【2022年最新】おすすめの人事管理システムをタイプ別にご紹介!選ぶ際のポイントやメリットも!

執筆: cw-saas |

人事管理システム
「人事管理システムを導入したいけど、どれを選んでいいかわからない」
「目的に合ったタイプ別の人事管理システムを知りたい!」

企業内での人事管理業務は、人材情報や評価などの管理を行う大切な業務の一つです。

Excelや紙媒体での業務が主流でしたが、手続きに手間や時間がかかってしまうという問題がありました。

そんな問題を解決してくれるシステムが「人事管理システム」です。

人事管理システムにはさまざまな種類があるので、上記のような悩みを抱えていらっしゃる方も少なくないでしょう。

そこで今回はおすすめの人事管理システムを 目的の違うタイプ別に、費用や操作性も含めて ご紹介します。

また人事管理システムを選ぶ際に大切なポイントもご紹介しますので、最後までぜひご覧ください。

人事管理システムをざっくり言うと……
  • おすすめの人事管理システムは「 freee人事労務 」!
  • 人事管理システムとは、人事に関連する情報の管理を効率化するためのシステム
  • 人事管理システムのメリットは人事業務、情報管理の効率化や人事評価の向上を見込める
  • 人事管理システムは、人事労務型、人事情報管理型、人事評価型の3つに分けられる
  • 人事管理システムを選ぶポイントは、コスト、業務内容、操作性や機能を確認する
  • おすすめの人事管理システムをタイプ別にご紹介
  • 人事管理システムの主な機能は、多国語対応、マイナンバー機能、研修強化などがある
一括資料請求_ボタン

