【徹底比較】記事作成代行おすすめ10選|選び方の注意点・費用の相場までご紹介!

執筆: cw-saas |

おすすめの記事作成代行を知りたい
記事作成代行はどのくらいの料金がかかるの?
失敗しない記事作成代行サービスの選び方って?

Webメディアやブログを運営していく時には、大量の記事や日々の記事更新が欠かせません。

しかし、ただ文章を書くだけでは、検索上位に掲載されるような記事にはならないでしょう。

また、社内でサイトを更新していくとなると、時間と手間がかかってしまいます。

本記事では、Webメディアやブログを運営していくためのサポートとなる記事作成代行サービスを紹介します。

記事作成代行のメリットやデメリット、料金相場などを把握して、あなたに合った記事作成代行を行いましょう!

記事作成代行をざっくり言うと…
  • 記事作成代行はライティング専門型とクラウドソーシング型にわかれる
  • 記事作成代行を使用すれば短期間で大量の記事を掲載できる
  • 実績がある記事作成代行サービスを選ぶのが失敗しないポイント
  • 記事作成代行サービスで社員が強みに集中できる
  • 別の業者に再委託していないかは要注意

記事制作の流れ

記事制作代行_おすすめ_記事制作の流れ

記事の制作を外注するか、内製するにしてもSEO的に効果的な記事制作は以下のような手順で作成していきます。

記事制作の流れ
  1. キーワード選定
  2. コンテンツリサーチを通して、検索ユーザーのニーズを捉える
  3. 検索ユーザー(ペルソナ)を決める
  4. 記事の構成を考える
  5. 仮のタイトル・導入文を決める
  6. 本文を執筆する
  7. タイトルを決定する
  8. 校正し、記事のチェックをする
 検索上位を取るためには、良いコンテンツを作成することが重要です。 

では、良いコンテンツとは一体どんなものなのでしょうか。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドは、WebサイトをGoogleに最適化するための方法がきさいされていました。「コンテンツを最適化する」方法として、以下の7項目が紹介されています。

コンテンツを最適化する方法
  • 興味深く有益なサイトにする
  • 読者が求めているものを把握して提供する
  • ユーザーの信頼を得られるようにサイトを構築する
  • 専門性と権威性を明確にする
  • テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する
  • 気が散る広告を避ける
  • リンクを上手に使う

出典:コンテンツを最適化する(検索エンジン最適化スターターガイド)

上記の項目を満たすためには、記事を制作する人にはコンテンツの内容に関して専門的な知識が必要になっていきます。

そのため、業界に関しての経験・知識が豊富な社内の方に記事を作成してもらいことができれば、SEO的に良い評価を受けることができます。

しかし、社内の方は他の業務が忙しく、コンテンツ制作の時間を十分に確保することが難しいでしょう

また、読者の求めているものを把握するためには事前のリサーチが必要になり、コンテンツ制作の時間を合わせると、膨大な時間・労力が必要になります。

他にも執筆にあたっては、SEO的に効果的な執筆ができことや、基本的な文章の書き方なども必要になり、これまで執筆経験がなかった方には少々難しいでしょう。

社内のリソースだけではコンテンツ制作は難しいといえます。

このような場合に効果的なのが、記事の制作を外注する「記事制作代行」の利用です。

記事作成代行の種類

記事作成代行_おすすめ_記事作成代行の種類

Webメディアやブログを運営しようとしたとき、一度は記事作成代行を考えた方も多いと思います。

また、実際に自社で運営してみて、

「記事を充実させたいけど手が回らない」

「社内でライターを育成するには時間がかかりすぎる」

などの問題点が見つかった方もいるのではないでしょうか。

そんな時に役立つサービスが記事作成代行です。

しかし、記事作成代行には大きく2種類のサービスが存在することをご存知ですか?

