【徹底比較】おすすめのMAツール10選|実績豊富なサービスや選び方のポイントまでご紹介

執筆: SaaS辞典 編集部 |

MAツール
おすすめのMAツールを知りたい
MAツール導入のメリットとは?
失敗しないMAツールの選び方って?

国内だけでなく海外でも市場が拡大しているMAツール。

自社の会議などでMAツールという言葉を耳にする機会も増えたのではないでしょうか?

MAツールをうまく活用すれば、業務効率化や売上アップなどが期待できます。

しかし、どのツールを選べば良いのかがわからない方も多いでしょう。

本記事では、おすすめMAツールの紹介や、MAツール導入のメリット、注意点などをまとめました。

この記事を参考にして、自社に合ったMAツールを選びましょう。

MAツールについてざっくり言うと…
  • MAツールを使えばマーケティング業務が自動化できる
  • MAツールの顧客管理で業務効率化ができる
  • MAツールのメリットは売上がアップすること
  • サポート体制の充実したMAツールを選ぼう
  • 自社と似た企業が導入しているMAツールをチェックしよう

◯こんな記事も読まれてます

おすすめのMAツール15選を徹底比較!自社にあったMAツールはこれ!

MAツールとは?

MAツール_おすすめ_MAツールとは

MAツールとは、ざっくり言うとマーケティング活動を自動化できるツールです。

具体的には、顧客情報の収集・蓄積から、見込み顧客の育成や行ったマーケティング施策の分析まで効率的に業務が行えるよう、自動化をします。

MAツールについて、以下の2つの項目との違いついて詳しく見ていきましょう。

MAツールとは?

 

SFAとの違い

MAツール_おすすめ_SFAとの違い

SFAとは、営業の業務を自動化したり、可視化したりできるツールになります。

具体的には、リードや案件を管理し、営業で得られる利益を最大化できるシステムです。

MAツールを使って手に入れたリードをSFAを使って受注に持っていくイメージになります。

CRMとの違い

MAツール_おすすめ_CRMとの違い

CRMとは、顧客情報をデータベース上で管理、分析し、顧客とより良い関係を築きたい時に役立つツールです。

MAツールやSFAを使って手に入れた顧客を育成し、リピートしてもらう目的で使われる場合が多いくあります。

MAツールの9つの機能

MAツール_おすすめ_MAツールの機能

 