人事管理システムとは

人事管理システム_人事管理システムとは

人事管理システムとは、人事に関連する情報の管理を、効率化するためのシステムです。

具体的には、以下のような情報を管理するのを効率化してくれます。

  • 労務管理
  • 人事情報管理
  • 評価管理

従来の管理業務では紙媒体やExcelの書類を、郵送やメールを利用することが一般的でした。

しかし紙媒体やExcelの場合、書類や情報の回収や配布などの手続きにさまざまな工数が発生し担当者の負担となってしまいます。

人事情報や人事評価などの更新や変更作業も、担当者によって精度にばらつきが出て、大きな手間がかかるでしょう。

少人数の企業や起業してまもない会社であれば、人事管理に大きな負担はかからないかもしれません。

しかし会社の規模が一定基準を超えてくると、人事の担当者だけでなく管理される従業員にも負担となってしまうでしょう。

そんな問題を解決してくれるのが「人事管理システム」です。

人事管理システムは、人事に関係する情報を一括して管理できる機能や、書類や情報の配布や回収にかかる手間を省けることが特徴です。

さまざまな機能が搭載されたERP等の大企業向けのシステムはもちろんのこと、 シンプルで操作性が高く、低価格で運用可能 な中小企業向けのシステムも存在します。

人事管理システムは大きく分けて3つの種類があります。

  • 人事労務型
  • 人事情報管理型
  • 人事評価型

各企業が改善したい目的によって、人事管理システムの種類も変わってくることを覚えておきましょう。

人事管理システムの種類の詳しい内容は後述しますので、参考にして頂けると幸いです。

人事管理システムを導入するメリット

人事管理システム_人事管理システムを導入するメリット

人事管理システムを導入することによって、会社の人事管理業務は大きな効率化を目指せるでしょう。

人事管理業務の流れが円滑になり、人事管理の担当者や従業員にとっても無駄な手間を省いた負担のないフローを作り上げられます。

ここでは人事管理システムを導入するメリットをご紹介します。

人事管理システムを導入するメリット

人事業務の効率化

一つ目にご紹介する人事管理システムを導入するメリットは、人事業務全般の効率化を図れることです。

人事業務の主な業務の中に「入社手続き」があります。

  • 社会保険の加入
  • 雇用保険の締結
  • 労働保険の加入

上記のようなさまざまな手続きが必要です。

紙媒体で入社手続きの業務を行う場合、人事部が書類を作成後、従業員に記入してもらい、記入内容を確認してから役所に提出するという流れが一般的でした。

この場合従業員の記入内容確認の際に、ハンコを押す場所の間違いや回収書類が足りないなどの、さまざまな不備が発生する可能性があります。

人事管理の担当者の手間や負担が発生することはもちろんですが、記入する従業員側にも大きな手間や負担が発生してしまうでしょう。

人事管理システムを導入することで、今まで発生していた問題を解決できます。

入社手続きで従業員の記入が必要な書類もシステムで自動で作成でき、従業員がパソコンで簡単な質問に回答するだけで作成可能です。

人事管理システムの種類によっては、雇用契約の締結をインターネット上で完結できるものや、電子申請を行えるものも存在します。

入社や退社以外の人事管理業務の多種多様な帳票にも運用可能なので、 人事管理業務全般をまとめて効率化できる でしょう。

情報管理の効率化

二つ目にご紹介する人事管理システムを導入するメリットは、情報管理の効率化を図れることです。

企業に属する従業員の一人一人には、下記のような情報が紐づいています。

  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • 配属先
  • 役職
  • 評価
  • 資格

氏名や住所などの基本的な情報はもちろん、配属先や評価などの会社内での組織情報などを管理する必要があります。

こういった管理は紙媒体やExcelを利用して、経費計算システムや給与計算システムなどの他のシステムと連携しての運用が一般的です。

この場合会社内での組織変更や異動、引越しや結婚などの変動に応じて、さまざまな情報を手作業で変更する必要がありました。

人事管理システムを利用することで、 組織情報や従業員の情報を一括で管理 できます。

組織変更や従業員の情報の変更も、マスタデータを変更し情報を連携するだけで管理可能です。

会社内の従業員の引越しや結婚で情報が変更になった場合、いくつかの保存場所に情報を保存していた際に情報の変更漏れを防げるでしょう。

人事管理の担当者の負担はもちろんのこと、他の担当者や従業員の無駄な手間が省けるので、業務の効率化を図れます。

人事評価の精度向上

人事管理システムを導入するメリットの三つ目は、経営の促進につながることがあげられます。

今まで紙媒体やExcelの評価シートを利用する企業が多くありました。

従業員がそれぞれの目標設定や自己評価を行った上で、上長がそれに対してフィードバックや評価を行う流れが一般的でしょう。

紙媒体やExcelの場合、評価シートの配布や回収にかかる手間や、部署によって評価の基準がばらついてしまうなどの課題が発生することも少なくありません。

人事管理システムを導入することで、共有可能なシステム上での従業員の評価シートへの入力が可能になります。

また評価シートは自動的に上長にも共有され、フィードバックを行うことができるでしょう。

入力漏れや進捗状況も確認可能なので、 人事評価のフローを効率的 に行えます。