まずは、記事作成代行の種類について確認していきましょう。

ライティング専門型

記事作成代行_おすすめ_ライティング専門型

ライティング専門型はこんな人におすすめ
  • 記事作成の全ての業務を代行してほしい
  • 記事作成の先の最終的な結果を求めている

記事作成代行の基本的なサービス形態として、ライティング専門型が存在します。

ライティング専門型は、記事作成に関わる業務をまとめて依頼することが可能です。

また、ライティング専門型では、最終的な結果を求めることができます。

そもそも、記事作成代行を行うのは、手間をかけずに結果を出したいからですよね。

  • 検索順位を上げてPV数を増やしたい
  • サイトのCV率をアップさせたい

といった結果を求めているからこそ、記事作成代行を行います。

ライティング専門型は、最終的な結果を上げるノウハウを多く持っていることが多いです。

記事作成代行の先の結果を求めるのであれば、ライティング専門型がおすすめでしょう。

クラウドソーシング型

記事作成代行_おすすめ_クラウドソーシング型

クラウドソーシング型はこんな人におすすめ
  • 記事制作だけを依頼したい方
  • 社内にマーケティングやコーチングスキルを持った人材がいる方

記事作成代行には、もう一つのサービス形態が存在します。

それが、クラウドソーシング型です。

クラウドソーシング型は、一般的に記事制作のみを代行します。

ライティング専門型は、コンテンツの設計やキーワード選定などを含む記事作成全体の業務を代行するものでした。

一方、クラウドソーシング型は、記事制作という業務だけを代行します。

コンテンツ設計やキーワード選定などは自社で行うことがほとんどです。

よって、社内で優秀なマーケターやディレクターを確保し、制作だけを依頼するという形になります。

また、人材育成やコーチングといった側面も必要になるでしょう。

クラウドソーシング型は、ライターと直接やり取りをし、改善を繰り返していく作業が必要になります。

クラウドソーシング型を利用する場合は、マーケティングやコーチングのスキルを持った人材を確保することが得策です。

記事作成代行にかかる料金

記事作成代行_おすすめ_記事作成代行にかかる料金

記事作成代行の種類を見てきました。

記事作成全般の業務を代行できるのがライティング専門型です。

記事制作だけを代行するのがクラウドソーシング型になります。

それぞれの記事作成代行にかかる料金はいくらなのでしょうか?

