【2022年最新】BPOおすすめサービス7選!比較・選び方のポイントやメリットを紹介

執筆: cw-saas |

BPO_おすすめ
BPOを導入するメリットって何だろう?
おすすめのBPOサービスが知りたい
BPOサービスの比較・選び方のポイントって?

近年、人材不足解消や業務効率化の手段としてBPOが注目を集めています。

社内会議などでも、BPOという単語を聞くことが増えているのではないでしょうか。

しかし、BPOを導入するとしても、具体的なメリットやBPOの選び方など、知らないことは多いと思います。

本記事では、BPOのメリットや選び方、おすすめのBPOサービスなどをまとめました。

この記事を読んで、あなたの会社に合ったBPOサービスを見つけましょう!

BPOについてざっくり言うと…
  • BPOとは業務プロセスを外部に委託する経営戦略のこと
  • BPOのメリットは活用すれば人材不足が解消できること
  • BPOは自社にはない外部のノウハウを利用できる
  • 業務効率化に最適なサービスとして注目を集めている
  • BPOは企業競争力を上げるための手段としても注目されている

BPOとは

BPO_おすすめ_BPOとは

BPOとは「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」の略称です。

その名の通り、BPOは企業内の業務プロセスを外部に委託する経営戦略になります。

BPOという単語を会社内での会議などで聞くことも多くなったのではないでしょうか。

多くの業界や業種で、BPOは注目を集めています。

注目を集めている理由としては、人材不足の解消や業務効率化が可能になるからです。

特に日本は、人口減少や少子高齢化から発生する課題が増えています。

BPOは、日本のビジネス上の課題を解決する方法として活用されているのです。

今後ビジネスを拡大していく上で、BPOを取り入れることは重要となってくるでしょう。

BPOとアウトソーシングの違い

BPO_おすすめ_BPOとアウトソーシングの違い

近年注目を集めているBPOですが、似たような言葉にアウトソーシングというものがあります。

BPOとアウトソーシングを混同されている方は多いのではないでしょうか。

しかし、BPOとアウトソーシングは異なる意味を持ちます。

BPOとアウトソーシングの違い
  • BPO:業務のプロセス事態を委託する
  • アウトソーシング:一部の業務を委託する

一般的なアウトソーシングは、自社の業務を外部に委託する形です。

一方、BPOは業務設計から分析、改善案実行までを外部に委託します。

つまり、アウトソーシングは業務の一部を委託し、BPOは業務のプロセス事態を委託するという違いがあるのです。

BPOは、経営戦略のひとつとして考えられることが多くあります。

BPOとアウトソーシングの違いをしっかりと抑えておきましょう。

BPOサービス導入のメリット

BPO_おすすめ_BPOサービス導入のメリット

BPOは、企業内の業務プロセスを外部に委託する経営戦略です。

上手く導入することができれば、多くのメリットを受けられるでしょう。

ここでは、BPOのメリットを確認していきます。

時間・コストが削減できる

BPO_おすすめ_時間・コストが削減できる

BPOサービス導入のメリットは、時間・コストが削減できることです。

自社の業務の中には、定型的な作業があるのではないでしょうか?

