【2022年5月】無料の電子契約システムおすすめ5選!無料で簡単に使えるサービスをご紹介

執筆: SaaS辞典 編集部 |

電子契約システム 無料
電子契約システムってなに?
契約業務をもっと効率化したい!

テレワークが進む現在、契約もオンライン上で行えると便利ですよね。

電子契約システムを導入することで、 オンライン上での契約業務がとてもスムーズになるんです! 

しかし、無料の電子契約システムは多くの提供業者が提供しているので、どれが自社に合っているのかわかりませんよね。

この記事では、 おすすめの無料電子契約システムについて詳しく解説しています。 

是非最後までお読みください。

「無料の電子契約システム」をざっくり言うと……
  • 電子契約システムは契約をオンライン上で行えるシステム!
  • おすすめ無料電子契約システムは クラウドサイン 
  • 無料電子契約システムを選ぶときはセキュリティ性能についても重視しよう!
  • 電子契約書発行の際に確認すべきe文書法とは?
  • 無料電子契約システムのデメリットは契約数や機能に制限がある?

電子契約システムとは?

電子契約システム無料_電子契約システムとは

そもそも、電子契約システムってなに?

電子契約システムシステムとは、 契約業務をオンライン上でも完結させられるようになるシステムです! 

電子契約システムの導入によって、PDFなどで送られてきた電子契約書に電子署名や押印ができるようになります。

つまり、紙の契約書のように担当者が対面して署名する必要がなくなり、業務の効率改善の効果も見込めるんです。

電子契約システムは、働き方改革やテレワークによって変わりつつある現代の日本にとって適したシステムであると言えるでしょう。

おすすめの無料電子契約システム5選の比較表

電子契約システム無料_おすすめの無料電子契約システム5選比較表

無料で使える電子契約システムの比較表が欲しい!

以下の表が、本記事で紹介するおすすめの無料電子契約システムの比較表です。

無料電子契約システムかんたん比較表

システム名 原本管理機能 テンプレート機能 システム連携機能 料金(有料プラン)
クラウドサイン API 10,000~(税抜)
電子印鑑GMOサイン 8,800~(税抜)
BtoBプラットフォーム契約書 API 10,000~(税抜)
ジンジャーサイン API 8,700~(税抜)
FASTSIGN 10,000~(税抜)
 ※記載されている有料プランの料金は月額料金になります 

おすすめの無料電子契約システム比較5選

電子契約システム無料_おすすめの無料電子契約システム比較5選

おすすめの無料電子契約システムについて詳しく教えて!

無料のおすすめの電子契約システムは以下の5つになります。

本記事を参考に自社に合った無料電子契約システムを見つけていただけると幸いです。

クラウドサイン

電子契約システム無料_おすすめの無料電子契約システム比較5選_クラウドサイン

出典:クラウドサイン

クラウドサインは業界No.1のシェアを誇る電子契約システムです。

運営者は弁護士ドットコムであり、 法令関係の対応もバッチリな点が魅力的ですよね。 

また、クラウドサインで締結された契約書はそのまま原本となります。

契約のたびにプリントアウトし、保管する必要がないため管理業務の簡略化も可能です。

クラウドサインの主な機能
  • 自社の契約書をテンプレート化し、必要な時に呼び出し可能
  • 締結した契約書データをPDF化しクラウド上で保管、一元管理可能
  • アップロードしたPDFを編集し、帳票作成可能
  • 契約署名や会社名だけでなく、契約期間や金額でも契約書を検索可能
  • 契約書の現状ステータスをリアルタイムで確認可能
  • 更新や解約の期限を登録することでアラート設定が可能
  • 相手先に対しボタン一つでリマインドも設定可能
  • 設定したテンプレートにCSVデータを流し込むことで一括書類作成、送信も可能
  • 送信フローに承認者をかならず組み込む設定が可能
  • メンバーごとの契約業務権限の設定が可能
  • 承認されていないIPアドレスからのアクセスを制限可能
  • 複数部署での利用でもアクセスコントロールが可能
  • 法務など管理部門は他部門の契約データを閲覧可能
  • セキュリティ強化のための二要素認証が可能
  • SSO機能によりIDやパスワードを一括管理可能
  • API連携によるさらなる効率化も可能
  • 相手先に送信した書類を権限者に転送可能
  • AIによる書類の自動入力も可能
 ※契約するプランによっては利用できない機能もあります   ※無料プランでは1ヶ月に5件までの電子契約が締結可能です 

