【2022年最新】人事評価システムとは?導入のメリットや選ぶポイントはコレ!

執筆: SaaS辞典 編集部 |

人事評価システム_おすすめ
「おすすめの人事評価システムはどれ?」
「人事評価システムってどう選んだらいいの?」

このようなお悩みはありませんか?

人事評価はとても大事な業務ですがあれこれ考えることが多くて難しいですよね。

しかし人事評価評価システムを導入することで、そんな 人事評価業務をとても効率化 することが可能なんです!

そこで、本記事ではおすすめの人事評価システムについて詳しく解説しています。

また、人事評価システム導入のメリットや選ぶポイントについても紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

「人事評価システム」ざっくり言うと……
  • 人事評価システムとは人事評価を効率化するためのシステム
  • タレントマネジメント機能が高評価の人事評価システムは「 スマカン 」!
  • 人事評価機能が高評価の人事評価システムは「 SmartHR 」!
  • 人事評価システムを選ぶポイントは導入目的に合っているかを重視しよう
  • 人事評価システムを選ぶメリットは人事評価の透明性を向上させられること!

人事評価システムとは?

人事評価システム_人事評価システムとは?

人事評価システムとは、端的に言えばそのまま、人事評価を行うためのシステムです。

人事評価は定期的に行われる業務であり、それなりの業務負担になっていますよね。

本人による振り返りの記入、上長の評価やフィードバックの記入、評価結果の記入などを管理しなければならないからです。

そこでこれらの人事業務をシステム上で行えるようにし、効率化するのが人事評価システムなんです!

そんな人事評価システムには主に以下の2つの機能があります。

人事評価システムの機能

それぞれの機能について詳しく見ていきましょう。

人事評価機能

人事評価機能は、 人事評価を効率化 するための機能です。

これまで社内で紙やエクセルなどで行っていた評価をクラウド上で実行することができます。

また評価フローを簡単にシステム上で構築することができ、各フローでの記入漏れも防ぐことができます。

さらにシステムによっては、人事評価制度自体を立案してくれる場合もあります。

まだ自社にとって最適な人事評価制度が確立されていな場合は利用してみると良いでしょう。

また、人事管理システムについては以下の記事をご覧ください。

タレントマネジメント機能

タレントマネジメント機能は効率的に人材の配置ができる機能です。

人事評価の結果やスキル、経歴などさまざまな情報をもとに、各社員に最適な職務を与えることができます。

人事評価システムの中には、タレントマネジメント機能が充実したものも多く存在します。

タレントマネジメントシステムに関する詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。

 タレントマネジメント機能を活かせば、優秀な社員の能力をさらに伸ばしたり、成果の出てない社員を輝かせたりできます 

自社の業務の効率化や、収益性の向上のためにもタレントマネジメントシステムを導入してみるのは選択肢の1つです。

人事評価システムを導入するメリット

人事評価システム_人事評価システムを導入するメリット

人事評価システムを活用するメリットは主に以下の5つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:人事評価業務を効率化できる

人事評価システムを活用するメリットとしてまず挙げられるのは、 人事評価業務を効率化 できることです。

人事評価業務は人が行わなければならない場所もありますが、機械でも自動的にできる部分も存在します。

このような部分を自動化することにより、人事がより本質的な業務に取り組めるのです。

メリット②:社員の意欲が向上する

人事評価システムを活用するメリットとしては、 社員の意欲が向上 することも挙げられます。

人事評価システムを活用することで、評価の平等性や透明性が上がり、社員がより公平に評価されていると感じます。

これにより、社員の意欲が向上し、会社の業績を向上させることも期待できるでしょう。

メリット③:人材配置・抜擢を最適化できる

人事評価システムを活用するメリットとしては、 人材配置・抜擢を最適化 できることも挙げられます。

人事評価システムではタレントマネジメント機能によって、従業員のスキルや上司との相性などを表示することができます。

これをもとに、従業員にとって最適だと思われる業務に配置することが可能なのです。

メリット④:人事情報を一元管理できる

人事評価システムを活用するメリットとしては、 人事情報を一元管理 できることも挙げられます。

システムを導入していない状況では、人事の情報がさまざまな場所に分散しており、効果的に活用できない場合があります。

人事評価システムを用いれば人事情報を一元管理し、より効果的に業務を遂行することが可能です。

メリット⑤:人事評価の基準が明確になる

人事評価システムを活用するメリットとしては、 人事評価の基準が明確になる ことも挙げられます。

人事評価システムはある程度人事評価の基準を明確にして使う必要があります。

そのため、あいまいな評価によって社員のモチベーションが下がったり、不公平だと感じたりする機会が減るのです。

人事評価システム導入のデメリット

人事評価システム_人事評価システム導入のデメリット

人事評価システムのデメリットは主に以下の5つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:人事評価制度とツールの整合性を取る必要がある