企業に在籍する従業員の今までの業務内での実績や人事評価、部署内での情報をデータ化して管理できるのも、人事管理システムのメリットです。

データ化して一括で管理することで、従業員一人一人のスキルや能力を明確に把握して、従業員が得意とする業務に的確な部署配属ができます。

マネジメントや人事評価が適切でない場合、働いている従業員のモチベーションに関係してくるでしょう。

業務効率化への改善はもとより、離職率にも関係してくる可能性もあります。

人事管理システムは人材採用の管理にも活用できます。

システムに情報を一括管理することで、採用に関する業務が効率化し、企業が今必要としている能力を持つ人材を明確にできるでしょう。

人事管理システムの種類

人事管理システム_人事管理システムの種類

人事管理システムには主に3つの種類に分けられます。

会社が求めている改善したい業務や目標によって、選択するシステムの種類は変わってくるでしょう。

会社の改善部分や目的を明確にし、それに合った機能を持つシステムを正しく選択することが大切です。

ここでは人事管理システムの3つの種類を一つ一つご紹介します。

人事管理システムの種類

人事評価型

最後にご紹介する人事管理システムの種類は「人事評価型」のシステムです。

一般的に従業員の評価を行う場合には、従業員自身の目標設定や目標に対する自己評価を設定します。

その内容を上長が確認しフィードバックや評価を行う、という流れがありました。

人事評価型の人事管理システムを利用することで、この一連の業務フローをシステム上で全て完結可能です。

フローがどこで止まっているのか、誰の承認待ちなのかを確認可能なハークフロー機能が搭載されているシステムも存在します。

 人事評価の業務フローを効率化し、円滑に進めたい という場合におすすめのシステムです。

サービスによっては人によって評価の偏りが出ないようにする機能や、AIを利用して目標を的確なものにする機能も存在します。

人事評価のフローの効率化はもちろんのこと、会社組織としての評価制度を向上したい場合にもおすすめのシステムです。

人事労務型

「人事労務型」の人事管理システムは、会社の規模を問わず、必ず発生する業務を得意とするシステムです。

  • 年末調整
  • 給与計算
  • 入社時の雇用・社会保険の加入手続き

例をあげると、上記のような手続きが発生します。

低価格で導入できるサービスも多いので、 小規模の企業や起業して間もない会社にもおすすめ です。

人事管理の担当者に負担となる単純な作業は自動化して、その他の人事管理業務に注力させたい企業で力を発揮します。

また人事管理の担当者が在籍せず、経営者や管理職が一連の業務を行なっているという企業にもおすすめです。

人事情報管理型

企業の規模が大きくなるにあたって、さまざまな会社としての動きが発生します。

  • 在籍人数の増加
  • 組織変更
  • 人事異動
  • 子会社の設立
  • 会社合併
  • 従業員の結婚や出産

例をあげると、上記のような動きがあるでしょう。

「人事情報管理型」の人事管理システムを導入することで、上記のようなさまざまな情報を集約し、システム内に一括で管理可能です。

契約社員や派遣社員が大勢存在し、契約更新作業に追われてしまう企業にとっては便利なシステムでしょう。

また人事異動が発生するたびに、更新や変更作業に時間を取られてしまうといった問題も解決できます。

人事管理システムのサービスによっては他のシステムと連携可能なものや、変更があった際に従業員が自分でシステムの変更を行えるものまで存在します。

人事管理システムを比較する際のポイント

人事管理システム_人事管理システムを比較する際のポイント

人事管理システムを実際に導入する前に、どのような点に注意してシステムを選択すると良いのでしょうか。

ここでは人事管理システムを選ぶ際のポイントをご紹介します。

ご紹介するポイントをしっかりと把握し、会社の改善点や目的に合ったシステムを選択しましょう。

運用コスト

最初にご紹介する人事管理システムを比較する際のポイントは、運用するにあたって必要になるコストを確認しましょう。

ほとんどの人事管理システムでは、 従業員の人数によって料金が変動する従量課金制 で運用されています。

サービスの従業員一人当たりの金額を会社の人数に当てはめて、事前にシュミレーションを行いましょう。

サービスの種類によっては、一定の従業員数までの金額を固定しているものも存在するので、それぞれの特徴をしっかりと確認しましょう。

試しに導入する場合は、サービスの最低利用者数も確認しておくことでリスクを回避できます。

1名につき月額100円で利用できるリーズナブルなサービスや、30名までの運用であれば無料で利用可能なサービスも存在します。

またサービスの提供形態によって、導入期間やコスト、運用コストにも違いがあることを覚えておきましょう。

  • クラウド型
  • オンプレミス型
  • パッケージ型

上記のようなそれぞれの特徴を持ったサービスが存在します。

特徴が違えば料金も並行して違いがあるので、人事管理の担当者やシステム管理者と綿密に打ち合わせ、会社に合ったサービスを選択しましょう。

対応する業務の確定

二つ目にご紹介する人事管理システムを比較する際のポイントは、対応する業務の選定、確定を行うことです。

人事管理業務と一言でいっても、さまざまな業務内容があります。

  • 雇用契約
  • 入社や退社手続き
  • 明細書の発行
  • 年末調整
  • 源泉徴収票の発行
