在庫管理システムをタイプ別に徹底比較!選ぶポイントやメリットは?

執筆: SaaS辞典 編集部 |

在庫管理システム_おすすめ
「在庫管理システムって何?」
「おすすめの在庫管理システムを知りたい!」

倉庫や多くの備品を扱っている企業は、在庫管理を行わなければいけません。

しかし、全てを手作業で行っていると、多くの時間と人件費がかかってしまいます。

なるべく低コストで在庫管理を行いたい企業は多いのではないでしょうか?

在庫管理を自動化したいけど、なかなかシステムを導入できていない企業もあるでしょう。

 本記事では、在庫管理システムについてやおすすめのツール、メリットデメリットなどを解説します。 

在庫管理を効率化するためにも、在庫管理システムについて確認していきましょう。

「在庫管理システム」ざっくり言うと……
  • 在庫管理システムとは在庫を過不足なく管理できるシステム
  • おすすめ在庫管理システムはロジザードZEROなど
  • 在庫管理システムを選ぶポイントは自社商材との相性など
  • 在庫管理システムのメリットは在庫管理を効率化できることな

【2022年最新】おすすめ名刺管理アプリ10選!メリットや選ぶポイントはコレ!

【無料あり】おすすめの給与計算ソフトを徹底比較!規模・機能別の選び方はコレ!

在庫管理システムとは?

在庫管理システム_在庫管理システムとは?

在庫管理システムってどんなの?

在庫管理システムとは在庫を効率的に管理できるシステムのことです。

倉庫や商品、備品などを扱う企業は在庫管理を行う必要があります。

しかし、多くの人件費をかけていたり、ミスなどが起こってしまい時間がかかる場合もあるでしょう。

在庫を効率的に管理できれば、より効率的に利益を上げることができます。

効率的な在庫管理のために、在庫管理システムが必要になるのです。

在庫管理システムでは端末を使ってデータを入力したり、発注や仕入れを管理したりして在庫を管理します。

中には、他のシステムと連携して受注から会計まで一気突貫して管理することも可能です。

在庫管理システムのメリット

在庫管理システム_在庫管理システムのメリット

在庫管理システム導入のメリットを教えて!

在庫管理システムには多くのメリットが存在します。

うまく活用することで、自社の課題を解決できることもあるでしょう。

ここでは、在庫管理システムのメリットを確認していきます。

在庫管理システムのメリットは主に以下の3つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:在庫管理を効率化できる

在庫管理システムのメリットとして、在庫管理の効率化が挙げられるでしょう。

多くの企業では、在庫管理の際に手作業での入力や検品が行われています。

しかし、手作業で行うと時間がかかったりミスが起こってしまうでしょう。

在庫管理システムを使用すれば、作業が簡単になるため業務スピードが上がります。

 手入力によるミスも減らせるので、業務効率化にもつながるでしょう。 

在庫管理の効率化を行いたい企業は、在庫管理システムの導入をおすすめします。

メリット②:コスト削減を実現できる

在庫管理システムのメリットとして、コスト削減を実現できることが挙げられるでしょう。

在庫管理では、ミスによる機械損失以外にも、業務の教育など多くのコストがかかります。

在庫管理システムを活用すると、業務の標準化が可能になるでしょう。

 業務を標準化させることでミスが減るだけでなく、教育コストも削減できます。 

無駄なコストを削減し、余った時間や労働力を別の業務に使いましょう。

メリット③:在庫状況を可視化できる

在庫管理システムのメリットとして、在庫状況の可視化ができることが挙げられるでしょう。

在庫管理において、在庫状況の把握は重要です。

しかし、在庫のデータを管理するためには、データベースや管理するためのシステムが必要になります。

在庫管理システムでは、在庫の情報を一元管理することが可能です。

また、データをリアルタイムで更新、表示できるので、めんどうな更新作業も必要ありません。

 どこにどの商品がどのくらいあるのかを可視化することで、業務効率化にもつながるでしょう。 

多くの商品や備品を管理している企業は、在庫管理システムで在庫を可視化することをお勧めします。

在庫管理システムの4つのタイプ

在庫管理システム_在庫管理システムの4つのタイプ

在庫管理システムの種類って?