それぞれの機能について詳しく見ていきましょう。

リード獲得

MAツール_おすすめ_リード機能

MAツールの機能としてまず挙げられるのは、リード獲得です。

MAツールには、見込み客を育てるために、リード客に情報発信を行ったり、成約しやすいと考えられるリードを選定したりする機能があります。

MAツールは顧客への効率的なアプローチに役立つのです。

リード情報管理

MAツール_おすすめ_リード情報管理

MAツールの機能としては、リード情報管理も挙げられます。

たとえば、BtoB型のシステムであれば、基本データから過去の商談履歴などの商談情報、顧客との関係性などについて管理可能です。

一方、BtoC型の場合には、自社サービスへの流入経路や訪問履歴などの情報を管理することが可能になります。

シナリオ設計

MAツール_おすすめ_シナリオ設計

MAツールの機能としては、シナリオ設計も挙げられるでしょう。

シナリオ設計では、顧客が特定の行動を起こした時のアクションを事前に設定し、自動的に対応することが可能です。

たとえば、見込み顧客がお試し製品を購入した時に、ダイレクトメールを送るなどの行動が考えられます。

スコアリング

MAツール_おすすめ_スコアリング

MAツールの機能としては、スコアリングも挙げられます。

ここで言うスコアリングとは、顧客がどの程度自社製品を利用してくれる可能性があるかをスコアで表示してくれるものです。

スコアリングを活用すれば、購入可能性が高い顧客に効率的にアプローチできます。

メール配信

MAツール_おすすめ_メール配信

MAツールの機能としては、メール配信も挙げられます。

MAツールでは、見込み客に対して、適切なタイミングでダイレクトメールを送信することが可能です。

顧客の好みに応じたメールが送信されるため、効率的な顧客獲得が可能になります。

Webページ作成

MAツール_おすすめ_Webページ作成

MAツールの機能としては、Webページ作成も挙げられるでしょう。

これはMAツール自体の機能ではありませんが、MAツールを提供している会社の中には、効果的なWebページの制作を代行してくれるところもあります。

自社でもWebページ作成は可能ですが、ノウハウがある専門の会社に依頼することで、より高い成果を得られるWebページが作れるはずです。

Web行動解析

MAツール_おすすめ_Web行動解析

MAツールの機能としては、Web行動解析も挙げられるでしょう。

MAツールでは顧客の行動をチェックし、顧客の好みを把握します。

そして、好みに応じてWeb上で表示する内容を変えることが可能なのです。

ソーシャルマーケティング

MAツール_おすすめ_ソーシャルマーケティング

MAツールの機能としては、ソーシャルマーケティングも挙げられます。

ソーシャルマーケティング機能ではFacebookやTwitter、Instagramなどに自動投稿したり、予約投稿が可能です。

これにより、作業の効率化を図ることができます。

顧客管理システム連携

MAツール_おすすめ_顧客管理システム連携

MAツールの機能としては、顧客管理システム連携も挙げられます。

すでに導入している顧客管理システムと連携することで、より便利な使い方が可能になります。

これまで蓄積してきた顧客情報をもとにMAツールを活用できるからです。

MAツールを選ぶ9個のポイント

MAツール_おすすめ_MAツールを選ぶポイント

 