  • マイナンバー管理

サービスの種類や特徴によって、対応できる業務の範囲は異なるでしょう。

労務管理を改善したいのであれば、対応可能な帳票や電子申請が可能か、対応可能な保険の種類などの確認が必要です。

この対応する業務の詳細を分析することは、システムの導入後に「この業務に対応するサービスが良かった」といった悩みを防げるでしょう。

しっかりと確認しましょう。

サービスによっては基本的な労務管理業務に対応しており、必要な機能をオプションとして追加可能なものも存在します。

また逆に幅広い業務の改善を図ろうと、当初の目的に必要のない機能を有したシステムを導入してしまう可能性もあるでしょう。

この場合も機能を有効活用できずに、無駄な導入の手間やコストがかかってしまう恐れがあるので注意が必要です。

下記のような 目標別に課題を整理すること で、今の会社にとって必要な機能は何かといった優先順位をつけられるでしょう。

  • 人事労務を効率化したい
    給与控除計算のミスや勤怠上の管理を円滑にしたい。
    他システムとの連携で人件費や入力の手間を減らしたい
  • 人事情報の管理を適切に行いたい
    従業員一人一人の実績やスキル、目標などのデータを一括管理したい。
    人事評価への不満や離職率を改善したい。
  • 人事評価を分析・明確にしたい
    従業員の能力や適性を明確にして分析し、適切な部署配置を行いたい。

操作性やサポート体制

人事管理システムを比較する際のポイントの三つ目は、サービスの操作性や導入後のサポート体制を確認しましょう。

紙媒体やExcelでの業務フローの場合、人事管理の担当者の負担はもちろんのこと、従業員にも負担がかかります。

人事管理システムを導入する際には、個人情報の更新や変更、必要な書類の請求や申請をシステム上で一括で完了できるものを選択しましょう。

またスマートフォンでの操作が可能なものも、従業員の負担の軽減につながります。

人事管理システムを比較する際に大切なのは、人事管理の担当者だけでなく、 従業員にとっても便利なサービスを選択すること です。

サービスによっては、従業員がシステム上で自ら登録や変更を行えるものも存在します。

出産や結婚などの変更があっても、紙媒体やExcelでの書類の手続きは必要ありません。

また実際に現場でシステムを使用する際に、システムの給与計算機能が勤務形態の複雑さに適合しないなどの問題が発生することも少なくありません。

この場合せっかくシステムを導入しても、うまく使いこなせずに紙媒体やExcelでの運用に戻ってしまうケースも考えられるでしょう。

会社に必要な機能が備わっているか、操作性は会社の従業員のレベルに合っているかなどの導入前の選定は大切なポイントです。

無料トライアルの活用や、会社のニーズに沿ったシステムのカスタマイズが可能なサービスを選択するなどの工夫を行いましょう。

また人事管理システムの導入時や導入後の、サポート体制の確認も大切なポイントです。

人事管理システムはそれぞれの企業の雇用形態や、賞与などの個別の設定が必要になります。

また給与関係の業務は年末調整や税法改正などで、人事管理担当者の大きな負担となるでしょう。

この場合サービスのサポートが整っていれば、専門知識を持ったベンダーが不明点を教えてくれるため非常に便利です。

万が一システムの導入後に問題や不具合が発生しても、柔軟で迅速なサポートを受けられるでしょう。

導入や運用にあたってのサポートが存在するかどうかは、人事管理システムを選択する際の大切なポイントです。

他システムの連携

最後にご紹介する人事管理システムを比較する際のポイントは、他システムとの連携が可能かを確認することです。

企業にとって人事情報は大切なデータですが、人事管理システムを導入することで、その大切なデータを安全に他システムと連携可能です。

他システムと連携することで、バックグラウンド業務の全てにおいて効率化を図れます。

会社内で今活用しているシステムがある場合、そのシステムと導入予定の人事管理システムが、CVS対応やAPI連携に対応可能かを確認しましょう。

今活用しているシステムがない場合は、人事管理システムを導入した後に、新たなシステムを導入することも視野に入れて選択することが大切です。

サービスによっては 50種類を超える、他システムとの連携が可能なもの も存在します。

将来を見据えた人事管理システムの導入を行いましょう。

また同じサービスが提供している他システムと合わせて運用することで、割引が適用されるものも存在します。

いくつかのシステムの導入を検討している方は、一つのサービスでまとめてシステムを連携することも検討すると良いでしょう。

人事管理システムの主な機能

人事管理システム_人事管理システムの主な機能

最後に人事管理システムに搭載されている、基本的な機能についてご紹介します。

サービスによっては標準搭載されているものや、必要な機能をオプションで追加可能なものも存在します。

会社の人事管理業務にとって必要な機能を洗い出し、標準搭載されているシステムを導入することで無駄な手間やコストを抑えられるでしょう。

おすすめの人事管理システム【人事労務型】

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事労務型

ここではおすすめの人事労務型の人事管理システムをご紹介します。

freee人事労務(freee株式会社)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事労務型_freee

