛んなまちでもあり、年間を通して多くの観光客が足を運んでいます。

花々やハイキング、川遊び、キャンプ等、秩父夜祭、龍勢祭、川瀬祭や小さな地域の祭りまで、一年を通して楽しめます。

秋は関東でも有名な紅葉、冬は氷柱など、一年を通じて四季の変化を楽しめる地域でもあります。

埼玉県 秩父市の移住支援

埼玉県 秩父市では移住を考えている方向けの支援制度を充実されており、若者移住者(IJUターン)就職奨励金や空き家リフォーム等工事費助成金、軽自動車購入費助成金などを用意しています。

移住支援金では移住前からの勤務先の業務をテレワークで継続する方でも助成の対象となります。

秩父は自然あふれる景観を楽しめるだけでなく、都心からのアクセスも良く、憧れた田舎暮らしを実現できる地域です。

千葉県 長生村

出典:https://www.vill.chosei.chiba.jp/

千葉県 長生村は東京から約60キロ、千葉市からは約30キロの位置にある地域です。

太平洋側に面していることもあり、黒潮の影響を受けて年間を通して温暖で過ごしやすいです。

 千葉県唯一の村であり、村全体に豊かで美しい田園風景が広がっています。 

長生村には九十九里浜も面しており、一松海岸は国内でも良好なサーフィンポイントのひとつです。

海ではサーフィンやボディーボードで波を楽しむ若者たち、砂浜では親子が砂遊びに熱中している様子を見ることができます。

千葉県 長生村の移住支援

千葉県 長生村では結婚新生活支援金や特定不妊治療費助成、妊婦一般健康診査費用助成、おめでとう赤ちゃんプレゼント事業など、長生村独自の助成・支援制度で生活をサポートします。