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:BtoBか、BtoCか

MAツール_おすすめ_BtoBかBtoCか

MAツールを選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、BtoBか、BtoCかです。

MAツールは大きくBtoB向けのツールとBtoC向けのツールに分けることができます。

マーケティングのプロセスは、BtoBとBtoCで大きく異なることがほとんどです。

よってMAツールも、BtoB向けとBtoC向けで特徴や機能が異なります。

BtoC向けの製品を扱っているのに、BtoB向けのMAツールを導入しても、適切な効果は得られません。

MAツールによる効果を得られず、運用コストだけが大きくなってしまう可能性もあります。

自社の扱っている製品がBtoB向けなのかBtoC向けなのかを把握し、特徴に合ったMAツールを選ぶべきでしょう。

ポイント②:他システムと連携できるか

MAツール_おすすめ_他システムと連携できるか

MAツールを選ぶポイントとしては、他システムと連携できるかも挙げられるでしょう。

新しいシステムを導入場合、元々使っていたシステムからデータを引っ張ってきたりする可能性もあります。

データを移動する際に、お互いのシステムが連携できると、スムーズにデータの移動が可能です。

また、1つのシステムでデータを更新した際に、システムが連携できていないと、2回データを更新しなければいけません。

2回も同じデータを更新する作業は効率的とは言えないでしょう。

無駄な作業をなくすためにも、すでに使用しているシステムとMAツールが連携できるかどうかは事前に確認することが重要です。

ポイント③:幅広いチャネルに対応しているか

MAツール_おすすめ_幅広いチャネルに対応しているか

MAツールを選ぶポイントとしては、幅広いチャネルに対応しているかことも挙げられます。

チャネルとは、顧客にアプローチする、メール、SNS、広告などの手段のことです。

近年、顧客の行動や属性は多様化しています。

広告で購買決定までする顧客もいれば、SNSやWebメディアなどで事前に調べる顧客など様々です。

幅広いチャネルに対応していれば、それだけビジネスチャンスが広がる可能性があります。

メールだけでなく、SNSや広告など幅広いチャネルに対応しているMAツールを選びましょう。

ポイント④:サポートが充実しているか

MAツール_おすすめ_サポート

MAツールを選ぶポイントとしては、サポートが充実しているかも挙げられるでしょう。

新しいシステムを導入する場合は、効果的に運用できるまで時間がかかります。

今までITツールなどを使用してこなかった企業は、スムーズに導入できない可能性もあるでしょう。

MAツールの使い方でわからないところが出てきた時に、誰にも聞けないと多くの時間を浪費してしまいますよね。

MAツール導入時にサポートが充実していれば、思い通りに製品を動かせることができます。

MAツールを効果的に運用し、早く成果を出すためにも、サポート体制が充実しているかを調べましょう。

ポイント⑤:自社と似た企業が導入しているか

MAツール_おすすめ_自社と似た企業が導入しているか

MAツールを選ぶポイントとしては、自社と似た企業が導入しているかことも挙げられるでしょう。

MAツールは会社の規模や業種によって、最適なものが変わります。

大企業には大企業向けのMAツール、中小企業には中小企業向けのMAツールなど様々です。

また、アパレル向けのMAツールや人材向けのMAツール、ECサイトを運用している企業向けのMAツールもあります。

それぞれ機能や特徴が異なり、解決できる課題も変わることがほとんどです。

MAツールの効果を最大限に発揮するには、自社の規模や業種に合ったツールを選ぶことが重要になります。

自社と似た企業が導入してれば、そのMAツールは自社にも適したツールである可能性が高くなるしょう。

ポイント⑥:導入形態

MAツール_おすすめ_導入形態

MAツールを選ぶポイントとしては、導入形態も挙げられるでしょう。

導入形態としては、オンプレミス型とクラウド型が該当します。

オンプレミスは自社内のネットワークで運用できるためセキュリティ性能は高いですが、費用は高くなる場合が多くなりがちです。

一方、クラウドの場合には手軽に導入できますが、カスタマイズ性は低いという特徴があります。

MAツールの導入形態
  • オンプレミス型:自社内のネットワークで運用する形態
  • クラウド型:クラウド上で運用する形態

自社内でセキュリティ管理などを行いたい場合は、オンプレミス型のMAツールが良いでしょう。

コストを抑え、手軽に運用したい場合はクラウド型がおすすめです。

自社の目的に合った導入形態を選びましょう。

ポイント⑦:契約形態・料金

MAツール_おすすめ_契約形態

 

MAツールを選ぶポイントとしては、契約形態も挙げられるでしょう。

MAツールはそれぞれ料金体系が異なります。

月契約や年間契約などの契約期間が違ったり、ユーザー数によって料金が変わったりと様々です。

予算やどれくらいの期間使用するかに合わせて、MAツールを選ぶとよいでしょう。

クラウド型は月額10~20万円程度、オンプレミス型は50~100万円程度が相場と言われています。

もし同じような性能のツールで悩んでいる場合は、自社に合った契約形態・料金かどうかで決断するのも良いでしょう。

ポイント⑧:機能

MAツール_おすすめ_機能

MAツールを選ぶポイントとしては、機能も挙げられます。

MAツールの機能は様々です。

顧客満足度をスコアリングしたり、自動でメール配信をしたりと、いろいろな場面で使用できる機能があります。

様々な機能がついているMAツールであれば、幅広い用途に活用できるでしょう。

多くの機能を組み合わせれば、今までにできなかった施策を行うことも可能です。

しかし、機能が増えると使い方を覚えるコストが上がり、料金も高くなる傾向にあります。

機能が多いだけでツールを選ぶのではなく、自社に合った機能が十分に搭載されているMAツールを選びましょう。

ポイント⑨:使いやすさ

MAツール_おすすめ_使いやすさ

MAツールを選ぶポイントとしては、使いやすさも挙げられます。

MAツールは、上手く運用することで、効率化や自動化、収益アップなど多くのメリットがあるツールです。

しかし、現場の従業員がMAツールを使えなければ、効果は発揮されません。

管理画面がわかりづらかったり、高度な技術を求められるツールだと、従業員が活用できない場合もあります。

MAツールは頻繁に使用するものなので、使う社員が使いやすいものを選ぶべきです。

事前にMAツールの管理画面や口コミを見て、そのツールが使いやすいシステムかどうかを調べまましょう。

また、無料トライアルがある製品では、製品の使いやすさを実際に体験することもおすすめです。

おすすめMAツール5選|BtoB向け

MAツール_おすすめ_おすすめMAツールBtoB

おすすめMAツール|BtoB向け

 