出典:https://www.freee.co.jp/hr/

労務における人的なミスを0にしてくれる、人事労務特化型の人事管理システムがfreee人事労務です。

「賃金台帳」「労働者名簿」「出勤簿」などの法定三帳簿の作成や、従業員の入社・退社に伴う手続きなどを、一つのサービス内で一貫して行えます。

そのため他のシステムとの連携が必要ありません。

この他にも「給与計算」「勤怠管理」「年末調整」といった、基本的な労務人事管理にも対応しています。

働いている従業員も自分のパソコンやスマートフォンで、システム上で勤怠登録が可能です。

さらに年末調整も簡単に行うことができ、勤怠情報と従業員の基本状況から自動的に給与と控除額を算出してくれます。

必要な書類をワンクリックで作成可能なので、時間や手間を削減できるでしょう。

経営者や管理者が自ら労務管理を行っている企業や、人事管理の担当者が在籍していない企業におすすめです。

料金 月額3,980円〜
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 30種類以上
利用社数 要問い合わせ

一括資料請求_ボタン

SmartHR(株式会社SmartHR)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事労務型_SmartHR

出典:https://smarthr.jp/release/13999

SmartHRは労務管理クラウドで4年連続シェアNo.1を記録している人事労務型の人事管理システムです。

Web給与明細や年末調整、入社の際に発生する雇用契約などのさまざまな手続きを全て自動化できます。

従業員サーベイや人事評価などの人材のマネジメントに関する機能も充実しているのが特徴です。

50種類以上の他の外部システムとの連携も可能で、給与システムからWeb給与明細書をワンクリックでダウンロードできます。

従業員はWeb給与明細をマイページでいつでも確認可能なので、給与明細書を配布する手間が省けます。

その他にも多言語化に対応しているので、外国人の従業員が多い企業にもおすすめです。

情報収集を承認経路を設定して行える多段階認証などの機能も充実しています。

従業員30名以下向けの無料で利用可能なプランや、50名以下で利用可能なスモールプランなど、会社の規模に合った運用ができるのもおすすめポイントです。

料金 【¥0プラン】30名以下無料、その他プラン要問い合わせ
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 40種類以上
利用社数 40,000社以上

一括資料請求_ボタン

オフィスステーション労務(株式会社エフアンドエム)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事労務型_オフィスステーション労務

出典:https://www.officestation.jp/roumu/function/

オフィスステーション労務は「顧客満足度」「セキュリティ充実度」「労務管理クラウドシェア」のNo.1をとった実績のある人事管理システムです。

雇用契約や入社・退社手続きといった、労務管理に関係する業務全般を簡易化してくれます。

従業員のパソコンやスマートフォンから申請や登録に必要な情報を入力可能で、転記などの作業が必要ないので負担を大幅に削減できます。

一番の特徴はシステムの機能を、労務に特化していることでしょう。

人事労務に関わる年末調整や入社・退社などの107の帳票に対応しています。

さらにオプションの機能も充実しており、マイナンバー管理や給与明細などの機能を必要に応じて追加可能です。

サポート面も充実しており、実務経験者や社会保険労務士などが不明点を電話でしっかりとサポートしてくれるところもおすすめポイントです。

料金 【登録料】110,000円【利用料】一人当たり440円〜
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 20,000社以上

一括資料請求_ボタン

マネーフォワード クラウド社会保険(株式会社マネーフォワード)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事労務型_クラウド社会保険