在庫管理システムには、いくつか種類があります。

各種類によって特徴や使用できる機能が異なることがほとんどです。

それぞれのタイプの在庫管理システムを確認し、自社に適した在庫管理システムのタイプを把握しましょう。

在庫管理システムのタイプは主に以下の4つです。

それぞれのタイプについて詳しく見ていきましょう。

ECサイト・通販向け

在庫管理システムの種類には、ECサイト・通販向けの在庫管理システムにはがあります。

ECサイト・通販向けの在庫管理システムは、ECサイトのカートとリアルタイムで連動するタイプのツールです。

ECサイトと連動することで、在庫状況が自動的に更新されます。

 手動で更新を行わなくても在庫状況が表示されるので、業務効率化が図れるでしょう。 

在庫の回転率が早い場合に、特におすすめのシステムになっています。

先に【ECサイト・通販向け】在庫管理システムを見る!

備品管理向け

在庫管理システムの種類には、備品管理向けの在庫管理システムにはがあります。

備品管理向けの在庫管理システムは、自社内の商品や備品の管理を行えるツールです。

通常は販売する商品の在庫管理を行います。

しかし、自社で使用する医薬品や化学物質など備品を厳重に行いたい場合にも、在庫管理が必要です。

備品向けの在庫管理システムでは、デジタルマップや管理システムを利用することで、社内の備品を安心して管理できます。

 多くの備品を扱ったり、貴重品が多い企業では、備品向け在庫管理システムが役立つでしょう。 

先に【備品管理向け】在庫管理システムを見る!

倉庫向け

在庫管理システムの種類には、倉庫向けの在庫管理システムにはがあります。

倉庫向け在庫管理システムは、倉庫内の在庫管理に特化したシステムです。

製造業や物流会社で幅広く活躍するでしょう。

また、倉庫管理が複雑化してしまった企業にもおすすめです。

 複数の倉庫を連携させて一括管理を行ったりと、効率的な倉庫管理が可能になります。 

ECサイトや通販にも対応しているものが多いので、様々な用途に合わせて利用できるでしょう。

先に【倉庫向け】在庫管理システムを見る!

小規模向け

在庫管理システムの種類には、小規模向けの在庫管理システムにはがあります。

小規模向けの在庫管理システムでは、コストを抑えながら在庫を管理することが可能です。

在庫管理システムというと、大企業や大きな倉庫を抱えている企業しか導入してないイメージはないでしょうか?

しかし、中小企業や小規模の在庫管理でもシステムを導入するケースが増えているのです。

それに伴い、小規模向けの在庫管理システムを増加しています。

小規模向けのシステムは、必要最低限の機能にすることで、コストを抑えた運用が可能です。

 複雑な管理が必要ない場合や、小規模な在庫管理を行いたい場合に役立つでしょう。 

先に【小規模向け】在庫管理システムを見る!

在庫管理システムを選ぶポイント

在庫管理システム_在庫管理システムを選ぶポイント

在庫管理システム導入のポイントは?

近年、多くの在庫管理システムが誕生しています。

無料で使えるものや買い切り型のもの、サポート体制が充実しているものなど様々です。

しかし、種類が多すぎてどれを選べばいいか迷っている方もいるのではないでしょうか?

ここでは、在庫管理システムの選ぶポイントを5つ紹介していきます。

選ぶ際のポイントを確認し、自社に適した在庫管理システムを選びましょう。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:自社商材に合っているか