ライティング専門型の相場

記事作成代行_おすすめ_ライティング専門型の相場

ライティング専門型の相場は依頼する業務によって異なります。

編集や運用をお任せする場合やライティングだけを依頼する場合で大きく変わるでしょう。

しかし、クラウドソーシング型よりは料金が高くなります。

理由としては、運用代とコミュニケーションコストです。

運用を丸投げすれば、その分料金は上がります。

また、クラウドソーシングではライターとのコミュニケーションが必要です。

例えば、ライティングの業務を外注すると、記事執筆のルールや、校正といったコミュニケーションコストがかかってしまいます。

しかし、ライティング専門型では、コミュニケーションを業者内で行ってくれます。

記事代行においては、コミュニケーションコストが費用を高めている理由です。

クラウドソーシング型の相場

記事作成代行_おすすめ_クラウドソーシング型の相場

クラウドソーシング型の相場は、文字単価で決まります。

クラウドソーシング型の料金はライティングの難易度と、ライターの能力によって決まることがほとんどです。

簡単なライティングや実績のないライターであれば、0.1円~1円ほどになります。

また、専門知識を要するライティングの場合は、2円前後です。

求めているボリュームやクオリティによって予算内で収まるライターに依頼すると良いでしょう。

記事作成代行のメリット

記事作成代行_おすすめ_記事作成代行のメリット

記事作成代行を依頼するのであれば、多くのメリットがほしいものです。

実際に、記事作成代行を行うことで得られるメリットはいくつか存在します。

記事作成代行を行うことで得られるメリットを確認していきましょう。

記事のクオリティを維持できる

記事作成代行_おすすめ_記事のクオリティを維持できる

記事作成代行のメリットとして、記事のクオリティを維持できることが挙げられます。

社内で記事を作成する場合は、記事作成の経験がない社員が記事作成を行う場合もあるでしょう。

しかし、これではクオリティを維持し続けるのは難しいと思います。

記事作成代行を使用すれば、今まで記事を書いてきたプロのライターやディレクターが管理してくれます。

よって、ある程度以上のクオリティを維持できるでしょう。

もちろん、全ての業者が高クオリティとは限りません。

本当にクオリティのある記事を作成し続けてくれるかを確認する必要があります。

安定したペースで投稿できる

記事作成代行_おすすめ_安定したペースで投稿できる

社内で記事を作成する場合、安定して記事を投稿できるとは限りません。

他の作業や業務に時間を取られ、記事更新ができないことは、しばしば起こってしまいます。

安定したペースで記事を投稿したい場合は、記事作成代行を使用すると良いでしょう。

記事作成代行サービスは、月にどのくらいの記事を投稿したいかに合わせてスケジューリングを行ってくれます。

他の業務で記事を投稿できないという問題は解決することが可能です。

記事作成代行業者によっては、月に作成できる記事が限られている場合もありますので、あらかじめ確認しましょう。

短期間に大量の記事をアップできる

記事作成代行_おすすめ_短期間で大量の記事をアップできる

立ち上げたばかりのWebメディアやブログでは、初速が重要な場合があります。

一時的に大量の記事をアップすることで、メディアのブランディングや上位表示にも影響を与えるでしょう。

しかし、社内で大量の記事を一度にアップするのは現実的ではありません。

Webメディアにフルコミットできれば問題ないのですが、他の業務の手を抜くことはできないでしょう。

もし、短期間に大量の記事をアップしたい場合は、記事作成代行がおすすめです。

記事作成代行を使用することにより、一気にWebメディアやブログを充実させることが可能になります。

記事作成代行のデメリット

記事作成代行_おすすめ_記事作成代行のデメリット

記事作成代行には多くのメリットがあることを確認しました。

記事のクオリティが担保されていたり、安定したペースで投稿できることです。

しかし、記事作成代行にはデメリットも存在します。

依頼してから気づく前に、記事作成代行のデメリットを確認していきましょう。

ライターとの相性が合わない場合がある

記事作成代行_おすすめ_ライターとの相性が合わない場合がある

記事を作成してくれるライターやディレクターは様々です。

各ライターに得意分野と不得意分野が存在します。

こちらがイメージしていたメディアのカラーに合った内容を書いてくれるかは、依頼してみないとわかりません。

また、クラウドソーシング型で依頼する場合は、ライターとのやりとりが必要になります。

いくら仕事とはいえ、お互い人間です。

やりとりにストレスがないか、コミュニケーションがとりやすいかには、個人差があります。

場合によっては、自社のカラーや担当者と合わない場合もありますので注意しましょう。

コストがかかる

記事作成代行_おすすめ_コストがかかる

記事作成代行のデメリットとして、コストがかかることが挙げられます。

もちろん代行サービスですので、依頼料がかかってしまうでしょう。

依頼する内容やボリュームによって料金は変わってきます。

一般的には、クラウドソーシング型よりもライティング専門型の方が料金がかかることが多いです。

ライティング専門型は、ディレクションやコンテンツ設計なども行ってくれるので、費用がかかります。

クラウドソーシング型の場合の方が、金銭的な費用を抑えることができるでしょう。

しかし、 クラウドソーシング型では、コミュニケーションコストが発生します。

フリーのライターに対し、業務の依頼や細かい修正などを伝えなければいけません。

ある程度の金銭的なコストとコミュニケーションコストは、事前に確認しましょう。