出典:https://corp.moneyforward.com/service/business/

マネーフォワードクラウド社会保険は、さまざまなバックオフィス業務を自動化する実績のある人事管理システムです。

社会保険に関する手続きに必要な書類をWeb上で作成できます。

従業員一人一人の書類の申請状況や対応状況を一括で確認可能なので、進捗状況の確認や書類管理にかかる手間も大幅に軽減できるでしょう。

また作成を終えた書類は電子申請にも対応できるので、人事管理の担当者の負担を軽減可能です。

別のシステムである「マネーフォワードクラウド給与」と連携可能で、従業員情報と給与の計算情報を一括で管理できます。

コスト削減と業務の効率化を図れるでしょう。

料金 初期費用0円〜、月額2,980円〜
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 要問い合わせ

一括資料請求_ボタン

おすすめの人事管理システム【人事評価型】

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事評価型

ここではおすすめの人事評価型の人事管理システムをご紹介します。

一括資料請求_ボタン

スマカン株式会社「スマカン」

【タレントマネジメント機能が高評価】おすすめの人事評価システム6選_スマカン株式会社「スマカン」

出典:https://smartcompany.jp/

スマカンは「人材情報の見える化」、「人材配置・育成」、「目標管理」、「人事評価」に大きく役立つ人事管理システムです。

スマカンを導入することによって面倒な人事管理業務が大幅に効率化できることが期待できます。

具体的には人材情報の一元管理や、様々な評価方式によるタレントマネジメントを行うことができます。

タレントマネジメントを行うことによって従業員一人ひとりの適正やスキルを把握でき、人材配置へ役立てることが可能です。

また最適な人材配置を行うことは最小の工数で最大の効果を生み出す組織作りにつながります。

さらなる 収益性向上のために組織改革をお考えの方にスマカンはおすすめ です。

料金 月50,000円~
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 677社以上

一括資料請求_ボタン

HRBrain(株式会社HRBrain)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事評価型_HRBrain

出典:https://www.hrbrain.co.jp/

「目標管理」「人事評価」「タレントマネジメント」などの、会社の未来に大切な人事業務を幅広く効率化に導く人材管理システムです。

自動で情報を集計する機能や進捗情報の共有などをワンクリックで行えるなどの、人事評価業務全般を効率化できます。

人事評価の経歴や従業員情報を活かして、戦略的な人事業務を行えるでしょう。

ツリーのように表示された組織図全体を確認することで、従業員のスキルや経験を踏まえた上で、効果的な人員の配置や優秀な人材を抜擢できます。

またさまざまな情報を自由に掛け合わせて分析も可能で、能力値の高い従業員に共通する入社経路や研修履歴はどんなものかを分析可能です。

料金 要問い合わせ
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 70社以上

一括資料請求_ボタン

カオナビ(株式会社カオナビ)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事評価型_カオナビ

出典:https://www.kaonavi.jp/

カオナビは導入実績社数2,000社を超える実績のある人事管理システムで、社員の個性や才能を発掘し、戦略人事を加速させる特徴があります。

紙媒体やExcel、他のシステムで管理していた人事データを一括で管理可能にする便利なシステムです。

今まで利用していた評価シートなども、そのままクラウド上で利用できます。

入力漏れや進捗情報もワークフロー機能を利用することで、いつでも確認し把握できるでしょう。

評価の結果も確認しやすく、それぞれの部署の評価のブレなども調整できるので、従業員の評価に対する納得感も高まります。

システムの操作性も高く、見やすいデザインなのも特徴の一つで、従業員の顔写真付きのアイコンを設定できます。

人数の多い大企業などでの、名前と顔が一致しないなどの問題を防げるでしょう。

料金 要問い合わせ
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 2,000社以上

一括資料請求_ボタン

HRMOSタレントマネジメント(株式会社ビズリーチ)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事評価型_HRMOS

出典:https://hrmos.co/news/2021062501.html

HRMOSタレントマネジメントは導入から活用まで失敗しない、安心の人事管理システムです。

人材の見える化や人事評価の最適化、エンゲージメントを向上してくれるという特徴を持っています。

人事管理の担当者にとっても従業員にとっても、非常に使いやすい構造になっており、業務の円滑化と効率化を促進するでしょう。

人事管理システムでわからない点や不明点が発生した場合には、専任の担当者がしっかりとサポートしてくれるため安心です。

観覧範囲の設定を行えるので、セキュリティ面も問題ありません。

同業者が運営している「HRMOS採用」と連携することで、採用から入社に至るまでの一括した管理が可能です。

料金 要問い合わせ
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 要問い合わせ

一括資料請求_ボタン

あしたのクラウド(株式会社あしたのチーム)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事評価型_あしたのクラウド