在庫管理システムの選び方として、自社商材に合っているかが挙げられるでしょう。

ひとくちに在庫と言っても、倉庫の場合もあれば、社内の備品の場合もあります。

また、食品系なのか金属系なのかなど、商材の種類も様々です。

特に食品系の場合は、賞味期限などがあるので、期限が迫った商品を廃棄するシステムなどが必要になります。

在庫管理システムを選ぶ際は、 自社の商材に合ったシステムや機能が備わっているかを確認しましょう。 

ポイント②:検品方法へ対応しているか

在庫管理システムの選び方として、検品方法に対応しているかが挙げられるでしょう。

在庫管理において検品方法は様々です。

スマホやハンディターミナルを使用したり手作業で行うものもあります。

扱う商品や備品によっても変わってくるでしょう。

在庫管理システムを選ぶ際には、 自社の検品方法に対応したシステムを選ぶ必要 があります。

導入前に検品方法を整理し、バーコードがないものには手入力で対応できるシステムを選ぶとよいでしょう。

ポイント③:価格

在庫管理システムの選び方として、価格・コストが挙げられるでしょう。

在庫管理システムの料金形態は様々です。

買取式や月額制のシステムもあります。

初期費用が低くても、オプション機能を追加しすぎてコストが高くなってしまう場合もあるでしょう。

自社の予算を明確にし、導入目的に合った機能だけで運用することで、コストを抑えることができるのです。

また、もともとの機能を抑えることで、低コストでの運用を可能にしているシステムもあります。

 同じくらいの機能の製品で迷ったら価格で選択するのもひとつの手でしょう。 

ポイント④:自社の課題を解決できる機能があるか

在庫管理システムの選び方として、自社の課題を解決できるかが挙げられるでしょう。

新しくシステムを導入際に、そもそもの目的を見失ってしまう場合は多々あります。

便利な機能やオプションを追加しすぎると、本来の課題以外に新たな課題が生まれしまうのです。

在庫管理システムを導入する際は、 現状の自社の課題を解決できるかどうかを重要視しましょう。 

また、いきなりすべての課題を解決しようとすると、結局中途半端な成果しか出ないこともあります。

自社の課題に優先順位をつけ、高いものから解決していきましょう。

ポイント⑤:カスタマイズ性

在庫管理システムの選び方として、カスタマイズ性が挙げられるでしょう。

システムを導入するときには、機能やプランを選び、その時の自社に合った内容のシステムを選びます。

しかし、扱う商品や業務フローが変わった場合、システムの内容も変えなければいけません。

この時に、カスタマイズ性が低く柔軟な対応ができないと、システム自体を変更する場合もあります。

システムを変更すると、多くのコストや時間がかかってしまうでしょう。

近年ではテクノロジーが進み、新しい技術の誕生サイクルもはやまっています。

カスタマイズ性が高いシステムを導入すれば、変化の激しいこの時代でもすぐに対応できるでしょう。

おすすめの在庫管理システム|ECサイト・通販向け

在庫管理システム_おすすめの在庫管理システム|ECサイト・通販向け

在庫管理システムには多くのツールが存在します。

その中でもECサイト向けの在庫管理システムは、ECサイトと連携することで、在庫管理の効率化を行うことができるシステムです。

ここでは、実際に提供されているECサイト向けの在庫管理システムを確認していきましょう。

おすすめの在庫管理システム|ECサイト・通販向け

ロジクラ

ロジクラ出典:https://logikura.jp/

ロジクラの特徴
  • 無料から使用できる
  • iPhoneだけで検品が可能
  • ShopifyなどのECシステムを連携できる

ロジクラは通販サイトでの在庫管理に適したシステムです。

入荷や出荷などの機能をスマホから確認できるため、低コストで検品の仕組みを実現可能になります。

受注管理システムやPOSシステムとの連携も可能です。

料金

プラン 月額料金
フリー 0円
ライト 9,000円
スタンダード 25,000円
プレミアム 40,000円
こんな人におすすめ
  • すでにECシステムを導入している
  • ハンディターミナルを使用したくない
  • まずは無料で試したい

logiec

在庫管理システム_logiec出典:https://www.hapilogi.co.jp/service/logiec

logiecの特徴
  • クラウド型流通統合制御システム
  • APIで他サービスと連携
  • 全国130以上の倉庫と提携している

logiecは、クラウド型流通統合制御システムです。

クラウド型なので、常に最新機能を使用でき、多額の初期費用やシステム開発費も必要ありません。

カテゴリー別の代行サービスなど様々な機能やサービスがあります。

料金

企業ごとに見積もり

こんな人におすすめ
  • クラウド型の在庫管理システムをさがしている
  • 他サービスとの連携を行いたい
  • データ統合やオペレーションの自動化を行いたい