人事評価システムのデメリットとしてまず挙げられるのは、人事評価制度とツールの整合性を取る必要があることです。

既存の人事評価制度に合ってないシステムを導入してしまうと、無理やり活用することになり、多くのデメリットが出てきてしまいます。

始めから、既存の人事評価制度と相性の良いシステムを選ぶべきでしょう。

自社の人事評価制度が一般的なものとかけ離れている場合には、人事評価制度に合わせて柔軟に設計できる人事評価システムを活用するのがおすすめです。

デメリット②:既存の評価シートを変えざるを得ない場合がある

人事評価システムのデメリットとしては、既存の評価シートを変えざるを得ない場合があることも挙げられます。

人事評価システムと既存の評価シートがどうしても合わない場合には、人事評価システムを変えるか評価シートを変えるしかありません。

すでに導入してしまった人事評価システムを変更するのは難しいため、既存の評価シートを変える必要があるのです。

ただ、既存の評価シートの変更が良い方向に働く場合もあるので、悲観しすぎる必要はないでしょう。

デメリット③:コスパが悪い可能性がある

人事評価システムのデメリットとしては、コスパが悪い可能性があることも挙げられます。

特に小規模な企業の場合には、人事評価システムの導入で得られるメリットが少ない可能性があります。

小規模な企業ではそもそも人事評価業務が多くないために、効率化できる余地が少ないのです。

導入コストを見比べて、導入するべきか考えると良いでしょう。

デメリット④:導入に手間取る可能性がある

人事評価システムのデメリットとしては、導入に手間取る可能性があることも挙げられます。

人事評価システムを導入すると、これまでと業務が変わることになります。

これに適応できないと、人事評価システムの導入により逆に業務が非効率になってしまいます。

特にITに疎い人材が多い企業の場合には、人事評価システムを導入するべきか考えてみるべきでしょう。

デメリット⑤:費用がかかる

人事評価システムのデメリットとしては、費用がかかることも挙げられます。

人事評価システムは無料で提供されていることはほとんどなく、有料のシステムが多くを占めます。

現在の人事評価業務にかかっている人件費などと対比して、人事評価システムを導入すべきか決断すると良いでしょう。

導入する人事評価システムを選ぶポイント

人事評価システム_導入する人事評価システムを選ぶポイント

人事評価システムを選ぶポイントは主に以下の9つです。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:導入目的に合っているか