電子印鑑GMOサイン

電子契約システム無料_おすすめの無料電子契約システム比較5選_電子印鑑GMOサイン

出典:電子印鑑GMOサイン

電子印鑑GMOサインは無料プランでも期間制限なく使える点が魅力的な電子契約システムです。

加えて特徴的なのが 無料プランでもタイムスタンプを利用することができ、契約が行われた日時を簡単に確認することができます。 

また、セキュリティ面では、本人確認を行うためのアクセスコード認証を行う機能を搭載しているので安心です。

電子印鑑GMOサインの主な機能
  • 複数の方法による本人確認が可能
  • 手書きサインが可能
  • 多言語での契約書作成が可能
  • 3者間以上での契約も可能
  • 紙の契約書のような印影登録が可能
  • 完全オンラインでの契約業務が可能
  • 長期署名、認定タイムスタンプ機能が利用可能
  • 画像の添付も可能
  • スマホアプリやリアルタイムでの契約ステータス管理が可能
  • ワークフローの管理、固定化も可能
  • その他リマインド機能を搭載
 ※契約するプランによっては利用できない機能もあります   ※無料プランでは1ヶ月に5件までの契約印タイプでの電子契約が締結可能です 

BtoBプラットフォーム契約書

電子契約システム無料_おすすめの無料電子契約システム比較5選_BtoBプラットフォーム契約書

出典:BtoBプラットフォーム契約書

BtoBプラットフォーム契約書は無料プランでもアカウント制限がないことが魅力的な電子契約システムです。

また、 データの改ざんに耐性に強いブロックチェーン方式を導入することで高いセキュリティ性を確保しています。 

BtoBプラットフォーム契約書の主な機能
  • 電子契約書の発行が可能
  • クラウド上での契約書の締結が可能
  • 期限を設定することでアラートをかけることが可能
  • 自社の印影を保存し、契約書に押印することが可能
  • 契約書の受領側企業は、契約書を差し戻すことが可能
  • 契約書を管理し、契約書の関連データから検索することも可能
  • メンバー1人単位での権限管理が可能
  • 質問機能により取引先とのやり取りが可能
  • 電子署名が不要な契約書の発行も可能
  • API連携によりさらなる業務効率の改善が可能
 ※契約するプランによっては利用できない機能もあります   ※無料プランでは毎月5件までのタイムスタンプに対応した電子契約を締結可能です 

ジンジャーサイン

電子契約システム無料_おすすめの無料電子契約システム比較5選_ジンジャーサイン

出典:ジンジャーサイン

ジンジャーサインは株式会社jinjerが提供する電子契約システムです。

同社が提供する他のシステムとの連携がしやすいことも利点の1つになります。

また、多くのオプション機能が契約可能であり、自社に合ったシステムの構築が可能なところも魅力的です。

ジンジャーサインの主な機能
  • 従業員1人ひとりの部署、役職などの属性で権限管理が可能
  • IP制限、二要素認証、二段階認証により万全なセキュリティ対策が可能
  • 画像などのファイル添付が可能
  • 締結済みの契約書を管理可能
  • フォルダの作成、公開が可能
  • 社内ワークフローの可視化により業務の効率改善が可能
  • 書類インポート機能により、書類を簡単に管理
  • 印影登録機能により押印が可能
  • アラート機能によりスムーズな業務遂行が可能
  • SMS、メールでの契約書送信が可能
 ※契約するプランによっては利用できない機能もあります   ※一部機能は未実装です(実装予定) 

FASTSIGN

電子契約システム無料_おすすめの無料電子契約システム比較5選_FASTSIGN

出典:FASTSIGN

FASTSIGNは従量課金制ではなく、定額制で利用可能な電子契約システムです。

Web面接ツール(SOKUMEN)との連携も可能であり、内定者に契約書を送付する際はFASTSIGNを使うとよりスムーズになります。

契約プランによって送信可能な契約書の数は異なりますが、複数枚の契約書を1通カウントとできるのも魅力の1つですよね。

FASTSIGNの主な機能
  • 契約書のテンプレ登録、管理が可能で
  • 電子契約締結機能により、オンラインでの契約が可能
  • 電子契約書にパスワードを設定可能
  • メールやSMSなど形式にとらわれずに契約書を送信可能
  • ユーザビリティ設計により、スマホでの契約書の確認も可能
  • 締結済みの契約書を管理可能
  • Web面接ツール(SOKUMEN)との連携により業務の効率化も可能
  • タイムスタンプ機能、ファイル添付機能、CSV一括送信機能がオプションで利用可能
 ※契約するプランによっては利用できない機能もあります   ※無料プランでは毎月10件までの電子契約を発行可能です 

無料電子契約システムを選ぶときのポイント

電子契約システム無料_無料電子契約システムを選ぶときのポイント

無料電子契約システムの選び方を教えて!