ネクストエンジン

在庫管理システム_next出典:https://next-engine.net/

ネクストエンジンの特徴
  • EC運営のコスト削減ができる
  • 多くの外部システムと連携可能
  • 導入実績No1

ネクストエンジンとは、Hamee株式会社が提供している在庫管理システムです。

導入実績No1を誇り、多くの企業で使用されています。

多彩な機能やカスタマイズ性で、企業の様々なニーズに対応できる在庫管理システムです。

料金

基本料金(月額10,000円)+従量課金制など

※詳しくはネクストエンジンHPの見積もりシミュレーションから

こんな人におすすめ
  • EC運営を効率化したい
  • 多くの機能を使用できるシステムを探している
  • 実績のある在庫管理システムが良い

おすすめの在庫管理システム|備品管理向け

在庫管理システム_おすすめの在庫管理システム|備品管理向け

 

備品管理向け在庫管理システムは、社内の備品管理を効率的に行うことができるシステムです。

ここでは、実際に提供されている備品管理向けの在庫管理システムを確認していきましょう。

おすすめの在庫管理システム|備品管理向け

Locus Mapping

在庫管理システム_Locus Mapping出典:https://rflocus.com/service/

Locus Mappingの特徴
  • デジタルマップ上で在庫管理が可能
  • 在庫管理を効率化するレーダー搭載

Locus Mappingは、デジタルマップ上で在庫管理できるシステムです。

マップ上で在庫を検索、表示できるので、効率的な在庫管理が可能になります。

料金

企業ごとに見積もり

こんな人におすすめ
  • 在庫管理を可視化したい
  • 最新技術を搭載したシステムを探している
  • 店舗運営や医療関係にもおすすめ

ZAICO

在庫管理システム_ZAICO出典:https://www.zaico.co.jp/

ZAICOの特徴
  • 在庫管理アプリNo1を獲得
  • 誰でも簡単に使用できる
  • 月額980円から使用できる

ZAICOとは、クラウド型の在庫管理システムです。

誰でも簡単に使用できるシステムなので、導入ハードルは低くなっています。

料金

プラン 月額料金
無料プラン 0円
エントリー 980円
スタンダード 2,980円
ビジネス 9,800円
こんな人におすすめ
  • 低コストでの運用を考えている
  • 簡単に操作できるシステムが良い
  • プランの中から選びたい

おすすめの在庫管理システム|倉庫向け

在庫管理システム_おすすめの在庫管理システム|倉庫向け

 

 

倉庫向けの在庫管理システムは、今までの倉庫管理を効率化できるシステムです。

ここでは、実際に提供されている倉庫向けの在庫管理システムを確認していきましょう。

おすすめの在庫管理システム|倉庫向け

インターストック

在庫管理システム_倉庫向けおすすめ出典:https://www.inter-stock.net/

インターストックの特徴
  • 中小企業向けの管理システム
  • オープンソース型で内製化ができる
  • 追加カスタマイズが無料

インターストックは、オープンソース型の在庫管理システムです。

オープンソースで内製化を支援し、企業に合わせた管理方法を獲得できます。

料金

企業ごとに見積もり

こんな人におすすめ
  • 在庫管理システムを自社で内製化したい
  • 追加カスタマイズをどんどん行いたい

ロジザードZERO

ロジザードZERO出典:https://www.logizard-zero.com/

ロジザードZEROの特徴
  • 1400の現場で使用されている
  • ECサイト向け倉庫管理システム
  • 安心のサポート体制

ロジザードZEROは幅広い商材に対応した倉庫管理システムです。

商品ごとの在庫を確認したり、場所ごとの在庫を確認したりすることができます。

幅広いシステムと連携することができ、大規模に用いることも可能です。

料金

企業ごとに見積もり

こんな人におすすめ
  • ECサイトを運用している
  • 大規模な運用を考えている
  • オフライン店舗を運営している

おすすめの在庫管理システム|小規模向け

 

在庫管理システム_おすすめの在庫管理システム|小規模向け

小規模向けの在庫管理システムは、コストを抑え小規模でも在庫管理システムが使用できるものです。

ここでは、実際に提供されている小規模向けの在庫管理システムを確認していきましょう。

おすすめの在庫管理システム|小規模向け

在庫らくだ22プロ

在庫管理システム_在庫らくだプロ21出典:https://www.bsl-jp.com/products/zaiko/

在庫らくだプロ22の特徴
  • PCインストール型の在庫管理システム
  • 月額料金なし
  • 導入後の無償の保守サービスもある

在庫らくだプロ22は、PCインストール型の在庫管理システムです。

月額料金は発生せず、導入後のサポートや分析機能などを備えたツールになっています。

料金

かるがるできる在庫22 4,180円
在庫らくだプロ22 21,780円
こんな人におすすめ
  • 買い切り型のシステムを探している
  • 導入後のサポートもお願いしたい