それぞれのMAツールについて詳しく見ていきましょう。

HubSpot

MAツール_おすすめ_Hubspot出典:HubSpot

HubSpotは特に知名度が高いMAツールです。

ABテストやコンテンツの出し分けなどを簡単に実施することができます。

月額5,400円~という極めて低価格のプランもあるため、気軽に導入することが可能です。

こんな人におすすめ
  • 低価格で運用したい
  • 知名度の高いツールを探している
  • 運用が簡単なツールが良い

Pardot

MAツール_おすすめ_Pardot出典:Pardot

Pardotは世界的な有名なセールスフォースが提供しているMAツールになります。

Pardotにはさまざまな機能があり、Webサイトの閲覧状況の把握から、顧客のメールの開封状況の管理まで自由自在です。

特にセールスフォースが提供するツールとの相性が抜群になっています。

こんな人におすすめ
  • 有名なツールを探している
  • すでにセールスフォースを利用している

SHANONMARKETINGPLATFORM

MAツール_おすすめ_SHANON出典:SHANON

SHANONMARKETINGPLATFORMはデジタル、アナログ双方で用いることができる国産MAツールです。

顧客の行動を自動的に一元管理できる点が特に評価されています。

クラウドシステムなので、情報にどこからでもアクセス可能です。

こんな人におすすめ
  • 顧客情報を一元管理したい
  • クラウド型のサービスを利用したい

ListFinder

MAツール_おすすめ_List出典:List Finder

ListFinderは月額39,800円から利用できるリーズナブルなMAツールです。

アクセス解析はもちろん、フォーム作成やPDF解析などさまざまな機能を利用することができるでしょう。

国内での導入実績が1,600アカウントという実績も持っています。

こんな人におすすめ
  • 低コストでの運用を考えている
  • 多くの機能を利用したい
  • 実績のあるツールを利用したい

Synergy!LEAD

MAツール_おすすめ_Synergy出典:Synergy!LEAD

Synergy!LEADは厳密に言えばCRMツールになります。

情報収集や顧客情報の管理から、顧客への情報発信までひとつのツールで完結することが可能です。

必ずしもすべてのシステムを導入する必要はなく、必要な機能だけ選んで導入することができます。

こんな人におすすめ
  • 情報管理などを一括管理したい
  • 多くの機能を使用したい

おすすめMAツール5選|BtoC向け

MAツール_おすすめ_おすすめMAツールBtoC

 

それぞれのMAツールについて詳しく見ていきましょう。

b→dash

MAツール_おすすめ_bdash出典:b→dash

b→dashはData Paletteという独自システムが高い評価を得ているMAツールです。

110を超える業種の13万テーブル分のナレッジをもとに作成された技術が搭載されています。

Data Paletteではプログラミング知識がなくても、データを自由に処理・加工・活用できるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 専門知識なしでMAを使用したい
  • データをうまく活用していきたい