記事作成代行サービスの選び方

記事作成代行_おすすめ_記事作成代行サービスの選び方

自社でもWebメディアやブログを持てるようになり、記事作成代行サービスが誕生しました。

最近では、多くの記事作成代行サービスが存在します。

その中から、自社に合った記事作成代行サービスを選ばなければいけません。

失敗しないために、記事作成代行サービスの選び方を確認していきましょう。

ライティング専門型かクラウドソーシング型か

記事作成代行_おすすめ_ライティング専門型かクラウドソーシング型か

記事作成代行には、ライティング専門型とクラウドソーシング型が存在します。

どちらを選択するかは、目的や何を重視しているかによって変わるでしょう。

ライティング専門型を選ぶ方は、

  • コミュニケーションコストを抑えたい
  • 高クオリティの記事を作成してほしい
  • 手直しなしで記事を作成したい

一方、クラウドソーシング型を選ぶ方は、

  • とにかく大量の文章を短期間で作成してほしい
  • コストを抑えたい
  • 社内にWebメディアに強いマーケターがいる

といった方が多いようです。

ライティングを依頼する際は、目的を明確にし、重視するポイントに沿った業者に依頼すると良いでしょう。

実績があるか

記事作成代行_おすすめ_実績があるか

記事作成代行を選ぶときのポイントとして、実績があるかどうかは重要です。

どのようなジャンルであっても、事前に制作実績を確認しましょう。

そもそも実績があるのかどうかは重要です。

特にクラウドソーシングの場合は、バイト感覚でライティングを行っている方も増えています。

これ自体が悪いことではないのですが、責任感やスキルがないライターも多いのが事実です。

また、高い専門知識を有しているライターでも、自社のカラーに合っていない場合もあります。

事前に実績を確認し、自分が求める記事を作成できる相手かどうかを見極めましょう。

SEOなどのスキルを持っているか

記事作成代行_おすすめ_SEOなどのスキルを持っているか

記事作成代行を選ぶ際は、相手がSEOなどのスキルを持っているかも重要です。

Webメディアやブログを運用する場合、検索エンジンの上位表示を狙う必要があります。

そうすることで、多くの顧客に記事を見てもらえるからです。

しかし、SEOの知識がない人が作成した記事は、上位表示されづらくなってしまいます。

ライティング専門型の場合は、業者のHPや実績などでSEO対策として何を行っているかが確認できるでしょう。

クラウドソーシング型の場合は、実績や実務経験、コミュニケーションなどを通して確認が必要です。

ジャンルに対する専門知識だけでなく、Webライターとしてのスキルや実績も確認しましょう。

得意分野が合っているか

記事作成代行_おすすめ_得意分野があっているか

記事作成代行を選ぶ際は、得意分野が合っているかどうかも挙げられます。

記事の内容が専門的な内容の場合は、執筆する人にも専門知識がなければ、説得力のない記事になってしまうのです。

読者にとって説得力のある記事の方が、長期的にみても喜ばれるでしょう。

よって、自社のニーズに対し、ライターの得意分野がマッチしている方が、良い記事を作成できます。

専門知識は必須ではありませんが、事前にどのレベルの記事の作成が可能かは調べておきましょう。

料金設定が明確か

記事作成代行_おすすめ_料金設定が明確か

記事作成代行を選ぶ際は、料金設定が明確かどうかにも注意しましょう。

とにかく安ければいいと適当に選んでしまうのは危険です。

このような選択方法では、良質な記事は納品されません。

また、ライティング専門型では、料金設定が高くても、ライターへの支払いが少ない場合もあります。

ライターへの支払いが少ない場合は、料金に見合ったクオリティではない記事が納品される可能性が高いです。

予算内で済ませるのも重要ですが、良質な記事を作成してほしい場合は、料金設定をしっかりと確認しましょう。

記事作成代行おすすめ10選

記事作成代行_おすすめ_記事作成代行おすすめ

記事作成代行を選ぶ際は、相手のスキルや料金設定、得意分野などを事前に調べることが重要でした。

また、ライティング専門型なのかクラウドソーシング型なのかの判断も重要です。

ここでは、実際に記事作成代行を行っているサービスを10選紹介します。

記事作成代行ドットコム

記事作成代行_おすすめ_記事作成代行ドットコム出典:記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムの特徴
  • 実力のあるライターのみが在籍
  • 納期厳守率98.24%
  • SEOを配慮した施策提案が可能

記事作成代行ドットコムは、ライティング専門型の記事作成代行サービスです。

希望を伝えれば、希望に沿ったライターを紹介してくれます。

料金・コース

コース 料金
おまかせコース 1文字1円
こだわりコース 1文字3円~

 

こんな人におすすめ
  • 細かい指示などナシで一定のクオリティの記事が欲しい
  • 専門性の高い記事をお願いしたい
  • リーズナブルな価格で記事作成代行を行いたい

記事作成センター

記事作成代行_おすすめ_記事作成センター出典:記事作成センター

記事作成センターの特徴
  • しっかりとした管理体制
  • 案件ごとに組織で対応可能
  • 月間で200万文字を生産できる

記事作成センターは、ライティング専門型の記事作成代行サービスです。

ライターの質だけでなく、ディレクターによる管理体制により、安定して高品質な記事を作成することができます。

料金・コース

コース 料金
基本プラン 1文字2円~
おまかせプラン 1文字3円~

 

