内定辞退は内定誓約書で防ぐことはできるのか?内定誓約書の効力とは?

執筆: 『人事労務の基礎知識』編集部

 

人事担当者の大きな悩みの一つが「内定辞退」です。内定辞退とは、採用内定の通知を行った相手が、入社直前になって、内定の辞退を申し出てくることです。人員計画や備品等の購入計画が狂ってしまうことや、優秀な人材が他社に流れてしまうのは痛いところです。

内定誓約書があっても法的拘束力はない

内定通知を行うタイミングで、入社の意思確認を行う意味で、内定誓約書を提出させる会社もあるでしょう。この内定誓約書には「内定誓約書を提出後には、正当な理由なくまた無断で入社を拒否しません」などのような誓約を行ってもらうことが一般的です。しかし内定誓約書を提出した場合でも、憲法で保障された「職業選択の自由」がありますので、内定辞退も大社への就職も当然に可能といえます。内定誓約書は社会人としての意識を芽生えさせる、心理的な効果を目的としてものだということです。

内定辞退を防ぐ唯一絶対的な方法はない

内定を辞退するということは、他社の方が魅力的な会社であると判断されていることがもっとも大きな理由であり、その事実を度外視して内定辞退を防ぐような方法はありません。一筆サインしてもらえばそれで問題ないという話はありえません。

内定辞退の確率を下げるためにできる地道な施策

内定辞退を下げるために、できることとしてよく言われているのは内定者同士のコミュニケーションができる場を作ってあげることです。内定者同士が仲良くなることも重要です。また内定者と会社がコミュニケーションを行うことも大切です。しっかりと会社の帰属意識を感じられる対応をきめ細かく行っていきましょう。

内定誓約書の雛形サンプル

スクリーンショット 2016-08-04 15.47.26

内定誓約書の雛形を下記リンクよりご利用いただけます。自由にお使いください。
内定誓約書雛形サンプル

Profile

『人事労務の基礎知識』編集部
『人事労務の基礎知識』編集部
株式会社BEC内で、Gozal(ゴザル)の編集制作を担当する部門です。社会保険労務士/弁護士/税理士などの専門家執筆陣とともに、中小企業の労務・給与計算担当の方が実務上感じる不安を払拭できるよう、情報発信しています。「こんな記事を読みたい!」とTwitterやFacebookでメッセージいただければ、可能な限り執筆いたします。