出典:https://www.ashita-team.com/jirei/utilization/cloud-utilization

あしたのクラウドは導入企業が4,000社以上の実績を誇る人事管理システムです。

人事評価はもちろんのこと、それに伴った正確な給与の設定まで可能です。

目標添削機能はAIが自動的に曖昧な表現を指摘してくれ、評価社モニタリング機能は評価社が評価を正確に行えているかを確認できます。

評価業務に関するさまざまな機能が充実していることが、ポイントの一つです。

その他にも、ワンクリックで適正な給与を算出可能な給与シュミレーション機能なども存在します。

全ての従業員の給与を把握できるので、人件費の変動の対策も可能です。

料金 要問い合わせ
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 要問い合わせ

一括資料請求_ボタン

おすすめの人事管理システム【人事情報管理型】

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事情報管理型

ここではおすすめの人事情報管理型の人事管理システムをご紹介します。

一括資料請求_ボタン

マネーフォワード クラウド人事管理(株式会社マネーフォワード)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事情報管理型_クラウド人事管理

出典:https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20210726-mf-press/

組織情報や従業員の情報を一括で管理可能な人事管理システムが、マネーフォワードクラウド人事管理です。

従業員が持つパソコンやスマートフォンで、書類の申請や提出、差し戻しなどを全て一貫してシステムで行えます。

従業員の氏名や住所の変更、育休手続きなどの従業員情報の内容変更や書類の作成もクラウド上で行えます。

その他にもマスタデータを変更することで、一括で他の連携システムの情報も変更可能なので、組織形態や移動が発生した場合でもすぐに対応可能です。

「社会保険」「給与」「経費精算」などの他のシステムと連携することで、基本的な従業員の情報を全て共有し、業務の自動化による効率化を図れます。

料金 要問い合わせ
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 要問い合わせ

一括資料請求_ボタン

人事奉行11(株式会社オービックビジネスコンサルタント)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事情報管理型_奉行

出典:https://www.oa.obic.co.jp/solution/bs/service_bugyo/

人事奉行11は通常の人事や労務管理はもちろんのこと、総務人事の日常の業務にも利用可能な人事管理システムです。

「人事異動」「昇給」「組織改編」などの自動化も可能としているので、総務や人事を管理している担当者の負担を大幅に軽減できます。

組織構成図を作成できる機能や、役職の変動に伴う昇給額の自動計算も可能です。

社内へのお知らせや掲示板、異動辞令などを自動で作成する機能も搭載しています。

契約社員が多い企業では、契約の満了や更新のタイミングが近い社員を自動でピックアップし、手続きを行う上で必要な通知書や書類を自動的に作成します。

Excelが得意ではない人でも簡単にグラフ化し分析や集計ができる「Office連携機能」では、画面に表示した集計表をExcelに直接出力可能です。

料金 【スタンドアロン】320,000円〜
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 660,000社以上

一括資料請求_ボタン

COMPANY(株式会社Works Human Intelligence)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事情報管理型_COMPANY

出典:https://www.works-hi.co.jp/products

日本の大手企業の3社に1社が利用している、幅広い業務をカバー可能な人事管理システムがCOMPANYです。

「給与計算」「勤怠管理」「人事管理」など、さまざまな管理業務を得意とし、600を超える企業が10年以上利用しています。

継続利用率が高いシステムなので、安心して利用できるでしょう。

履歴管理や可視化、人事情報の収集まで一括して利用でき、評価、自己申告などの申請機能も標準装備しているのが嬉しいポイントです。

それぞれの企業の複雑なワークフローなどの特徴に合わせた運用が可能です。

子会社やグループ会社などの人事管理も同じシステムに一括管理ができ、グループ全体を見通した上で人材の適材適所の配置を目指せるでしょう。

料金 要問い合わせ
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 1,200社以上

一括資料請求_ボタン

ヒトマワリ(株式会社Touch&Links)