人事評価システムを選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、 導入目的に合っているか です。

人事評価システムを導入する目的によって、最適なシステムは変わってきます。

たとえば、人事評価の効率化をしたいのであれば人事評価に強みがあるシステムを活用すべきです。

まら社員が十分活躍できてないことが課題であれば、タレントマネジメントに重きをおいたシステムを選ぶべきでしょう。

人事評価システムを飛び道具として活用するのではなく、地に足をつけてなぜ導入するのか考えてから選ぶべきでしょう。

ポイント②:人事評価制度との相性

人事評価システムを選ぶポイントとしては、 人事評価制度との相性 も挙げられます。

各社でこれまで行ってきた人事評価システムは異なります。

人事評価システムはそれぞれで得意とする人事評価制度が異なりますので、自社に合った人事評価制度に強いシステムを選ぶべきです。

また、人事評価制度が特殊な会社の場合には、自社の制度に合わせて柔軟に設計できる人事評価システムが適しているでしょう。

ポイント③:会社の規模

人事評価システムを選ぶポイントとしては、 会社の規模 も挙げられます。

会社の規模によって、人事評価に手間取っている箇所や課題が異なるからです。

たとえば、大企業であれば、人事評価の承認フローが複雑になっている場合がありますが、中小企業ではそのようなことはないでしょう。

ここでも、どのような目的で人事評価システムを採用するかが大事になってきます。

ポイント④:使いやすさ

人事評価システムを選ぶポイントとしては、 使いやすさ も挙げられます。

人事評価システムは一般社員が用いる機会も多いですから、複雑なシステムを導入してしまうと操作に手間取り、逆に非効率になっていまいます。

このことからスムーズに導入できるシステムを選ぶのが重要です。

特に従業員が多い大企業において、操作性は人事評価システムの重要な選定ポイントになるでしょう。

ポイント⑤:他のシステムとの連携しやすさ

人事評価システムを選ぶポイントとしては、 他のシステムとの連携しやすさ も挙げられます。

すでに社内になんらかのシステムがあり、人事評価システムとの関連がある場合には、連携できると便利ですよね。

逆に、連携が叶わないと無駄な転記作業などが発生してしまいます。

特に労務管理、採用関係など人事が用いるシステムとの連携は確認しておくべきでしょう。

労務管理システムや勤怠管理システムは以下の記事で詳しく解説しています。

ぜひお読みください。

ポイント⑥:セキュリティ性能

人事評価システムを選ぶポイントとしては、 セキュリティ性能 も挙げられます。

人事評価システムには従業員の個人情報が含まれていますから、流出すると大変です。

人事評価システムのセキュリティ性能についても確認しておきましょう。

ポイント⑦:導入形態

人事評価システムを選ぶポイントとしては、 導入形態 も挙げられます。

人事評価システムの導入形態はクラウド型が一般的ですが、オンプレミス型での導入が可能なシステムも存在します。

クラウド型の場合には社外のクラウド上にデータが蓄積されます。

しかし、オンプレミス型の場合には社内のネットワーク上にデータを蓄積することができます。

また、クラウド型は一般的に料金が安く、社員なら人事評価システムに場所を問わず接続できる点が魅力的です。

一方、オンプレミスは料金が高めに設定されているものの、セキュリティ性能が高いため大企業を中心に選ばれています。

クラウド型とオンプレミス型の違い
  • クラウド型:安価で一般的、情報は外部のサーバーに保管されるためセキュリティ性に疑問
  • オンプレミス型:料金は高めだが社内サーバーをそのまま使える、オフライン環境でも使用可能

