役員インセンティブ導入の手引書改定(経産省)

執筆: 『人事労務の基礎知識』編集部

霞がかる山、または高い目標

改正法人税法が2017年10月1日から施行され、特定譲渡制限付株式等の扱いが変わりました。
 

それをうけ経済産業省は、同年4月に発行した『「攻めの経営」を促す役員報酬-企業の持続的成長のためのインセンティブプラン導入の手引-』の内容を改定し公開しています。
 

「手引」の概要と、改定されたポイント

(1)「攻めの経営」を促す役員報酬の概要

役員にインセンティブ報酬の導入を促進する政策的意義や、平成29年度税制改正における措置の概要等を説明しています。
 

(2)株式報酬、業績連動報酬に関するQ&A

平成29年度改正税法を踏まえて、株式報酬、業績連動報酬の導入を検討している企業の参考となるよう、類型ごとに税制改正のポイント等を解説しています。今回、改正税法が10月1日に施行となる特定譲渡制限付株式等の部分の記載内容や、改正法施行以降に明確になった解釈についてQ&Aを更新しています。
 

(3)株主総会報酬議案(例)

株式報酬を付与する際に必要となる株主総会に付議する報酬議案について、一例を示しています。今回、特定譲渡制限付株式に関する株主総会報酬議案(例)、及び、事後交付型の株式報酬の株主総会報酬議案(例)を追加しました。
※特定譲渡制限付株式に関する株主総会報酬議案(例)は、平成28年度改正時に作成した手引に掲載されていたものを更新しました。
 

(4)譲渡制限付株式割当契約書(例)

「特定譲渡制限付株式」を付与する際に会社と役員の間で締結する契約書について、一例を示しています。
※平成28年度改正時に作成した手引に掲載されていたものを更新しました。
 

(5)株式報酬規程(例)

今回新たに、事後交付型の株式報酬制度を導入する際に会社が定める株式報酬規程について、一例を示しています。
 

(6)関係法令

今回、平成29年度改正後の法人税法、所得税法や、金融商品取引法の関連条文(法律、政令、省令、府令)を掲載しています。

出典

経済産業省:「攻めの経営」を促す役員報酬~企業の持続的成長のためのインセンティブプラン導入の手引~(平成29年9月時点版)
 

Profile

『人事労務の基礎知識』編集部
『人事労務の基礎知識』編集部
株式会社BEC内で、Gozal(ゴザル)の編集制作を担当する部門です。社会保険労務士/弁護士/税理士などの専門家執筆陣とともに、中小企業の労務・給与計算担当の方が実務上感じる不安を払拭できるよう、情報発信しています。「こんな記事を読みたい!」とTwitterやFacebookでメッセージいただければ、可能な限り執筆いたします。