それでは、無料電子契約システムの選び方について紹介します。

1つずつ紹介するので順番に見ていきましょう。

ポイント①:誰でも使いやすいか

電子契約システム無料_無料電子契約システムを選ぶときのポイント_ポイント①:誰でも使いやすいか

まずは誰でも使えるような、わかりやすい無料電子契約システムを導入することを考えましょう。

機能や価格などで自社とマッチしていても、実際に業務を行う従業員にとって使いにくいと本末転倒ですよね。

実際にわかりやすいシステムのほうが、 難解で扱いにくいシステムよりも業務上でのミスを減らすことに役立ちます。 

実際にシステムを扱う従業員の側に立った目線で、導入する無料電子契約システムを選びましょう。

ポイント②:自社のニーズに合っているか

電子契約システム無料_無料電子契約システムを選ぶときのポイント_ポイント②:自社のニーズに合っているか

導入予定の無料電子契約システム自社のニーズは本当に合っているのかを確認しましょう。

例えば、締結済みの契約書をクラウドで管理したい場合は、契約書のクラウド管理機能を持つ電子契約システムの導入が必要になります。

特に無料の電子契約システムを利用する場合は、有料プランのものと比べて機能が制限されている場合が多いです。

実際に電子契約システムを導入する前には、本 当に自社のニーズとシステム構成が合っているのかを確認しましょう。 

ポイント③:セキュリティ性能は高いか

電子契約システム無料_無料電子契約システムを選ぶときのポイント_ポイント③:セキュリティ性能は高いか

無料電子契約システムを選ぶポイントで、セキュリティ性能は重要な項目でありながらも、実は見落とされがちなポイントです。

もし、セキュリティ対策が全くされていない電子契約システムを導入してしまうと、サイバー犯罪の被害を受けてしまう可能性が上がるでしょう。

サイバー犯罪の被害を受けてしまうと、 自社だけでなく取引先も同様に危険にさらされてしまいます。 

お互いの安全性の確保のためにも、できるだけセキュリティ性能の高い電子契約システムの導入を検討しましょう。

ポイント④:既存システムとの連携性能はどうか

電子契約システム無料_無料電子契約システムを選ぶときのポイント_ポイント④:既存システムとの連携性能はどうか

無料電子契約システムを選ぶポイントとして、既存システムとの連携性能もまた重要です。

例えば顧客管理のためのシステムがある場合は、電子契約システムと連携できることで契約書作成の際の手間をある程度省くことができます。

また電子契約システムと会計システムを連携すれば、契約書のデータから経理情報を作成することも可能になるんです。

より業務を効率化するためにも、 連携性能の高い無料電子契約システムを導入しましょう。 

ポイント⑤:ワークフロー機能の有無はどうか

電子契約システム無料_無料電子契約システムを選ぶときのポイント_ポイント⑤:ワークフロー機能の有無はどうか

無料電子契約システムを選ぶポイントとして、ワークフロー機能の有無も挙げられます。

ワークフロー機能によって、誰でもその契約案件のワークフローがどうなっているのかを一瞬で理解できるでしょう。

また、 どこでどのように業務が行われているのかの状況判断にも役立つため、万一のトラブルが起きた場合でも対処への行動に移りやすいです。 

ワークフロー機能を備えた無料電子契約システムの導入で、より業務を効率化しましょう。

ポイント⑥:サポート体制は万全か

電子契約システム無料_無料電子契約システムを選ぶときのポイント_ポイント⑥:サポート体制は万全か

サポート体制が万全な無料電子契約システムを導入することで、万が一のシステムトラブルの際でも安心です。

また、導入の際にもサポートしてくれるため、スムーズな電子契約システムの導入が見込めます。

そして、気軽にサポートが受けられるような環境で気兼ねなく業務を行えることは、従業員の満足度が増すことにも繋がるんです。

安定した職場環境づくりのためにも、 サポート体制が万全な無料電子契約システムの導入を心掛けましょう。 

ポイント⑦:費用は予算内か

電子契約システム無料_無料電子契約システムを選ぶときのポイント_ポイント⑦:費用は予算内か

もし有料プランへ乗り換えることとなった時のために、あらかじめ有料プランの費用についても確認しておきましょう。

せっかく電子契約システムの無料プランに満足できたので、有料プランに乗り換えようとしても予算オーバーではもったいないですよね。

そこで事前に有料プランの費用をチェックしておくことでこのような事態が避けられます。

特に、 システムによっては料金制度が異なり、月額制+従量課金制のものもあったりするので注意が必要です。 