こんな人におすすめ
  • 品質の高い記事を作成してほしい
  • 記事の納品や管理を任せたい
  • 執筆だけでなくキーワード選定やワードプレス入稿も頼みたい

サムライト

記事作成代行_おすすめ_サムライト出典:サムライト

サムライトの特徴
  • 多方面のマーケティング支援が可能
  • 戦略設計からお願いできる
  • 多数のメディア立ち上げ実績を持っている

サムライトは、ライティング専門型の記事作成代行サービスです。

記事作成代行だけではなく、多方面のマーケティング支援や、戦略設計などの支援も行ってくれます。

料金・コース

初期費用2,000,000円+月額500,000円(オウンドメディア新規立ち上げプラン)

こんな人におすすめ
  • サイトの新規立ち上げから依頼したい
  • 記事作成以外のマーケティングも支援してほしい
  • 費用よりも結果を重要視している

サグーワークス

記事作成代行_おすすめ_サグーワークス出典:サグーワークス

サグーワークスの特徴
  • ライターのランクを選べる
  • 独自開発のチェックシステムを使用
  • 多くの実績を持っている

サグーワークスは、ライティング専門型の記事作成代行サービスです。

発注実績数3,800社、総ライター数291,204人を誇る、国内最大級の記事作成代行サービスになります。

料金・コース

コース 料金
オンライン発注プラン 1文字0.75円~3円
オーダーメイドプラン 1文字1.2円~4.5円

 

こんな人におすすめ
  • 実績のある業者に依頼したい
  • コストを抑えたい
  • ライターの水準を選びたい

コンテンツウォーカー

記事作成代行_おすすめ_コンテンツウォーカー出典:コンテンツウォーカー

コンテンツウォーカーの特徴
  • 基準をクリアしたライターのみ
  • 細かい作成指示にも対応可能
  • 専用ツールでWチェックを実施

コンテンツウォーカーは、ライティング専門型の記事作成代行サービスです。

一定の基準をクリアしたライターのみが作成するので、初心者がいきなり執筆することはありません。

料金・コース

コース 料金
バックリンクコース 1文字0.9円
通常コース 1文字1円
こだわりコース 1文字1.15円
プレミアムコース 1文字2円

 

こんな人におすすめ
  • 一定上のクオリティがほしい
  • 安価で大量の記事を作成したい
  • 細かい指示書などを作成したくない

エディトル

記事作成代行_おすすめ_エディトル出典:エディトル

エディトルの特徴
  • オンライン編集チーム構築サービス
  • オウンドメディアの丸投げが可能
  • 合格率1%を突破した優秀な人材が優先的に登録

エディトルは、ライティング専門型の記事作成代行サービスです。

サグーワークスの中から合格率1%の独自テストに合格した人材が優先的に登録されています。

料金・コース

初期費用300,000円+月額60,000円+記事費用(企業ごとに見積もり)

