勤怠管理

従業員の出社・退社・休憩・休暇の日程や時間が、事前の予定通りに実行されているか管理するのは大変です。ここでは、勤怠管理で気を付けるポイントを解説します。

出退勤の記録

勤怠管理入門|#2勤怠管理の肝は労働時間を分類して「箱」に収納することである

「勤怠管理入門」シリーズでは、勤怠管理を行うにあたって知っておきたい基礎知識を体型的に学ぶことができ、新人の労務担当者の方でも全体イメージをつかむことがで… [続きを読む]

最終更新日: 2017/05/16

勤怠管理入門|#1勤怠管理の必要性と知っておきたい前提知識

仕事をする上で、時間を守るというのは大切なことです。納期やノルマなど様々な約束ごとがありますよね。その時間の縛りは、会社と従業員の間でも当然に発生している… [続きを読む]

最終更新日: 2017/05/10
労働時間の正しい把握

労働時間の「正しい把握」とは?

電通をはじめ、名だたる大企業の長時間残業の問題が明るみに出て、社会問題化しています。 そんな背景を下に、厚生労働省は2017年1月20日に「労働時間の適正… [続きを読む]

最終更新日: 2017/03/30

タイムカードでの勤怠管理は、15分、30分単位でなく1分単位が必須なのか?

タイムカードの管理単位を何分扱いにするかは、会社によって異なるかと思います。会社と従業員にとって、何分扱いにすれば、トラブルがなくて済むのかを法律上の規定… [続きを読む]

最終更新日: 2017/03/30

タイムカードの電子化が加速!Webやクラウドで出勤簿を管理する場合の注意点とは

タイムカードは、従業員の労働時間を管理するツールとして、長年利用されてきました。機械が打刻することで、出勤時刻や退勤時刻を本人や上司が手書きで記入するより… [続きを読む]

最終更新日: 2016/10/20

労働基準法違反に注意!出勤簿の正しい保存方法とは

出勤簿とは? 出勤簿とは、「従業員の労働時間数を記録するもの」です。 多くの人が、「『出勤簿』という名前なのだから、出勤日を記録すればいいのだろう」と誤解… [続きを読む]

最終更新日: 2017/02/24

フレックスタイム制の労働時間管理の方法

自由な勤務体制を実現するための方法として、フレックスタイム制度は有効な場合があります。コアタイムに出勤していれば、それ以外のフレキシブルタイムには、従業員… [続きを読む]

最終更新日: 2017/02/08

労働時間|休暇・休日

フレックスタイム制と裁量労働制の限界点(第3回/全3回)

連載企画として、「スタートアップの労働法」をテーマに、社労士シグナル事務所の有馬美帆さん(特定社会保険労務士)にお話を伺っていきます。 今回は、全三回構成… [続きを読む]

最終更新日: 2017/05/12

フレックスタイム制と裁量労働制の限界点(第2回/全3回)

連載企画として、「スタートアップの労働法」をテーマに、社労士シグナル事務所の有馬美帆さん(特定社会保険労務士)にお話を伺っていきます。 今回は、全三回構成… [続きを読む]

最終更新日: 2017/07/15

フレックスタイム制と裁量労働制の限界点(第1回/全3回)

連載企画として、「スタートアップの労働法」をテーマに、社労士シグナル事務所の有馬美帆さん(特定社会保険労務士)にお話を伺っていきます。 今回は、全三回構成… [続きを読む]

最終更新日: 2017/07/15
休日出勤を理解する

「休日出勤」を完全理解する

 繁忙期になると、休日であっても従業員を出勤させなければならないという状況になることも多いでしょう。そのような場合の労務管理をきちんとできていますか?休日… [続きを読む]

最終更新日: 2017/03/27

生理休暇は無給?欠勤?生理休暇の基礎知識

女性特有の生理は人によっては症状が重く、働くことが困難な場合があります。 そんな時に利用できる生理休暇(Menstruation vacation)という… [続きを読む]

最終更新日: 2017/03/08

従業員を雇用するなら知っておきたい残業の基礎知識

会社を経営する中で、必ずといっていいほど生じる問題が従業員の残業です。 残業が多くなると、会社の経費がかさみます。残業が売上に直結する場合はよいのですが、… [続きを読む]

最終更新日: 2017/01/25

従業員の過労死を防ぐために中小企業が注意しなければならないこととは?

 長年、日本社会において労働者の長時間労働は問題視されてきました。 厚生労働省の最近の調査では、週労働時間が60時間以上の労働者は全体の9.4%(平成22… [続きを読む]

最終更新日: 2017/01/24

変形労働時間制(フレックス制など)の始め方と運用方法

労働基準法では法定労働時間が定められていますが、1か月、あるいは季節によって業務に繁閑がある場合、常に一定の労働時間ではなく、業務に合わせて労働時間を組む… [続きを読む]

最終更新日: 2016/11/09

みなし労働時間制の始め方、運用方法

出張や事業場外での営業が多い会社などや、研究職や専門職など、労働時間の算定が困難な業務や本人の裁量にゆだねる必要がある業務がありますね。会社には従業員の労… [続きを読む]

最終更新日: 2017/02/24

「変形労働時間制」と「みなし労働時間制」を理解する

クリエイティブな仕事の場合、労働時間とアウトプットは比例しない場合も多々あることでしょう。 また、夏場は忙しいけれど、冬場はほとんど業務がない。逆に冬場は… [続きを読む]

最終更新日: 2017/02/08
36協定の、残業時間の考え方ってわかりますか?

36協定(サブロク協定)は、残業時間の上限に気をつけよう

36協定(サブロク協定)とは? 日本の法律では、労働者の働き過ぎを防ぐために、労働時間の上限を定めています。 1日の労働時間の上限は8時間、1週間の労働時… [続きを読む]

最終更新日: 2017/03/29

休日出勤で残業させる前に、理解していますか?「振替休日」と「代休」の違い

やむを得ず休日出勤を社員にしてもらわなければならないことは、多くの会社さんであると思います。総務・人事で働かれている方なら、休日出勤というワードとセットと… [続きを読む]

最終更新日: 2016/10/20

労働時間の上限と休憩時間について

労働時間の上限とは 使用者が労働者を勤務させてよい時間は、労働基準法第32条で、原則的に 1週間40時間、1日8時間 と定められています。この時間を、法定… [続きを読む]

最終更新日: 2017/01/26

法定休日・法定外休日と所定休日の違いとは?

法定休日 労働基準法で定められた休日の事で、最低週1日設定することを原則として定めています。変形休日制をとる場合は、4週間の間で4日以上を休日とすることも… [続きを読む]

最終更新日: 2016/11/29

残業代・割増賃金の法的義務と考え方

割増賃金の法的義務とは 労働基準法(37条1項)は、法定外労働(1日8時間以上、または週40時間以上~の勤務)、休日労働、深夜勤務に対して、通常賃金の25… [続きを読む]

最終更新日: 2017/06/06