ECIntelligence

MAツール_おすすめ_Intelligence出典:EC Intelligence

ECIntelligenceはECサイトに特化したMAツールです。

ECサイト中心のマーケティングを行っている場合には、特に役に立つシステムと言えるでしょう。

ECサイトで顧客にレコメンド情報を表示したり、メールを配信したりできます。

こんな人におすすめ
  • ECサイトを運用している
  • すでに顧客リストがある
  • EC中心のマーケティングを進めていきたい

CastingONELite

MAツール_おすすめ_Casting出典:CastingONELite

CastingONELiteは人材派遣業に特化したクラウド型派遣支援システム兼MAツールになります。

このツールを用いれば、登録している派遣スタッフを効率的に確保したり、登録しているスタッフの離脱率を下げたりすることが可能です。

自社でMAツールを導入できる人材がいない場合には、代行サポートを受けることもできます。

こんな人におすすめ
  • サポート体制を使用したい
  • 人材派遣業を進めている

MOTENASU

MAツール_おすすめ_MOTENASU出典:MOTENASU

MOTENASUは顧客を手厚く「もてなす」ことができるMAツールです。

具体的には、デジタル、アナログ両面のプロモーション施策を効果的に融合することができます。

これにより、顧客の購買意欲を効果的に高めることが可能です。

こんな人におすすめ
  • 顧客へのサポートを手厚くしたい
  • デジタルとアナログをうまく活用したい

SalesforceMarketingCloud

MAツール_おすすめ_sales出典:salesforce marketing cloud

SalesforceMarketingCloudは7000以上のマーケティングツールに対応したMAツールです。

機能が充実しており、さまざまな用途に用いることができます。

特にOne to Oneマーケティングに課題がある企業におすすめできるツールになるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 多くの機能を使用したい
  • すでにセールスフォースを使用している

MAツールの4つのメリット

MAツール_おすすめ_MAツールのメリット

 

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:収益UPに役立つ

MAツール_おすすめ_収益アップに役立つ

MAツールのメリットとしてまず挙げられるのは、収益UPに役立つことです。

MAツールでは見込み顧客のスコアリングを行うなどの機能があります。

スコアリング機能を使えば、どの顧客にアタックすれば効率的な成果が上げられるか見極めることができるでしょう。

これにより、効率的な営業活動が可能になります。

営業活動が効率的になれば、無駄な営業がなくなるでしょう。

また、見込みレベルの高い顧客にアプローチできる可能性が高くなります。

見込みレベルの高い顧客にアプローチができれば、自社の商品を買ってもらえる確率を上げることが可能です。

MAツールをうまく活用できれば、自社の収益アップが期待できるでしょう。

メリット②:業務を効率化できる

MAツール_おすすめ_業務を効率化できる

MAツールのメリットとしては、業務を効率化できることも挙げられるでしょう。

あなたの会社には、時間がかかる作業や効率的ではない作業はありませんか?