定型的な業務を外部に任せることで、社員が増えることによる人件費を抑えることが可能です。

業務の拡大により従業員を増やし続けてしまうと、大幅なコストがかかります。

また、育成するための時間もかかるでしょう。

定型的な業務をBPOサービスに委託することで、時間・コストを削減することが可能になります。

自社の業務内のコストカットや定型的な作業時間を削減したい場合は、BPOサービスを導入しましょう。

コア業務に集中できる

BPO_おすすめ_コア業務に集中できる

どの企業にも、コア業務とノンコア業務があります。

コア業務は、経営戦略から生産、販売などにあたるでしょう。

一方ノンコア業務には、総務、経理、人事などがあります。

ノンコア業務も重要なプロセスです。

しかし、企業は限られたリソースの中で、事業を回していかなければなりません。

よって、企業は業務に優先順位をつけ、コア業務に集中する必要があります。

BPOサービスを導入すれば、ノンコア業務を外部へ委託することが可能です。

ノンコア業務を外部へ委託すると、企業はコア業務に集中してリソースを投下することができるでしょう。

自社のコア業務にリソースを集中させたい場合は、BPOサービスの導入がおすすめです。

外部のノウハウを利用できる

BPO_おすすめ_外部のノウハウを利用できる

BPOサービス導入のメリットとして、外部のノウハウを利用することができます。

BPOを受託する企業は、その道のプロフェッショナルです。

多くの企業が業務を委託していれば、その分多くのノウハウが蓄積されています。

BPOで業務を委託すれば、他企業との仕事で築いたノウハウを利用して業務を行ってくれるでしょう。

BPOサービスでは、自社にはないノウハウを利用してくれるので、効率的に進めることができます。

専門家がいない場合なども、BPOサービスを導入することで、効果的な業務を行うことが可能になるでしょう。

BPOサービス導入のデメリット

BPO_おすすめ_BPOサービス導入のデメリット

BPOサービスには、多くのメリットがあります。

しかし、その反面、BPOサービスを導入することで生まれるデメリットもあることを忘れてはいけません。

導入で失敗しないためにも、BPOサービス導入のデメリットを確認していきましょう。

委託準備に時間がかかる

BPO_おすすめ_委託準備に時間がかかる

BPOサービス導入のデメリットには、委託準備に時間がかかることが挙げられるでしょう。

BPO業者に依頼する場合は、事前にいくつかの準備が必要になります。

主な事前準備は、

  • BPO業者探し
  • 委託するための情報整理
  • 委託する範囲の選定
  • 担当部署や担当者の配属

といったように、事前準備が必要です。

特に、BPO業者探しと情報整理には時間がかかるでしょう。

BPO業者探しは、信頼できる企業を探さなければいけません。

また、情報整理では、社内情報や顧客情報などをまとめる必要があります。

このような事前準備を、通常業務と並行して進めなければいけません。

事前に、BPOサービス導入の準備にかかる時間を把握しておきましょう。

自社にノウハウが蓄積されない

BPO_おすすめ_自社にノウハウが蓄積されない

BPOサービス導入のデメリットとして、自社にノウハウが蓄積されないといったことも挙げられるでしょう。

ノウハウというのは、業務を進めていく上で蓄積されていくものです。

しかし、BPOサービスを導入すると、社内業務を外部に任せることになります。

よって、自社にノウハウを蓄積することが難しくなるのです。

将来的な事業展開や経営戦略を考えたうえで、どの業務を委託するかを判断しましょう。

一旦始めたら終了しづらい

BPO_おすすめ_一旦始めたら終了しづらい

BPOサービス導入のデメリットには、一旦始めたらBPOを終了しづらくなるということがあります。

一度外部に業務を委託すると時間が経過すると、なかなか元には戻せません。

BPOを途中で終了してしまうと、蓄積されたノウハウや人材が欠けてしまうからです。

せっかく溜まった蓄積を手放すことになってしまいます。

その蓄積ノウハウも、受託企業側に蓄積されたノウハウなので、次の事業に活かせません。

無理に戻そうとすると、業務の停滞につながってしまう恐れがあります。

よって、一度開始したBPOを終了させるのは難しいことを覚えておきましょう。

BPOサービスの比較・選び方のポイント

BPO_おすすめ_BPOサービスの比較・選び方のポイント

BPOサービスを導入することで、コストカットや外部ノウハウの利用などのメリットを受けられることがわかりました。

実際にBPOサービスを導入するには、いくつかのポイントを抑える必要があります。

BPOサービスを導入するための比較・選び方のポイントを確認していきましょう。

企業規模

BPO_おすすめ_企業規模