人事管理システム_おすすめの人事管理システム_人事情報管理型_ひとまわり

出典:https://www.hitomawari.jp/

ヒトマワリは初期費用や導入のサポートを、無料で利用開始可能な人事管理システムです。

「利用したいクラウド型人材管理システムNo.1」
「人事担当者が選ぶ人事管理システムNo.1」
「経営者が選ぶクラウド型人事管理システムNo.1」

上記の3部門でNo.1を獲得している実績のある人事管理システムです。

従業員数の多い少ないに関わらず、幅広い規模の企業で運用されています。

人材のデータをマスタデータとして利用することで、人事の戦略の効率化を図れるでしょう。

人材の情報はシステムに一括管理されるので、人事管理の担当者は日々の登録情報の変更に悩まされることなく、迅速に対応が可能です。

登録されている従業員もシステムを確認すれば、すぐに自分の情報を確認できるでしょう。

必要であれば、すぐに自分で登録情報を変更することも可能です。

料金 初期費用0円、月額10,000円〜
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 1,200社以上

一括資料請求_ボタン

人事管理システムの主な機能

多国語対応

最初にご紹介する人事管理システムの主な機能の一つは、多国語対応です。

企業のグローバル化や海外拠点の展開、外国人雇用などのさまざまな言語に対応した人事管理システムが存在します。

人事担当者や従業員が対応するシステム画面が、 外国語表記が可能かを確認しておく と良いでしょう。

また研修の際の外国語のマニュアルがあるサービスであれば、導入研修を円滑に行えます。

また従業員情報の名前にアルファベット以外の文字が利用可能かも調査しておくと、導入後の運用も円滑に行えるでしょう。

マイナンバー管理

二つ目にご紹介する人事管理システムの主な機能は、マイナンバー管理機能です。

全ての企業は2016年に制定されたマイナンバー制度に基づいて、従業員のマイナンバーの収集、管理が義務付けられました。

今までのような紙媒体やExcelでマイナンバーのような重要な個人情報を管理するには、セキュリティ面での課題が残ります。

マイナンバーのような重要な情報の管理は、小規模の企業や起業して間もない会社でも必要な業務なので、人事管理システムの導入が増加しています。

マイナンバーの管理には、アクセスログの設定やアクセス権の設定などの 高度なセキュリティ対策が求められる ため、システムでの管理が一般的です。

人事管理システムによっては標準搭載やオプションでの追加で、ログ管理機能やアクセス権限機能が利用できるものも存在します。

人事情報の管理で人事管理システムの導入を検討している場合は、マイナンバーの管理方法などもしっかりと確認しておきましょう。

研修強化

人事管理システムの主な機能の三つ目は、研修を強化可能な機能です。

研修の教科とは、eラーニングやスキル管理といった機能のことです。

各企業は従業員のことを単純な働き手として雇っているのではなく、大切な人財として扱っていることでしょう。

会社の大切な資源である人財の研修や育成は、企業の未来にとって大切なことです。

こういった背景もあり、人事管理システムも単純な従業員情報の管理だけでなく、 従業員の研修や教育に特化したもの も増えています。

グループ経営

最後にご紹介する人事管理システムの主な機能の三つ目は、グループで経営している企業にも利用可能な機能を揃えています。

グループ企業内での事業部の統合や廃止、M&A等を積極的に行う企業が増えています。

それに伴って、人事管理システムも 会社内に留まらない企業間を通して利用可能なサービス が増えているのが現状です。

運用方法や会社の制度が異なる企業で、同様の人事管理システムを利用可能なマルチカンパニー機能を搭載しているシステムも増加傾向にあります。

出向管理機能や情報検索機能などもそのひとつでしょう。

人事管理システムまとめ

人事管理システム_人事管理システムまとめ

今回はおすすめの人事管理システムを目的の違うタイプ別に、費用や操作性も含めてご紹介しました。

人事管理業務は業務内容が多く、非常に複雑です。

人事管理システムを導入することで、人事管理の担当者はもちろん従業員の負担は大きく軽減されるでしょう。

また負担が減るだけでなく、業務の効率化により生産性の向上を期待できます。

人事管理システムの選ぶポイントをしっかりと把握して、 会社の改善点や目的に合った人事管理システムを導入 しましょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
一括資料請求_ボタン