MAツールをうまく活用すれば、業務効率化が可能になり、無駄な作業が少なくなるでしょう。

例えば、会社内にはメールやSNSでの発信など、機械的な作業が多くあります。

このような機械的な作業は、MAツールで自動化することが可能です。

あらかじめメールの返信内容を設定することによって、忙しいメール対応などの負担が少なくなるでしょう。

機械的な作業を自動化すれば、従業員がより本質的な業務に集中することが可能です。

一度、社内の機械的な作業を洗い出し、MAツールでの業務効率化を検討してみてはいかがでしょうか。

メリット③:営業との連携を強化できる

MAツール_おすすめ_営業と連携を強化できる

MAツールのメリットとしては、営業との連携を強化できることも挙げられるでしょう。

会社内には、営業部やマーケティング部、バックオフィスなど様々な役割があります。

効率的に収益を上げていくには、それぞれの部門間の連携が重要です。

特に、営業部とマーケティング部の連携は重要な要素になります。

MAツールを使用すれば、お互いの情報共有をスムーズに行うことが可能です。

また、欲しい情報をすぐに引き出したり、顧客の引き継ぎなどが簡単にできるようになります。

もし、営業部とマーケティング部とで連携がとれていないようであれば、MAツールの導入が有効な手段になるでしょう。

メリット④:見込み客を逃さない

MAツール_おすすめ_見込み顧客を逃さない

MAツールのメリットとしては、見込み客を逃さないことも挙げられるでしょう。

収益を上げていくうえで、見込み客を逃さないことは非常に重要な要素です。

しかし、上手く見込み客を囲い込むことができていない企業も多いのではないでしょうか。

MAツールを使用すれば、見込み客を逃さずにアプローチできる可能性が高まるでしょう。

例えば、顧客が商品について調べる頻度が多くなったタイミングで、アプローチをすることができれば、見込み客を逃さずに対応できます。

MAツールは、個人のニーズやタイミングに合わせたアプローチを可能にするツールです。

よって、MAツールは、上記で述べた効果的なタイミングでのアプローチが可能にします。

商品やサービスの購入意欲が高い見込み客に集中的にアプローチすることで、確実に成果を挙げることができるでしょう。

見込み客を逃さずに営業を進めていきたい企業は、MAツールの導入をおすすめします。

MAツールの7つの注意点

MAツール_おすすめ_MAツールの注意点

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:導入目的やKPIがあいまいだと十分活用できない

MAツール_おすすめ_導入目的やKPI

MAツールの注意点としてまず挙げられるのは、導入目的やKPIがあいまいだと十分活用できないことです。

MAツールはあくまで道具ツールですので、ただ導入するだけでは最大限の効果は発揮されません。

目的が曖昧な状態で導入してしまうと、コストを抑えたくて導入したのに気づいたらコストが増えてしまう可能性もあります。

また、KPIを決めることも重要です。

目的をもって導入しても、その目的が達成されたかがわからなければ、改善のしようがありません。

上手く活用するには、目的を達成するためのKPIを設定し、MAツールの導入後、数字として結果が出ているかを確認する必要があります。

あらかじめ、MAツールで何をしたいのか明確にし、KPIを設定して、効果的にMAツールを運用できるようにしましょう。

注意点②:機能が豊富すぎて活用しきれない場合がある

MAツール_おすすめ_機能が豊富すぎて

MAツールの注意点としては、機能が豊富すぎて活用しきれない場合があることも挙げられるでしょう。

MAツールには豊富な機能があります。

スコアリング機能や分析機能など、高度な機能を持つツールも多いです。

しかし、機能が多ければ良いというわけではありません。

多くの機能があっても、その機能を活用しなければ意味がないからです。

また、機能が多すぎて、現場の従業員が活用しきれない場合もあります。

ただ機能が多いからそのMAツールを選ぶのでは上手くいきません。

MAツールを導入する目的から逆算し、それに必要な機能が揃っているかを確認することが重要です。

従業員がきちんと機能を活用でき、目的を達成できるような機能を持ったツールを選びましょう。

注意点③:小規模企業は不要な場合がある

MAツール_おすすめ_小規模企業は不要な場合がある

MAツールの注意点としては、小規模企業は不要な場合があることも挙げられるでしょう。

MAツールが大きな役割を果たすのは主に大企業になります。

理由としては、企業規模が小さすぎると、得た効果よりもコストの方が大きくなってしまうからです。

また、MAツールは、多くのデータや顧客リストがあった方が効果を発揮します。

データや顧客リストが少ない場合は、スコアリングや分析などの機能を活用できません。

よって、MAツールは、小規模企業には不要な場合があるのです。

自社の企業規模や売上を把握し、MAツールを導入することで本当に利益を得られるかを確認しましょう。

注意点④:大企業と中小企業では適したツールが異なる

MAツール_おすすめ_大企業と中小企業

MAツールの注意点としては、大企業と中小企業では適したツールが異なることも挙げられるでしょう。

MAツールの中には、大企業向けに作成されたツールもあれば、中小企業向けに作成されたツールもあります。

例えば、中小企業が大企業向けのツールを導入した場合はどうなるでしょうか?