自社の規模や性格に合わせて導入形態を選択しましょう。

ポイント⑧:料金

人事評価システムを選ぶポイントとしては、 料金 も挙げられます。

同じような機能の人事評価システムであれば、最終的には料金で選ぶのもひとつの手でしょう。

また、資金力が高くない中小企業やベンチャー企業の場合には、料金も重要なファクターになってくるでしょう。

ポイント⑨:サポート体制

人事評価システムを選ぶポイントとしては、 サポート体制 も挙げられます。

人事評価システムについてわからないことがあった時に、社内に対応できる人材がいないと業務が停滞しがちですよね。

そんな時に、サポートが充実していると簡単に不明点を解消することができます。

また、システムによっては、最適な人事評価制度まで提案してくれる場合もあります。

まだ社内での人事評価制度が確立していない場合は活用してみても良いでしょう。

【タレントマネジメント機能が高評価】おすすめの人事評価システム6選

人事評価システム_【タレントマネジメント機能が高評価】おすすめの人事評価システム5選

タレントマネジメント機能が高評価のおすすめ人事評価システムは主に以下の6つです。

それぞれの人事評価システムについて詳しく見ていきましょう。

スマカン株式会社「スマカン」

【タレントマネジメント機能が高評価】おすすめの人事評価システム6選_スマカン株式会社「スマカン」

出典:https://smartcompany.jp/

スマカン株式会社のスマカンはタレントマネジメントに特化した人事評価システムです。

代表的な機能としては、人材情報の一元管理や人事業務の効率化や自動化のサポートです。

また社員の定着化や離職率の逓減にも貢献でき、必要なスキルの管理や育成計画も立てられるため 会社の業績アップに直結 します。

もちろんMBO評価やコンピテンシー評価など様々な評価方式に対応しており、自社に最適な形で運用できます。

さらにテレワーク業務の可視化や効率化にも有効なため、働き方が変わりつつある現在におすすめのシステムです。

スマカンの基本情報

導入形態 クラウド/SaaS/オンプレミス
料金 月額50,000円~
対応する企業規模 100人以上

株式会社HRBrain「HRBrain」

出典:https://www.hrbrain.jp/

株式会社HRBrainの「HRBrain」はタレントマネジメント機能はもちろん、人事評価機能も高く評価されている総合力の高いシステムです。

多くの評価制度に対応しており、MBO、OKR、1on1ももれなく運用することが可能です。

蓄積されたデータの活用も行いやすくなっており、より効果的な人事業務を遂行することができます。

人事評価の集計作業を完全に自動化し、業務を大幅に効率化できます。

HRBrainの基本情報

導入形態 クラウド/SaaS
料金 お問い合わせください
対応する企業規模 全ての規模

株式会社カオナビ「カオナビ」

出典:https://www.kaonavi.jp/

株式会社カオナビの「カオナビ」は顔写真が並んだシンプルな画面が印象的な人事評価システムです。

配置バランス図では成果を挙げている従業員を可視化することができ、人材の再配置にも役立ちます。

OKR、MBO、360度評価などさまざまなワークフローを利用可能です。

カオナビの基本情報

導入形態 クラウド/SaaS
料金 お問い合わせください
対応する企業規模 全ての規模

株式会社プラスアルファ・コンサルティング「TalentPalette」

出典:https://www.talent-palette.com/

株式会社プラスアルファ・コンサルティングの「TalentPalette」は人事にマーケティング思考を取り入れることを目指した人事評価システムです。

データに基づいた科学的な人事を実現することにより、社内の人材配置を最適化することが可能です。

人事評価機能も充実しており、柔軟に評価シートを設計することができます。

従業員の離職の予兆をAIで発見する機能も備えられています。

TalentPaletteの基本情報

導入形態 クラウド/SaaS/ASP
料金 お問い合わせください
対応する企業規模 全ての規模

株式会社Touch&Links「ヒトマワリ」

出典:https://www.hitomawari.jp/

株式会社Touch&Linksの「ヒトマワリ」は人事評価から従業員データの管理まで幅広く活用できるシステムです。

直感的な操作で人事評価業務を効率化できるため、人事の時間をより本質的な業務に使うことが可能です。

従業員のデータを閲覧する機能はもちろんのこと、採用管理機能、BI機能、組織シミュレーション機能まで幅広く備えています。

ヒトマワリの基本情報

導入形態 クラウド/SaaS/ASP
料金 お問い合わせください
対応する企業規模 全ての規模

SAPジャパン株式会社「SAP Success Factors」

出典:https://www.sap.com/japan/products/hcm.html?url_id=ctabutton-jp-icon-products-hr

SAPジャパン株式会社の「SAP Success Factors」はさまざまな人事の業務を効率化できるシステムです。

ただ業務を効率化するだけでなく、人材を戦略的に活用することも可能です。

国際的なシステムで、177カ国の35の言語に対応している点も魅力的です。

SAPはSAP Success Factors以外に業務改善システム、営業支援システム、データ分析システムなどさまざまなソリューションも提供しています。

営業支援システム(SFA)や文字読み取り分析システム(AI OCR)については以下の記事で解説しています。

ぜひお読みください。

SAP Success Factorsの基本情報

導入形態 クラウド/SaaS/ASP
料金 お問い合わせください
対応する企業規模 全ての規模

【人事評価機能が高評価】おすすめの人事評価システム6選

人事評価システム_【人事評価機能が高評価】おすすめの人事評価システム6選

人事評価機能が高評価のおすすめ人事評価システムは主に以下の6つです。

それぞれの人事評価システムについて詳しく見ていきましょう。

株式会社SmartHR「SmartHR」

出典:https://smarthr.jp/

株式会社SmartHRの「SmartHR」は4万社以上の導入実績がある著名な労務管理システムです。

労務管理がメインのサービスではありますが、人事評価までまとめて効率化することが可能です。

人事評価システムとしては、基本的な機能を揃えています。

また、人事評価にどのくらい納得できるか調査できる機能も備えています。

SmartHRの基本情報

導入形態 クラウド
料金 お問い合わせください
対応する企業規模 全ての規模

株式会社サイダス「Cydaspeople」

人事評価システム_【人事評価機能が高評価】おすすめの人事評価システム6選_株式会社サイダス「Cydaspeople」出典:https://www.cydas.com/