BPOサービスの比較・選び方のポイントとして、企業規模を確認することが挙げられるでしょう。

委託先の企業があまりにも小規模だと、業務を遂行するために必要な人材が揃っていない可能性があります。

また、一部の業務を他の企業に下請けしている場合もあるでしょう。

他の企業に下請けしている場合、セキュリティ面などで問題が発生する可能性があります。

企業規模が大きければ良いというわけではありません。

しかし、業務を遂行することが可能なレベルかどうかの確認は重要です。

「BPOを導入したのに業者側の人材が足りない」などの失敗をなくすためにも、BPO業者の企業規模を確認しましょう。

実績があるかどうか

BPO_おすすめ_実績があるかどうか

BPOサービスの比較・選び方のポイントとして、実績があるかどうかも重要です。

実績がない企業や、社歴が短い企業は、業務ノウハウが蓄積されていない可能性があります。

逆に、社歴が長い企業は多くのノウハウが蓄積されていることがほとんどです。

実績豊富な企業は、信頼性も高いとみて良いでしょう。

また、社歴が長い企業で働いて独立して設立した企業も、ノウハウが溜まっている可能性があります。

効果的な業務を依頼するためにも、事前に実績があるかどうかを確認しましょう。

得意な業務内容かどうか

BPO_おすすめ_得意な業務内容かどうか

BPOサービスの比較・選び方のポイントとして、得意な業務内容かどうかも挙げられるでしょう。

BPOサービス企業には、それぞれ得意な業務とジャンル不得意な業務ジャンルがあります。

総務や経理を得意とした企業や、IT関連の業務を専門とする企業も存在するでしょう。

例えば、システム関連を得意とするBPO企業に業務を委託するとします。

システムが関わるという理由で、総務や経理も依頼してしまうと、ノウハウ不足による問題が発生しかねません。

BPOを依頼する企業が、どの分野が得意でどの分野が苦手なのかを事前に把握しましょう。

セキュリティ面

BPO_おすすめ_セキュリティ面

BPOサービスの比較・選び方のポイントとして、セキュリティ面も重要です。

セキュリティ面は、BPOサービスを導入する際に最も注意が必要な要素になるでしょう。

BPOサービスを依頼する場合、社内秘扱いの情報を委託先に提示しなければいけません。

顧客情報などが漏れてしまっては、企業の信用問題に関わります。

よって、委託先のセキュリティ面には細心の注意が必要です。

セキュリティ面をはかるものとして、「プライバシーマーク」というセキュリティ規格があります。

また、セキュリティが厳しい企業からの実績があるかどうかも、セキュリティ面をはかる指標になります。

導入前には、最低限、委託先の企業のプライバシーマークと実績を確認しましょう。

国内BPOか海外BPOか

BPO_おすすめ_国内BPOか海外BPOか

BPOサービスの比較・選び方のポイントには、国内BPOか海外BPOかを確認することも挙げられるでしょう。

BPOサービスの中には、日本の企業であっても、海外で業務を処理する場合があるのです。

このような、海外で業務を処理するBPOサービスは、海外BPOやオフショアBPOと呼ばれています。

海外BPOのメリットは、コストを抑えることができる部分です。

しかし、その分デメリットも存在します。

デメリットの大部分は、セキュリティ面での不安でしょう。

海外BPOは、社内秘である情報を海外に持ち出すことになります。

実際に2018年には、海外への無断再委託による情報流出などが起こっているのです。

このような情報流出の事例もあるので、国内BPO以上に注意が必要になります。

海外BPOを考える場合は、国際セキュリティ規格である「ISMS」を取得しているかどうかを確認すると良いでしょう。

BPOおすすめサービス7選

BPO_おすすめ_BPOおすすめサービス

現在では、数あるBPO業者の中から、自社に合ったBPO業者を探すことが可能です。

しかし、業者数が多すぎるので、企業を絞るのは難しいでしょう。

ここでは、おすすめのBPOサービスを7選紹介します。

それぞれの特徴を抑え、自社に合った業者を探しましょう。

株式会社パソナ

BPO_おすすめ_パソナ出典:株式会社パソナ

株式会社パソナの特徴
  • 日本最大級のBPOサービス企業
  • ほぼ全ての業界をカバーしている
  • 最新テクノロジーの活用や人材活用の豊富さ

株式会社パソナは、日本最大級のBPOサービスを提供する企業です。

オフィスワークや製造、医療や介護などほぼ全ての業界業種をカバーしています。

大手ならではの手厚いサポート体制も整っているので、安心して依頼することができるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 知名度の高い企業にお願いしたい
  • サポート体制を活用して安心して依頼したい
  • 幅広い業務に対応可能なBPO業者を探している