GEN

在庫管理システム_GEN出典:https://www.gen-square.com/zaiko/

GENの特徴
  • 美しいUIデザイン
  • 充実のサポート体制
  • 販売や仕入れとも連動できる

GENとは、クラウド型の在庫管理システムです。

ECサイトのような親しみやすいUIなので、IT人材がいなくても運用ができます。

料金

企業ごとに見積もり

こんな人におすすめ
  • 使いやすい在庫管理システムが良い
  • 必要なシステムだけを使用したい
  • 販売などとも連動させたい

在庫スイートクラウド

在庫管理システム_在庫スイートクラウド出典:https://infusion.co.jp/zsc/

在庫スイートクラウドの特徴
  • 自社の状況に合わせてサービスをピックアップ
  • サブシステムとしても活躍
  • 音声入力などの機能も搭載

在庫スイートクラウドとは、株式会社インフュージョンが提供している在庫管理システムです。

自社の状況に合わせたサービスを選ぶことができます。

バーコードが読めなくても、テンキーや音声での入力が可能と、様々な状況に対応できるシステムです。

料金

プラン 月額料金
棚卸 25,000円
Lite 30,000円
Pro 35,000円

※初期費用アリ

こんな人におすすめ
  • 自社に合ったプランを選びたい
  • 音声入力を使用したい
  • デモ体験を使用したい

在庫管理システム導入の注意点

予算管理システム_予算管理システム導入の注意点

在庫管理システムを導入するときの注意点を教えて!

在庫管理システムの導入には注意点も存在します。

事前に注意点を把握することで、導入後の失敗を防ぐことができるでしょう。

在庫管理システム導入の注意点を把握し、失敗しないシステム導入を行いましょう。

システムに慣れるまで時間がかかる

在庫管理システムのデメリットとして、システムに慣れるまで時間がかかることが挙げられるでしょう。

在庫管理システムは誰でも使用できるものがほとんどです。

しかし、新しいシステムを導入すると、どんなシステムでも慣れるまでに時間がかかります。

慣れるまでは、業務効率化の効果が表れづらい場合もあるでしょう。

 短期的な効果だけを期待せず、長期的に業務効率化が進むように運用するべきです。 

特に、導入の初期段階では時間がかかることを事前に想定しましょう。

運用コストがかかる

在庫管理システムのデメリットとして、運用コストがかかることが挙げられるでしょう。

在庫管理システムは、他企業が提供しているサービスです。

そのため、利用料として月額料金が発生します。

買い切り型のシステムもありますが、サーバー代などの運用コストがかかるでしょう。

 事前にかけられるコストを計算し、機能を増やしすぎて予算オーバーにならないように注意が必要です。 

初期費用がかかる場合がある

在庫管理システムのデメリットとして、初期費用がかかる場合があることも挙げられるでしょう。

在庫管理システムは月額制で、初期費用が少ない、またはかからないものがほとんどです。

しかし、買い切り型や導入サポートを行うと、初期費用が掛かる場合があります。

当初予定していた予算をオーバーする場合もあるでしょう。

ただ、初期費用が掛かるからいきなり導入を中断するのはよくありません。

 長期的な目線で考え最終的に利益が出ている状態にするために、費用と利益を比べましょう。 

在庫管理システムのまとめ

 

在庫管理システム_おすすめの在庫管理システムまとめ

在庫管理システムを活用すれば、多くのメリットを受けられます。

在庫管理の効率化や可視化、管理コストの削減もできるでしょう。

しかし、自社の業種や目的に合ったいないシステムを導入しても、大きな効果は得られません。

コストだけが大きくなり、導入前と変わらない場合もあります。

在庫管理システム導入の際は、自社に合ったシステムを選ぶことが重要です。

 事前の調査を行い、自社に合ったものを選びましょう。 

また、導入目的を明確にすることも重要です。

目的を見失わず、自社の課題を解決できるようなシステム導入を行いましょう。

Webマーケティングについて興味のある方はコチラ!