長生村独自の支援制度が充実しており、特に子育て世代には充実した嬉しい支援がたくさん用意されています。

他にも、家庭用太陽光発電システム設置補助などの珍しい支援金制度が用意されている点も魅力です。

千葉県 山武市

出典:https://www.city.sammu.lg.jp/

千葉県 山武市は千葉県の北東部に位置する市で、田園風景が広がる平野部と都市雇用圏における東京都市圏があります。

九十九里浜も近くにあり、自然豊かな環境の中で暮らせます。

 また、良い土地と良い気候に恵まれているため野菜や果樹は育ちやすく、常に新鮮なものを食べれる点も移住をするメリットです。 

千葉県 山武市の移住支援

千葉県 山武市では、医学者奨学金貸付制度や結婚新生活支援補助金、三世代同居等支援補助金などの支援金が充実しています。

移住定住ポータルサイトでは移住を検討している人に向けてさまざまな情報を頻繁に更新しているので、ぜひチェックしてみてください。

千葉県 多古町

出典:https://www.town.tako.chiba.jp/

千葉県 多古町は農業が盛んなまちで、町の北部と東部には台地が広がり、「大和芋」や「さつまいも」などの産地となっています。

県内町村で2番目の広さを有し、食味日本一にも輝いたブランド米の「多古米」などの生産も盛んです。

 気候は暖温帯で、冬は暖かく、夏は涼しい海洋性の温暖な気温です。 

降水量は夏季は多く、冬は少ないです。

千葉県 多古町の移住支援

千葉県 多古町では「多古町移住支援ガイドブック」に町の特徴や先輩移住者の声、移住制度支援など全てがまとめられており、移住を検討している人には非常に役立ちます。

例えば、移住支援コーディネーターが悩みや不安に親身に寄り添い、ほしい情報を素早く提供してくれる点も嬉しいポイントです。

千葉県 南房総市

出典:https://www.city.minamiboso.chiba.jp/

千葉県 南房総市は広大な海に囲まれている地域で、海水浴やダイビング、サーフィンスポットとしても全国で有名です。

四季を通して温暖な気温であるため、一年中季節の花や木々を楽しむこともできます。

 また、新鮮な海産物にも恵まれており、おいしいグルメや南房総市でしか食べられないグルメも楽しめるまちです。 

千葉県 南房総市は都心を離れて海や山などの自然豊かな土地を求めている移住者から人気で、多くの移住者が済んでいます。

千葉県 南房総市の移住支援

千葉県 南房総市では南房総市には、独自で実施している支援制度がたくさんあります。

UIJターンによる起業・就業者創出事業移住⽀援⾦や新たな仕事と雇用創出支援事業補助金などの就業・起業⽀援。

住宅取得奨励金交付制度や南房総市空き家バンクなどの住まい。

特定不妊治療・不育症治療支援、子育て支援センターほのぼのなどの子育て支援など、「こんなに支援が受けられるの?」とびっくりするくらい充実しています。

栃木県 佐野市

出典:https://www.city.sano.lg.jp/

栃木県 佐野市は栃木県の南西部に位置し、緑豊かな森林と美しい清流などの自然環境に恵まれています。

 また、南部と西部には住宅や医療機関、教育施設などの都市的地域もあり、地方でありながら都市的機能も充実している市です。 

澄んだ醤油味スープが主流の佐野ラーメンでも有名な地域で、値段が安く子供から老人にいたるまで好まれています。

栃木県 佐野市の移住支援

栃木県 佐野市では5年以上「東京23区在住の方」または「東京圏から23区に通勤する方」が佐野市に移住する場合に単身で60万円、世帯で100万円を交付する支援制度を用意しています。

住まいの補助金では、以下のような住宅の新築やリフォーム等にかかわる助成・融資制度を行っています。

住まいの補助・支援制度
  • 若者移住・定住促進補助事業
  • 固定資産税の新築住宅軽減
  • 浄化槽設置補助事業
  • 住宅用太陽光発電システム設置費補助事業

栃木県 鹿沼市

出典:https://www.city.kanuma.tochigi.jp/

 栃木県 鹿沼市は市域の約7割が山林を占め、奥深い山々を源とした幾筋もの清流を擁する、水と緑に恵まれたまちです。 

気候は太平洋式の気候で、内陸になるため寒暖差が大きく、夏は雷の発生、冬は低温が特徴です。

しかし、全国的に見ても自然災害が少なく済みやすい地域でもあります。

鹿沼市は里山と市街地が近いほどよい田舎で、市街地に住んでも車で少し走れば公共施設までの交通の便も良いです。

栃木県 鹿沼市の移住支援

栃木県 鹿沼市へ移住すると単身で60万円、世帯で最大100万円を支給する移住支援制度があります。

さらに、子供1人あたり30万円がプラスされるので、子育て世代には嬉しい支援と言えるでしょう。

また、移住を決める前に鹿沼市でお試し移住体験ができ、「自然の中でのんびり暮らしたい」「でも、いきなり知らない土地に住むのは不安」そんなあなたの願いを叶えてくれます。

茨城県 常陸太田市

出典:https://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/

茨城県 常陸太田市は水戸市から約20キロ、東京から約120キロ圏に位置しています。

 気候は比較的温暖で、災害が少ない地域という特徴です。 

良好な住宅都市でありながら自然が豊かで、多くの歴史文化である観光地もたくさんあります。

常陸秋そばは、香り、風味で全国的に知られ常陸太田市のブランドとなっています。

茨城県 常陸太田市の移住支援

茨城県 常陸太田市では市内への移住・定住の促進と中小企業等における人手不足の解消を目指して,「常陸太田市わくわく茨城生活実現事業における移住支援金」を交付しています。

最大100万円の支援金が交付されるので、移住でかかる費用負担を軽減できます。

また、「いばらき暮らしサポートセンター」では専任の相談員が移住に関するさまざまな相談や悩みに丁寧に対応してくれるので、安心です。

茨城県 那珂市

出典:https://www.city.naka.lg.jp/

 茨城県 那珂市はのびのびとした暮らしを楽しむ人がたくさん住んでおり、子育て世代からも人気の移住先です。 

市の地形は久慈川と那珂川の沿岸に広がった広大な水田地帯と、中央に広がった那珂台地からなっています。

車でも電車でもお出かけしやすく、南北に3本の国道とJR水郡線が走っており交通環境は良好で都心へのアクセスも良いです。

茨城県 那珂市の移住支援

茨城県 那珂市では、東京圏からの移住をした方に向けて、最大100万円の那珂市わくわく茨城移住支援金を交付しています。

他にも、就職支援や相談事業、融資・保証制度なども充実しています。

「大好きいばらきU・I・Jターン」では、先輩インタビュー、都内での合同就職面接会、魅力発見バスツアーなどの情報がオンライン上で閲覧可能です。

茨城県 日立市

出典:https://www.city.hitachi.lg.jp/

茨城県 日立市は関東平野の北端、茨城県の北東部に位置し、温暖な気候と海・山の豊かな恵みが魅力の地域です。

 一年を通じて温暖な気温と海・山を中心に、鉄鋼業を中心に「ものづくりのまち」としても栄えています。 

脳御意や林業、商業、工業、漁業、観光などをさまざまな産業にあふれるまちでもあり、移住先にはぴったりです。

茨城県 日立市の移住支援

茨城県 日立市では、東京圏に在住し、東京23区内に通勤されていた方で「テレワークなどにより仕事を継続している方」などに最大100万円の支援金を交付しています。

また、日立市では移住に関する助成のほか、ライフステージにあわせた「子育て」に関する助成、健康的な生活をサポートする「医療」に関する助成など暮らしを支えるさまざまな助成制度を用意しています。