後々に後悔しないために、有料プランでも 予算内の無料電子契約システムを導入しましょう。 

無料プランと有料プランの違い

電子契約システム無料_無料プランと有料プランの違い

無料プランと有料プランではどんな差があるの?

多くの電子契約システム提供業者は、無料プランを有料プランへの販売促進のためのツールであると考えています。

そのため電子契約システムの無料プランは、契約締結に最低限必要な機能のみに制限されているんです。

もちろん個人事業主のような小規模事業者で、かつ、オンラインでの契約の機会が少ない場合は無料プランでも問題なく業務遂行できるでしょう。

ただ、厳重なセキュリティや、各種便利機能を求める場合は有料プランへの移行がおすすめです。

もし、 無料プランを利用してみて今後も快適に利用できそうであると感じたら、有料プランへと乗り換えてみましょう。 

電子契約書の作り方

電子契約システム無料_電子契約書の作り方

電子契約書ってどうやって作るの?

電子契約書は電子契約システムを導入することで簡単に作成可能です。

また、電子契約システムの中には テンプレートの設定や、一括作成機能や代理作成機能などの便利機能を持つものも存在します。 

そしてこのような便利機能は主に有料プランで利用することができます。

もちろん、電子契約システムを導入していなくても電子契約書は作成できますが、e-文書法にならった作成が必要です。

ここで、e-文書法とは民間企業に管理が求められる書類を、電子書類として管理することを容認した法律の通称になります。

また、e-文書法には電子書類として管理するために必要な条件についても定めているんです。

e-文書法について詳しくは以下を参考にしてください。

e文書法が定める電子書類として管理するための条件
  • 見読性:情報が何らかの形で即座に把握できるような状態になっていること
  • 完全性:情報が改ざんされていたり、消失しているような状態でないと証明できること
  • 機密性:情報漏洩が起こらないように運用規則がしっかりと規定されていること
  • 検索性:情報が紙の管理の場合と同様に、即座に見つけられるように管理されていること

もしe文書法の定める条件に不適格な契約書を作成してしまうと、 改めて紙での管理が必要になる場合があります。 

上記のことより、電子契約書の作成には電子契約システムを使った方法がより無難でしょう。

無料の電子契約システム導入のメリット

電子契約システム無料_無料の電子契約システム導入のメリット

無料電子契約システムを導入するメリットを教えて!

無料電子契約システムのメリットは主に以下の4つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:契約締結がスムーズになる

電子契約システム無料_無料の電子契約システム導入のメリット_メリット①:契約締結がスムーズになる

無料電子契約システムの1つ目のメリットは、「 契約締結がスムーズになる 」ことです。

直接会う必要なくオンライン上で契約を締結できるため、スピード感を持って電子契約を締結することができるでしょう。

従来は、契約書を締結させるためには契約書の発送や保管などの、アナログな業務も必要でした。

しかし、電子契約システムの導入によってほとんどのアナログ業務は自動化効率化が可能です。

また、オンライン上で契約を締結できることにより、リモートワークでも何ら変わりない業務遂行ができます。

 リモートワークへの移行を考えているけど、業務遂行が滞ってしまうのではないかと心配な方に無料電子契約システムはおすすめです。 

メリット②:承認フローが効率化する

電子契約システム無料_無料の電子契約システム導入のメリット_メリット②:承認フローが効率化する

無料電子契約システムの2つ目のメリットは、「 承認フローが効率化する 」ことです。

これはワークフロー機能がある場合限定ですが、社内での承認もすべてオンライン上で行えるようになります。

そして、オンライン上で業務が行えることによって、印鑑をもらうためだけにわざわざ出社することがなくなる等、業務上の無駄を省くことも可能です。

また、契約業務がどこまで進んでいるのかの可視化もできるので、 業務フローがよりスムーズになることが期待されます。 

メリット③:コスト削減になる

電子契約システム無料_無料の電子契約システム導入のメリット_メリット③:コスト削減になる

無料電子契約システムの3つ目のメリットは、「 コスト削減になる 」ことです。

しかし、無料電子契約システムを導入することは、どのようにコスト削減へとつながるのでしょうか?