アデコ株式会社

BPO_おすすめ_アデコ出典:アデコ株式会社

アデコ株式会社の特徴
  • 20年以上の実績を誇るBPO企業
  • 600名上のスーパーバイザーが在籍
  • ITテクノロジーを活用した提案が得意

アデコ株式会社は、20年以上にわたってBPOサービスを提供してきた企業です。

多くの実績を誇っており、長年蓄積してきたノウハウをフルに活用したサービスを提供しています。

正社員のスーパーバイザーも600人以上在籍しているので、スムーズかつ高品質なサポートを受けることが可能です。

こんな人におすすめ
  • 多くの実績を誇る企業を探している
  • ITに強い企業を探している
  • 企業のブランドイメージを崩さずサービス向上を図りたい

株式会社TMJ

BPO_おすすめ_TMJ出典:株式会社TMJ

株式会社TMJの特徴
  • セコムグループの1つ
  • 顧客体験デザインが得意
  • 大手企業への導入実績が豊富

株式会社TMJは、セコムグループの1つで、BPOサービスを提供している企業です。

CKデザインなど顧客体験をデザインし、事業の継続的な成長に貢献することが期待できるサービスになります。

AIやロボットなどを活用した業務効率化にも定評があるサービスです。

こんな人におすすめ
  • CXデザインなども含めて委託したい
  • AIによる業務効率化を考えている
  • 大手への実績などが多い企業を探している

トランスコスモス株式会社

BPO_おすすめ_トランスコスモス出典:トランスコスモス株式会社

トランスコスモス株式会社の特徴
  • 自治体や大手企業に多くの実績を持つ
  • BtoBパートナーとして人気のある企業
  • デジタル技術を融合させたサービスを提供

トランスコスモス株式会社は、業界最大手のBPOサービスを提供している企業です。

自治体や大手企業など、あらゆる業界からBPOを請け負っています。

デジタルマーケティングやEC、データ分析など様々なサービスを提供するBPO企業です。

こんな人におすすめ
  • BPO業者の中でも大手企業を探している
  • デジタルを活用したサービスを受けたい
  • 多くの実績を持つサービスを探している

コニカミノルタ株式会社

BPO_おすすめ_コニカミノルタ出典:コニカミノルタ株式会社

コニカミノルタ株式会社の特徴
  • 最新技術を用いたBPOサービス
  • 自動化技術による革新的なサービスを提供
  • 人的コストの削減が可能

コニカミノルタ株式会社は、日本の大手電機会社です。

最新技術を活用したBPOサービスを提供しています。

AIを活用すれば、大量の帳簿処理や人的コストの削減が可能になるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 最新技術を活用して業務改善いを行いたい
  • AIやデータ処理を進めたい
  • 人的コストなど削減を考えている

株式会社ネオキャリア

BPO_おすすめ_ネオキャリア出典:株式会社ネオキャリア

株式会社ネオキャリアの特徴
  • ローコストでBPOが可能
  • 累計3000以上の実績を持つ
  • 顧客満足度やリピート率が高い

株式会社ネオキャリアは、累計3000以上の実績を持つBPO業者です。

業界トップクラスのローコストBPOサービスなので、低コストでの継続が可能になります。

顧客満足度も高く、安心して業務を依頼できるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 低コストでBPOサービスを受けたい
  • 実績のある企業を探している
  • ノンコア業務の派遣社員を集めたい

株式会社キャスター

BPO_おすすめ_キャスター出典:株式会社キャスター

株式会社キャスターの特徴
  • 比較的新しい会社だが着実に拡大中
  • 社員全員がリモートワークで働いている
  • 女性スタッフも多いので丁寧なアシスタントを期待できる