こんな人におすすめ
  • 即戦力のオウンドメディアチームを作成したい
  • メディアの運用を丸投げしたい
  • コストパフォーマンスにこだわりたい

Shinobiライティング

記事作成代行_おすすめ_Shinobiライティング出典:Shinobiライティング

Shinobiライティング
  • 記事制作に特化したサービス
  • 圧倒的なスピードで制作が可能
  • 業界ナンバーワンのシェア率

Shinobiライティングは、クラウドソーシング型の記事作成代行サービスです。

納品スピード業界最速を誇り、記事発注シェア業界ナンバーワンでもあります。

100記事なら最短3日で納品してくれるほどのスピード感です。

料金・コース

1文字1円

こんな人におすすめ
  • とにかくスピーディーに記事を作成してほしい
  • あらゆるジャンルに対応してほしい
  • 個人のアフィリエイターで発注したい

Lancers

記事作成代行_おすすめ_Lancers出典:Lancers

Lancersの特徴
  • 顧客満足度No1のクラウドソーシングサービス
  • 様々な形式で依頼が可能
  • ライターとのやりとりしなくても発注できる

Lancersは、クラウドソーシング型の記事作成代行サービスです。

国内最大級のクラウドソーシングサービスで、記事作成以外にも様々な仕事を発注することができます。

料金・コース

発注内容やライターによる

こんな人におすすめ
  • 記事作成だけを依頼したい
  • 費用を抑えたい
  • ライターに適切な指示ができる

クラウドワークス

記事作成代行_おすすめ_クラウドワークス出典:クラウドワークス

クラウドワークス
  • ユーザー300万人から選べる
  • 登録費や手数料がない
  • 低単価での発注が可能

クラウドワークスは、クラウドソーシング型の記事作成代行サービスです。

Lancersと並ぶ国内最大級のクラウドソーシングサービスになります。

料金・コース

発注内容やライターによる

こんな人におすすめ
  • 費用を抑えたい
  • ライターを選ぶ自信がある

Bizseek

記事作成代行_おすすめ_Bizseek出典:Bizseek

Bizseekの特徴
  • システム手数料業界最安
  • 記事作成以外の仕事も発注できる
  • 一般的なクラウドソーシングにはない業務も扱っている

Bizseekは、クラウドソーシング型の記事作成代行サービスです。

システム開発やウェブデザインなど、記事作成代行以外の発注も可能なサービスになっています。

料金・コース

発注内容やライターによる

こんな人におすすめ
  • とにかく費用を抑えたい
  • 記事作成以外も依頼したい
  • 手数料を抑えたい

記事作成代行の費用を抑えるコツ

記事作成代行_おすすめ_記事作成代行の費用を抑えるコツ

記事作成代行を依頼するのであれば、できるだけ費用は抑えたいですよね。

しかし、事前準備をせずに代行を依頼してしまうと、思った以上に費用が発生してしまいます。

記事作成代行の費用を抑えるコツを確認し、コスパの良い記事作成を行いましょう。

記事作成ポイントを明確にする

記事作成代行_おすすめ_記事作成ポイントを明確にする

記事作成代行の費用を抑えるポイントとしては、記事作成ポイントを明確にすることが挙げられるでしょう。

記事作成代行は、依頼する内容が増えるごとに費用も増えていきます。

例えば、

  • 記事作成からメディア運用まで
  • コンテンツ設計からメディア運用まで

では、後者の方が費用がかかるでしょう。

あらかじめ、コンテンツ設計やキーワード選定など、社内でできることを行っておくと、費用を抑えることが可能になります。

記事のボリュームを抑える

記事作成代行_おすすめ_記事のボリュームを抑える

記事作成代行の費用を抑えるコツとして、記事のボリュームを抑えることも必要です。

記事作成代行は、依頼する内容と同様に、記事の文字数が多い方が費用も高くなります。

もちろん、費用を抑えるために極端に文字数を減らしてしまうと、記事としての効果が落ちてしまうでしょう。

記事のボリュームを抑える時に重要なのが、ジャンルや内容に沿った記事ボリュームにすることです。

記事の文字数は、多ければいいというわけではありません。

記事のジャンルや内容に沿った文字数が存在します。

とりあえず文字数が多ければ良いと考えてしまうと、余計な費用が発生してしまう可能性があるのです。

あらかじめ依頼したい記事ジャンルの平均的な文字数を調べ、最適な記事ボリュームを目指しましょう。

クラウドソーシングを上手く利用する

記事作成代行_おすすめ_クラウドソーシングを上手く利用する

記事作成代行の費用を抑えるコツとして、クラウドソーシングを上手く利用する方法も挙げられるでしょう。

ライティング専門型の業者に依頼すると、一定の基準をクリアしたライターが記事作成を代行してくれます。

しかし、ライターの質が担保されている分、費用は高くなってしまうでしょう。

クラウドソーシングを上手く利用すれば、費用を抑えることができます。

クラウドソーシングは、フリーランスや副業としてライター登録している方が多いです。

その中には、駆け出しの方や、始めたばかりの学生などもいるでしょう。

ただ、登録のための基準などはないサービスがほとんどなので、単価は低くなります。

クラウドソーシングの中から、スキルを持ったライターを選び、会社側で管理すれば費用を抑えることが可能です。

自社に合った記事作成代行の方法を考えよう

記事作成代行_おすすめ_自社に合った記事作成代行の方法を考えよう

自社でWebメディアやブログを運用する場合は、その先の結果が求められます。

効果を求める点でも、記事作成代行はひとつの手段になるでしょう。

しかし、目的や優先順位がないまま発注しても効果はなかなかでません。

自社に合っていない業者に発注し続けても、コストがかかる一方です。

Webメディアを立ち上げ、効果的に運用するためにも、自社に合った記事作成代行を選ぶべきでしょう。

発注先のサービス形態が自社に合っているかは、事前に確認が必要です。

社内にマーケターやメディア運用チームがいるのであれば、発注は必要ないかもしれません。

自社のリソースと目的を把握したうえで、最適な記事作成代行の方法を探していきましょう。5