大企業向けに作成されているので、運用コストが高かったりと、デメリットになる部分が多くなるでしょう。

これでは、無駄なコストを払ってしまうことになります。

また、大企業と中小企業では、直面している問題や課題の内容も異なるでしょう。

中小企業の課題を解決するためのツールでは、大企業の課題を解決できない可能性があります。

よって、できるだけ自社と似た規模の企業が導入しているシステムを選ぶと、失敗する確率が下がるでしょう。

注意点⑤:運用責任者が必要な場合がある

MAツール_おすすめ_運用責任者が必要な場合がある

MAツールの注意点としては、運用責任者が必要な場合があることも挙げられます。

MAツールは機能が豊富ですので、運用にはそれなりの知識が必要です。

運用責任者を置くことで、効率的にMAツールを運用できるようになります。

また、担当者や関わる人数が多い場合も、運用責任者を置く必要があるでしょう。

万が一トラブルが発生した時に、責任者がいないと収集がつかなくなってしまいます。

定期的なメンテナンスや効果測定などを行うときにも、責任者がいた方がスムーズに進むでしょう。

MAツールを安全に効果的に運用していくためにも、運用責任者をつけることをおすすめします。

注意点⑥:短期間で効果が出るわけではない

MAツール_おすすめ_短期間で効果ができるわけではない

MAツールの注意点としては、短期間で効果が出るわけではないことも挙げられます。

MAツールは、導入直後に大きな効果が出るものではありません。

もちろんすぐに効果が見える場合もあります。

しかし、MAツールはマーケティング業務などの効率化や効果的なアプローチをしていくためのツールです。

地道な改善や自動化によって効果が発揮されます。

よって、実際に売上が上がり始めるまでにはある程度の時間が必要にあるでしょう。

MAツールを導入する場合は、長期的な運用を見据えたうえで、導入を検討することが重要です。

MAツールの導入・運用手順

MAツール_おすすめ_MAツール導入・運用手順

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:目標・目的を明確にする

MAツール_おすすめ_目標目的を明確にする

MAツールを導入する時には、まず目標と目的を明確にしましょう。

目標や目的が明確ではない状態でツールを選んでしまうと、自社に会っていないツールを選んでしまう可能性があります。

また、目標を設定することで、実際にMAツールを運用するときに、改善すべき状況かどうかがわかりやすくなります。

いきなりMAツールを選ぶ前に、自社がMAツールを導入する目的と目標を明確にしましょう。

手順②:他の部門に共有・連携する

MAツール_おすすめ_他の部門に共有・連絡する

次に、MAツールを検討していることを他の部門に共有しましょう。

ひとつの部門だけでMAツールを導入しても、会社全体として大きな効果は発揮できません。

一部だけで新しいツールが導入されると、他の部門は連携をとれなくなってしまいます。

MAツールを導入する際は、他の部門に情報を共有することが重要です。

また、他の部門がどのような部分に課題を感じているか知ることで、より自社に適したMAツールを選べるでしょう。

手順③:MAツールを選ぶ

MAツール_おすすめ_MAツールを選ぶ

次に、いよいよMAツールを選びます。

MAツール選びでは上記で解説したようなポイントから総合的に判断するのがおすすめです。

手順④:コンテンツを制作する

MAツール_おすすめ_コンテンツを制作する

次に、マーケティング活動をするためのコンテンツを作成します。

MAツールでは多くの作業を効率化できますが、コンテンツを作ること自体は人間が行わなくてはいけません。

手順⑤:PDCAを回す

MAツール_おすすめ_PDCAを回す

最後に、MAツールを活用しながらPDCAを回します。

これにより、より効率的にMAツールを活用したり、成果を挙げたりできるようになるでしょう。

おすすめMAツールのまとめ

MAツール_おすすめ_おすすめMAツールまとめ

MAツールは、上手く活用でければ大きな効果を発揮するシステムです。

しかし、間違ったMAツールを選んでしまうと、最大限の効果は発揮されません。

目的や目標がないまま導入しても、コストだけが増えてしまう可能性があります。

また、BtoB向けのツールなのかBtoC向けのツールなのかの判断も重要です。

大企業向けか中小企業向けのツールかどうかも、重要な判断基準になるでしょう。

せっかくMAツールを導入したのに、上手く活用できないと、コストだけが増えてしまいます。

最大限の効果を発揮するためにも、しっかりと調査を行い、自社に合ったMAツールを選びましょう。