株式会社キャスターは、2014年に創業した会社です。

比較的新しい会社ですが、現在は700名以上の社員が在籍しています。

秘書業務などの非IT系業務を得意としているサービスです。

こんな人におすすめ
  • スピーディーな対応を求めている
  • 大量の依頼をお願いしたい
  • 秘書業務などの依頼を考えている

BPOの種類・代表的な業務

BPO_おすすめ_BPOの種類・代表的な業務

BPOを依頼する場合は、いくつかの業務に分かれます。

BPO業者によって、対応できる業務も変わってくるのが一般的です。

ここでは、BPOの種類と代表的な業務について確認していきましょう。

総務業務のBPO

BPO_おすすめ_総務業務のBPO

BPOの代表的な業務には、総務業務があります。

総務業務は煩雑なことが多いので、BPOのメリットを得やすい分野です。

受付や郵便物の管理など、必要だけどコア業務ではないものが多くあります。

企業の中でも、多くの人員を配置しづらい業務です。

労働力不足が目立つ業務でもあるので、BPOの恩恵を受けやすくなります。

総務業務で人材不足や効率化ができていない場合は、BPOサービスを導入すると業務効率化が可能になるでしょう。

人事業務のBPO

BPO_おすすめ_人事業務のBPO

BPOの代表的な業務として、人事業務も挙げられるでしょう。

人事業務は、企業の中でも重要な業務です。

しかし、その分多くの作業やコミュニケーションが必要になります。

そこで、近年では採用代行を行い、業務効率化を図る企業も増えてきているのです。

人事業務にリソースを配分できていない場合は、BPOサービスを選択することも一つの手になるでしょう。

経理業務のBPO

BPO_おすすめ_経理業務のBPO

BPOの代表的な業務には、経理業務のBPOも挙げられるでしょう。

経理業務は、一定以上の専門性が求められます。

また、仕訳や決算、記帳など業務の内容も幅広いです。

よって、業務全体を委託する企業や、部分的な委託のみを行う企業など様々になります。

最近では、AIやテクノロジーを使用した自動化サービスなどで効率化を図ることが可能です。

コストを抑えながら業務効率を上げるには最適な分野になります。

経理業務の自動化を考えている企業は、BPOサービスの導入も検討してみましょう。

マーケティング業務のBPO

BPO_おすすめ_マーケティング業務のBPO

BPOの代表的な業務として、マーケティング業務のBPOも存在します。

マーケティング業務では、商品設計から分析、営業活動などの業務プロセスが必要です。

売上や成長率にも直結してくるので、企業のコア業務として扱われることが多くあります。

しかし、社内にノウハウや実績がない場合があるでしょう。

そこで、外部のノウハウを利用する目的で、BPOを利用する企業が増えています。

市場分析やデータ収集を効果的に行うことで、企業としての数字やブランドイメージの向上に繋がるでしょう。

自社にマーケティングのノウハウやリソースがない場合は、外部に委託すると効果的なマーケティング施策が行えます。

IT関連業務のBPO

BPO_おすすめ_IT関連業務のBPO

BPOの代表的な業務には、IT関連業務のBPOもあります。

コロナの影響やテクノロジーの発達により、どの企業でもIT化が求められてきました。

しかし、IT人材やITリソースの不足により、スムーズにIT化を進められている企業は多くありません。

また、IT関連は専門性を求められる業務です。

最近では、企業が取り扱うデータが増えてきたこともあり、BPOの活用が多くなっています。

システム運用管理業務など、社内にはないリソースを外部に委託することで、効果的な運用を行うことが可能です。

IT人材をすぐに雇用できない場合は、BPOが有効な手段の一つになるでしょう。

自社に合ったBPOサービスを選ぼう

BPO_おすすめ_自社に合ったBPOサービスを選ぼう

近年、人材不足や働き方改革による業務効率化から、BPOへのニーズが高まっています。

それに伴い、BPOサービスを提供する企業も増えてきました。

長い経歴を持つ企業や、ITに特化した企業など、様々なBPO業者が存在します。

BPOを成功させるには、多くのBPO業者の中から、自社の目的に合った業者を選ぶことが重要です。

事前調査や会議をしっかり行い、自社に合ったBPOサービスを選びましょう。