実は従来の契約書の管理については、意外とコストがかかっています。

例えば契約書の管理には、印刷代やインク代、送付代など、こまごまとしたコストが掛かっているんです。

そしてこの契約書の管理コストは、会社が大きくなればなるほど契約業務も増えるため、より増加します。

 無料電子契約システムの導入によって契約書管理のコストを削減しましょう。 

メリット④:リスク対策にもつながる

電子契約システム無料_無料の電子契約システム導入のメリット_メリット④:リスク対策にもつながる

無料電子契約システムの4つ目のメリットは、「 リスク対策にもつながる 」ことです。

電子契約書による契約の締結で、セキュリティ性が向上します。

また、セキュリティ性の向上に加え紛失盗難などのリスクの削減も可能です。

無料電子契約システムの導入で、 より安全でスムーズな契約業務の遂行が期待できるでしょう 

無料の電子契約システム導入のデメリット

電子契約システム無料_無料の電子契約システム導入のデメリット

無料電子契約システムの導入にデメリットはあるの?

無料電子契約システムのデメリットは主に以下の3つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:契約数に制限がある場合がある

電子契約システム無料_無料の電子契約システム導入のデメリット_デメリット①:契約数に制限がある場合がある

無料電子契約システムの1つ目のデメリットは、「 契約数に制限がある場合がある 」ことです。

電子契約システムの無料プランでは毎月の契約件数が5~10件程度に制限されている場合があります。

個人事業主として小規模事業を運営している場合を除き、1ヶ月あたりの契約数が多い企業の場合は使いにくいでしょう。

無料プランで数回試用してみて、機能や使いやすさに満足できれば 有料プランへの乗り換えがおすすめです。 

デメリット②:運用開始までに時間がかかる

電子契約システム無料_無料の電子契約システム導入のデメリット_デメリット②:運用開始までに時間がかかる

無料電子契約システムの1つ目のデメリットは、「 運用開始までに時間がかかる 」ことです。

電子契約システムに限らず社内に何かを導入する場合は、説明会や社内研修などが必要になります。

もちろん導入するシステムや、その規模によって導入にかかる時間は異なりますが1カ月は見積もっておくべきです。

スムーズな導入のためにも、できるだけ サポートの厚い無料電子契約システムを選択するようにしましょう。 

デメリット③:便利機能が使えない場合がある

電子契約システム無料_無料の電子契約システム導入のデメリット_デメリット③:便利機能が使えない場合がある

無料電子契約システムの3つ目のデメリットは、「 便利機能が使えない場合がある 」ことです。

無料プランでは、有料プランの販売促進のためにも機能制限がされている場合もあるんです。

そして、制限されている機能の中には、円滑な業務遂行には欠かせないものが含まれている場合もあります。

 自社が必要としている機能が、導入しようと考えている電子契約システムの無料プランに含まれているのかを事前に確認しましょう。 

無料の電子契約システムのまとめ

電子契約システム無料_無料の電子契約システムのまとめ

本記事では無料の電子契約システムについてや、おすすめの無料電子契約システムについて紹介しました。

 電子契約システムを導入することで、無料プランでもオンライン上で締結できる電子契約書を作成することができるようになります。 

無料プランでは機能や契約書の発行可能数に制限がありますが、問題なく契約業務が遂行できます。

また、有料プランへと乗り換えることで、セキュリティのさらなる強化や、システム導入前とは段違いな効率での契約業務の遂行が可能です。

契約業務をもっとスムーズにさせたい場合や、契約書管理業務をもっと簡単にしたい場合は、電子契約システムの導入をご検討ください。

無料の電子契約システムのまとめ
  • 無料電子契約システムを導入することで、電子契約書を簡単に発行できるようになる!
  • 電子契約システムの導入によって契約業務がよりスムーズに!
  • 導入する電子契約システムを選ぶときは、ワークフロー機能とセキュリティ性を重視しよう!
  • 電子契約システムを導入するときは、社内研修や説明会など事前準備が必要なことに注意
  • 電子契約システムは、無料プランでは様々な制限があることに注意
  • 電子契約システムは、無料プランから有料プランに乗り換えることでさらなる性能を発揮する!

最後までお読みいただきありがとうございました。