茨城県 ひたちなか市

出典:https://www.city.hitachinaka.lg.jp/

茨城県 ひたちなか市は「自立と協働のまちづくり基本条例」を定めており、市民と行政が一体となってより良いまちづくりを進めています。

市内にはスーパーや大型ショッピングモール、映画館などの充実した施設もあります。

 自然と快適な都市環境が整ったひたちなか市は、移住先としてもぴったりと言えるでしょう。 

茨城県 ひたちなか市の移住支援

茨城県 ひたちなか市では、茨城県と連携し、「ひたちなか市わくわく茨城生活実現における移住支援金」を交付しています。

他にも、子育て世代や三世代同居・近居、新婚生活を応援するさまざまな支援制度も充実しています。

茨城県 古河市

出典:https://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/

 茨城県 古河市は東京やさいたま市、宇都宮市などの首都圏かで50~60キロの位置にあり、茨城県区間が全線開通するなど交通ネットワークが整備されているため交通のアクセスが優れています。 

市の面積のうち約4割が農地を占めており、温暖な気温と豊富な水資源を利用した農業が盛んです。

特に、野菜の栽培が盛んで、約8割の農業産出額を記録しています。

茨城県 古河市の移住支援

茨城県 古河市では移住・定住促進 · 若者・子育て世帯定住のために最大100万円の支援金を交付しています。

また、若い世代のマイホーム取得を金利引き下げで応援するなど、子育て世代や若い世代の移住には特におすすめです。

茨城県 笠間市

出典:https://www.city.kasama.lg.jp/

茨城県 笠間市は茨城県の中央部に位置し、首都圏から約100キロメートル、県都水戸市に隣接し、総面積は、240.40平方キロメートルです。

気候は夏は気温と湿度が高く、冬は乾燥した晴天の日が多いです。

 茨城県は栗の栽培面積・生産量ともに全国1位の栗の産地としても知られ、中でも笠間市は、栗の生産が盛んな栗のまちです。 

茨城県 笠間市の移住支援

茨城県 笠間市では移住・定住者に向けて最大100万円の移住支援金を交付しています。

また、中小企業等における人手不足の解消を目指すための「わくわく茨城生活実現事業」も行っており、厚生労働省が実施する「中途採用等支援助成金(UIJターンコース)」の支給を受けられる場合もあります。

茨城県 下妻市

出典:https://www.city.shimotsuma.lg.jp/

茨城県 下妻市は水と緑に親しむ環境が整っており、県内有数の梨の生産地でもあります。

総面積は80.88平方キロメートルで、正方形に近い矩形をしています。

 子育て支援センターでは子どもが自由に遊びながら親子同士が交流し、専門職員への子育てに関する悩み相談も気軽に行えます。 

茨城県 下妻市の移住支援

茨城県 下妻市では、茨城県と連携し、最大100万円の「下妻市わくわく茨城生活実現事業における移住支援金」を交付しています。

移住・定住支援では市民インタビューや体験ツアーなど、移住を検討している人には嬉しい情報がポータルサイトで全て収集できます。

群馬県 川場村

出典:https://www.vill.kawaba.gunma.jp/

群馬県 川場村は群馬県の北東部に位置し、武尊山(ほたかやま)の南側に広がる農山村です。

 森と川、田んぼが広がる豊かな田園風景に囲まれながら、スキー場や道の駅などの観光スポットもあるので、多くの観光客で賑わう町でもあります。 

群馬県 川場村の移住支援

群馬県 川場村では、最大100万円を交付する移住支援金制度を用意しています。

子育て支援金では、第1子10万円、第2子20万円、第3、4子30万円、第5子以降は100万円を支給してくれるので、子育て世代には嬉しいまちでもあります。

実際に都会から川場村へ移住してきた世帯は多く、地域住民の移住者に対する接し方も暖かいです。

まとめ

この記事では「関東のおすすめの地方移住先」を紹介してきました。

 「都会から地方移住を考えているけど、いきなり田舎に住むのは怖い!」と考えている方に関東への移住はおすすめです。 

関東であれば東京都心へのアクセスも優れており、都会的機能と自然の両方を満たす地域で暮らすことができます。

また、東京圏内から移住を決めると、最大100万円の支援金が交付されるので、移住先がある程度決まったら移住支援金やさまざまな助成制度についても調べておきましょう。

まずは、気にある移住先にオンラインで相談してみたり、お試し移住を検討してみるのも良いかもしれません。