株式会社サイダスの「Cydaspeople」は従業員の個人目標から成果まで管理できるシステムです。

これまでエクセルや紙で人事評価を行ってきた場合にも、柔軟に業務を移行することが可能です。

上長の場合、部下の人事評価ドキュメントの提出状況などを一覧で見ることもでき、人事評価の漏れを防ぐことができます。

Cydaspeopleの基本情報

導入形態 クラウド/SaaS/ASP
料金 人数による従量課金制
対応する企業規模 全ての規模

株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー「WiMS/SaaS人事考課システム」

出典:https://wims-saas.solty.co.jp/products/jinjikouka.html

株式会社ソリューション・アンド・テクノロジーの「WiMS/SaaS人事考課システム」は人事評価に特に強みがある人事評価システムです。

中小企業はもちろん、大企業や上場企業にも続々導入されています。

サポートも充実しており、現在の評価方法をもとに最適なシステムへの移行方法を教えてもらえます。

WiMS/SaaS人事考課システムの基本情報

導入形態 クラウド
料金 お問い合わせください
対応する企業規模 全ての規模

株式会社あしたのチーム「あしたのクラウド」

出典:https://www.ashita-team.com/

株式会社あしたのチームの「あしたのクラウド」は評価ワークフローが高い評価を得ている人事評価システムです。

基本的な機能が揃っている上に、目標設定をAIが添削してくれる機能も搭載されています。

評価のまとめを可視化できるため、評価の偏りも簡単に見つけることが可能です。

勤怠管理システムなどとの連携機能も充実しています。

勤怠管理システムは以下の記事で詳しく解説しています。

ぜひお読みください。

あしたのクラウドの基本情報

導入形態 クラウド/サービス
料金 お問い合わせください
対応する企業規模 全ての規模

株式会社ビズリーチ「人材管理クラウド HRMOSタレントマネジメント」

出典:https://hrmos.co/hr/

株式会社ビズリーチの「人材管理クラウド HRMOSタレントマネジメント」は人事評価の効率化から透明化まで幅広く役立つ人事評価システムです。

顔写真付きのデータベースで人事情報を管理でき、転記作業がなくなるため、ミスが発生しにくくなります。

同社が提供しているHRMOS採用との連携で、採用から社内での管理まで一元的に管理することも可能です。

人材管理クラウド HRMOSタレントマネジメントの基本情報

導入形態 クラウド/SaaS
料金 お問い合わせください
対応する企業規模 50名以上

株式会社くじらシステム開発「人財成長支援システムモノドン」

出典:https://www.kuzilla.co.jp/product/jinzai_seityou_monodon

株式会社くじらシステム開発の「人財成長支援システムモノドン」は自社の評価制度に合わせて柔軟にカスタマイズできる人事評価システムです。

特にシステム導入に際して自社の評価制度をできるだけ変えたくない場合に役立ちます。

各社員が個人の目標を記入したり、自己評価したりもできるため、社員の自律をうながすこともできます。

人財成長支援システムモノドンの基本情報

導入形態 クラウド/パッケージソフト
料金 月額20,000円~
対応する企業規模 全ての規模

人事評価システムの導入でよくある質問

人事評価システム_人事評価システムの導入でよくある質問

ここまでは人事評価システムの機能や導入のメリットについて紹介してきました。

それでは最後に人事評価システムの導入でよくある質問について解説したいと思います。

最後まで読んでいただく事で人事評価システムに対する疑問を解消していただけると幸いです。

ファイルの出力形式は設定可能か

ファイルの出力形式は多くの人事評価システムにおいてcsvに設定されていることが多いです。

ですが、 事前に設定しておくことでエクセルファイルなどに形式を変更しての出力が可能 です!

また、このファイルの出力設定自体も簡単に設定することができます。

様々な人が利用する可能性があるため、状況に応じて利便性が発揮できるように設計されています。

データベースの項目はカスタマイズ可能か

データベースの項目も 簡単にカスタマイズが可能 です。

例えば、自社のテンプレート項目に部署オリジナルの項目を加えたいときでも1分で設定できるんです!

また、項目を取り消したいときも同様に手軽な操作で対応できます。

部署や課で人事評価の項目が異なっていても柔軟に対応できるので無駄がありません。

導入後のサポートはあるのか

多くのシステム提供業者では、 導入後も担当をつけ丁寧にサポート しているようです。

もしシステム利用中にトラブルがあった場合でもすぐに対応してもらえます。

また、法改正や利便性の向上のためのシステムアップデートも頻繁に行っています。

このシステムアップデートは通常のサポートの範囲内のため別途費用は掛かりません。

一度契約すれば規定以上の料金を支払うことなく快適に利用できることが期待できるでしょう。

人事評価システムのまとめ

人事評価システム_人事評価システムのまとめ

今回本記事では人事評価システムについて紹介しました。

人事評価システムは導入することで 評価の透明性を向上させ、適切な人事評価を促進 させることができます。

さらに、従業員からの人事評価の満足度も向上させることができるため会社の士気・業績の向上も期待できます。

もし現状の人事評価制度について問題があると感じている企業様は人事評価システムの導入をご検討ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。